新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

良性石綿胸水とは? アスベスト(石綿)によって胸水がたまる病気

良性石綿胸水とは? アスベスト(石綿)によって胸水がたまる病気
三浦 溥太郎 先生

横須賀市立うわまち病院 呼吸器内科顧問

三浦 溥太郎 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

良性石綿胸水とは、アスベスト(石綿)が原因で肺を包む胸膜(きょうまく)に炎症が起こり、胸水(きょうすい)がたまる病気です。良性石綿胸水によってたまる胸水は、自然に消滅することが多いといわれているため、この病気によって重症化するケースはまれです。

しかし、良性石綿胸水が生じた後に、がんである胸膜中皮腫(きょうまくちゅうひしゅ)や、肺を包む膜が線維化するびまん性胸膜肥厚など、重症化する可能性の高い病気を発症することもあります。

今回は、アスベストを原因とする病気の診療に携わっていらっしゃる横須賀市立うわまち病院の三浦 溥太郎先生に、良性石綿胸水の原因や症状についてお話しいただきました。

アスベスト(石綿):天然の繊維状けい酸塩鉱物の総称

胸水:肺の外側を包んでいる2枚の膜の間の胸腔(きょうくう)にたまる体液のこと

良性石綿胸水とは、アスベストを吸入したことが原因で胸膜(きょうまく)(肺の外側を包む膜)に炎症が起こり、胸水がたまる病気です。良性石綿胸水によってたまる胸水は、自然に消滅することがほとんどです。しかし、一度たまった胸水がなくなったとしても、再発を繰り返すことがあります。症状は現れないことが多く、無症状のまま病気が進行するケースも少なくありません。

良性石綿胸水の原因であるアスベストとは、天然の繊維状けい酸塩鉱物の総称です。石綿(いしわた)と呼ばれることもあります。極めて細い繊維で、熱に強く丈夫で変化しにくいという特性から、建材(保温・断熱材など)などさまざまな工業製品に使用されていました。

しかし、アスベストが体内に入ると、肺がんを始めとするさまざまな健康被害を引き起こす可能性があることがわかりました。このような健康被害を考慮し、日本では2006年よりアスベストの製造・使用等が全面的に禁止されています。

上述したとおり、すでに日本ではアスベストの使用は禁止されています。しかし、今後もアスベストによる病気が発生する可能性があるといわれています。なぜなら、アスベストを原因とする病気の多くは、最初のアスベストのばく露(さらされること)から数十年程度の潜伏期間を経て発症するという特徴があるためです。

潜伏期間は、患者さんや病気の種類によってさまざまです。良性石綿胸水は、アスベストを原因とする病気のなかでは比較的早く発症する傾向があり、数年〜数十年の潜伏期間を経て発症するといわれています。

中年の男性

良性石綿胸水は、あらゆる年代で起こる可能性があります。また、男性の発症が多いことがわかっており、アスベストが主に工業製品や建築資材に使われていたことが関係しています。工業製品の製作現場や、建築現場の作業者には男性が多いという背景があるため、男性の発症が多いと考えられています。

肺の外側を包む膜を胸膜(きょうまく)と呼びます。胸膜は二重の構造になっており、肺に近い方の胸膜を臓側胸膜(ぞうそくきょうまく)、外側の膜を壁側胸膜(へきそくきょうまく)といいます。

この2枚の膜の間の胸腔(きょうくう)に、何らかの原因によって異常に体液がたまると、胸水貯留と呼ばれます。

胸水

胸水貯留はさまざまな原因で起こります。たとえば、悪性腫瘍や結核などによっても胸水がたまる可能性があります。

健康な状態であっても、わずかな量の胸水は存在します。しかし、異常に胸水がたまると、これらの病気である可能性があるため注意が必要です。

良性石綿胸水の多くは、症状が現れません。無症状のまま胸水がたまり、いつの間にか消滅しているケースが多いです。胸水がたまっている期間は、3〜10か月程度といわれています。

また、良性石綿胸水で生じる胸水の量は、少量〜中等程度が多いといわれており、胸水に血液が混ざることもあります。

なかには症状が現れるケースもあります。たとえば、胸水がたまりすぎてしまうと肺が圧迫され、呼吸が苦しくなります。そのため、息切れしたり咳が出たりといった症状が現れることがあります。

また、胸水の多くは、胸膜に炎症が起こるため溜まって来る体液です。胸膜の炎症(胸膜炎)が起こると、呼吸したときに胸の痛みが現れることがあります。まれではありますが、強い炎症に伴い発熱する方もいます。

咳をする男性

お話ししたように、良性石綿胸水は、発症したとしても軽症となることが多いです。なかには、胸水がたまっていることに気づかないまま、いつの間にか胸水が消滅しているケースもあると考えられます。

このように聞くと、病院の受診や治療が必要ないのではないかと疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。しかし胸水が確認された場合には、たとえ症状が現れていないとしても、定期的な受診による経過観察が大切であると考えられます。

それは、胸水が、良性石綿胸水ばかりでなく、他の病気のサインとなることがあるためです。

良性石綿胸水の発症後には、アスベストを原因とする他の病気が生じる可能性もあります。たとえば、この病気の発症後に、がんのひとつである胸膜中皮腫や、肺を包む膜が線維化するびまん性胸膜肥厚を発症することがあります。特に、胸膜中皮腫では、初期症状で胸水がたまることが多いといわれています。

上述したように、胸水がたまる原因はアスベストによるものだけではありません。その原因には、以下のものがあります。

このように、胸水のたまる原因はさまざまです。そのため、診断にあたっては、他の原因による可能性を調べることが大切です。良性石綿胸水であれば治療を必要としないことが多いのですが、他の原因である場合、治療を必要とするものもあるからです。

記事2では、良性石綿胸水の診断と治療について詳しくお話しします。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が2件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「良性石綿胸水」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。