新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

赤ちゃんのあせも(汗疹)で使う薬とは~あせもの予防法は治療においても有効~

赤ちゃんのあせも(汗疹)で使う薬とは~あせもの予防法は治療においても有効~
川野 豊 先生

埼玉県地域医療教育センター 副参事、埼玉県立小児医療センター感染免疫・アレルギー科

川野 豊 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

赤ちゃんは大人と比べて新陳代謝がよく汗をかきやすいために、大人よりもあせもが起こりやすい傾向にあります。あせもは体のあらゆる部位に起こりえますが、赤ちゃんの場合は汗が蒸発しにくい部位や肌と肌がこすれる部位、たとえば肘の内側や膝の裏、(わき)の下、首などによく見られます。また、胸や背中全体に生じることもあります。

通常あせもは汗への対策や保湿を行うことで自然に治ります。しかし、場合によっては治りが悪かったり、放置すると悪化してしまったりすることがあるため注意が必要です。

赤ちゃんのあせもを予防するには汗をかきっぱなしにしないこと、部屋を適度に涼しく保つこと、吸湿性や通気性に優れた寝具を使うこと、肌を保湿することが重要となります。これらはあせもの予防だけでなく、治療においても有効です。

あせもは皮膚(汗管内)に汗がたまることによって発症するため、汗をかきっぱなしにしないことが何より大切です。汗をかいたら適宜シャワーで流したり、濡れタオルで汗を優しく拭き取ったりしてあげましょう。ただし、せっけんを使って体を洗うのは1日1回で十分です。また体を洗うときにはあまり強く肌をこすらないようにしてください。

また、暑いからといって赤ちゃんを裸にしておくのは汗を吸い取るものがないため逆効果となります。通気性に優れた肌着を1枚着させ、汗をかいたらこまめに着替えさせましょう。

部屋を涼しくすることで汗をかきにくくなり、あせもの予防につながります。部屋に自然の風を通すことが第一ですが、あせもの症状が強い場合にはエアコンや扇風機、除湿器などを上手に使い、涼しい環境をつくりましょう。ただし、赤ちゃんにエアコンや扇風機の風を当てっ放しにすると低体温や脱水症になる恐れがあるため注意が必要です。

吸湿性・通気性の悪い寝具を使用すると皮膚に汗がたまってあせもの発症や悪化につながる場合があります。そのため寝具は吸湿性・通気性に優れたものを選ぶのがよいでしょう。

肌が乾燥すると皮膚を守る機能が低下して外部刺激を受けやすい状態になり、あせもをはじめさまざまな肌トラブルの原因になります。乾燥による肌トラブルを避けるために保湿剤を最低1日2~3回は塗ってあげましょう。

なお、赤ちゃんの体を拭いた後や入浴後は特に肌が乾燥しているため、なるべく10分以内に保湿剤を塗ってあげるとよいでしょう。また、寝ている間の乾燥を防ぐために寝る前にも塗るとよいでしょう。

病院で行うあせも治療の基本は薬を用いた薬物療法です。炎症に対してはステロイド外用薬(塗り薬)、かゆみに対しては抗ヒスタミン内服薬(飲み薬)などが処方されることがあります。ステロイドは副作用があることから怖いというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、正しく使えば安全な薬です。とはいえ赤ちゃんの肌はデリケートなので、ステロイド外用薬を用いる場合は原則として作用が弱めのもので治療を行います。

外用薬については薬局やドラッグストアなどでも販売されています。市販薬にはさまざまなものがありますが使用する場合は自己判断で市販薬を使用するのではなく、薬剤師や医師に相談したうえで使用することが望まれます。なお、市販薬を使用してもなかなか改善しない場合や、悪化した場合には使用を中止し、病院を受診するようにしましょう。

あせもは日常生活での対策を行うことで薬を用いずとも改善できる病気です。しかし、スキンケアで治らない場合もあり、放置すると悪化する恐れもあります。スキンケアや市販薬で治らない場合や、だんだん悪化している場合には、小児科または皮膚科を受診して治療を受けたほうがよいでしょう。

赤ちゃんは汗をかきやすくあせもが起こりやすい傾向にあります。また、赤ちゃんの肌はデリケートなのでそのままにしておくと悪化する可能性があります。こまめな汗対策や保湿をすることも大切ですが、赤ちゃんの負担を少しでも減らすためには自己判断せず早めに病院を受診し、医師に相談したほうがよいでしょう。

受診について相談する
  • 埼玉県地域医療教育センター 副参事、埼玉県立小児医療センター感染免疫・アレルギー科

    川野 豊 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「あせも」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。