へるぺす

ヘルペス

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

ヘルペスとは、主に単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスによって引き起こされる病気であり、皮膚や粘膜に水ぶくれやびらん(ただれ)などを生じます。

単純ヘルペスウイルスに感染すると、ウイルスは神経の中に侵入して体内に潜みます。普段は特に症状を引き起こすことなく潜伏しているだけですが、紫外線暴露やストレスなどをきっかけとしてウイルスが活性化することがあり、特徴的な症状が生じます。ヘルペスを発症した場合には、抗ウイルス薬などにより治療します。

原因

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスにより発症します。単純ヘルペスウイルスは多くの方が感染しており、主に唾液中に混入しています。タオルの共有や箸の使い回し、コップの共用などでウイルスに感染することがあります。

単純ヘルペスウイルスに感染した後、ウイルスは神経の中に侵入して体内に潜みます。普段は特に症状を引き起こすことなく潜伏しているだけですが、紫外線暴露、ストレスや寝不足、疲れ、感染症などをきっかけに、ウイルスが再活性化することがあります。この場合、ヘルペスに特徴的な症状が生じます。

なお、「ヘルペス」は、水ぼうそう(水痘)の原因である水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化による帯状疱疹を指すこともあります。水ぼうそうとして発症した後、水痘帯状疱疹ウイルスは単純ヘルペスウイルス同様に神経に潜むことが知られており、同じくストレスなどを契機として帯状疱疹が引き起こされることがあります。

症状

ヘルペスを発症すると、皮膚や粘膜に水ぶくれやびらんなどが出現します。皮膚や粘膜に症状が出現する前に、局所にビリビリした感じや焼けるような感じ、痛みなどを自覚することもあります。

症状の出現部位

単純ヘルペスは体のさまざまな部位に生じますが、唇の周りや歯肉等に見ることが多いです。帯状疱疹は顔面や胸部の神経に沿った形で水痘帯状疱疹ウイルスが活発化して、広範囲に渡って皮膚変化を見ることもあります。

検査・診断

ヘルペスは、特徴的な症状・皮膚変化を評価することで診断されます。水ぶくれ部分を擦りとり、顕微鏡で観察することもあります。この場合、ヘルペスウイルス自体を確認することはできませんが、ヘルペス特有の細胞の変化が確認できます。

また、血液検査を行い、ウイルスに感染したこと、並びに、ウイルスが再活性化したことを確認することもあります。

治療

ヘルペスを発症した場合は、ウイルスに対する効果が期待できる抗ウイルス薬(アシクロビルやバラシクロビルなど )が使用されます。薬には内服薬や塗り薬、点滴薬があり、症状の程度に応じて選択されます。細菌感染を合併した際には、抗生物質の併用も検討されます。

対症療法

食事が摂取しにくいときには、脱水にならないよう口当たりのよいものを摂取するようにします。痛みが強い場合には痛み止めの使用も検討します。