編集部記事

単純ヘルペスウイルス感染症の症状とは?〜初感染と再発では症状の現れ方が異なる〜

単純ヘルペスウイルス感染症の症状とは?〜初感染と再発では症状の現れ方が異なる〜
渡辺 大輔 先生

愛知医科大学 皮膚科 教授

渡辺 大輔 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

単純ヘルペスウイルス感染症とは、単純ヘルペスウイルス(HSV)に感染することによって生じる感染症です。感染部位によって口唇ヘルペス性器ヘルペス単純ヘルペス脳炎などに分けられます。原因となる単純ヘルペスウイルスはHSV-1、HSV-2の2型に分類され、HSV-1は主として口唇ヘルペスの原因、HSV-2は主として性器ヘルペスの原因となります。ただし、ときにHSV-1が性器ヘルペスの原因となることもあるほか、まれに脳炎角膜炎肺炎など別の病気を引き起こすこともあります。

本記事では、単純ヘルペスウイルス感染症の症状や好発部位、受診の目安について詳しく解説します。

単純ヘルペスウイルス感染症の主な症状は皮膚、粘膜などに小さな水疱やただれなどが生じ、痛みやかゆみなどの症状が挙げられます。このような症状を“単純疱疹(たんじゅんほうしん)”と呼び、単純疱疹が現れるのは、単純ヘルペスウイルスに初めて感染したときや、刺激や免疫の低下などで再発してしまったときです。

また、単純ヘルペスウイルス感染症では水疱(すいほう)が生じることで知られており、水疱がよく見られるのは口唇ヘルペス性器ヘルペスなど皮膚粘膜に感染するものです。

単純ヘルペスウイルスに初めて感染すると、ウイルスに対する免疫を持っていないため、単純疱疹の症状とともに発熱や全身のだるさなどの強い症状がみられることがあります。

最初に感染した部位が口の中であった場合、単純疱疹が現れる前に口の中にかゆみなどの違和感を覚えることもあります。また、最初に感染した部位が性器であった場合には、陰部や肛門部に違和感やかゆみを感じるようになった後に単純疱疹が生じ、痛みを感じることが一般的です。

ただし、単純ヘルペスウイルスに初めて感染しても症状がまったくない人もいます。このような場合には、免疫の低下や再感染をきっかけに別のタイミングで強い症状が現れる可能性があります。

皮膚粘膜の単純ヘルペスウイルス感染症は、一度症状が治まっても刺激や免疫の低下によって再発する可能性があります。再発の場合、ウイルスに対する免疫ができているため、最初に症状が現れたときよりも軽い症状ですむことが一般的です。

通常は発熱やだるさなどの症状はなく、単純疱疹のみが現れ、数日〜1週間程度で治ると考えられます。ときに単純疱疹の前駆症状として、違和感やかゆみが感じられることがあります。

なお、感染したウイルスがHSV-1のときは感染した部位が口唇など顔面の場合に再発しやすく、HSV-2のときには性器など下半身に感染した場合に再発を繰り返しやすいという特徴があります。そのため、HSV-1を原因とする性器ヘルペスにかかった場合には再発する可能性は低いといわれています。

頻度は低いですが、単純ヘルペスウイルスは体内で感染が広がるため皮膚粘膜以外の部位に症状を表すこともあります。

たとえば、ウイルスが脳に感染すると脳炎を引き起こし、発熱やけいれん発作などを起こした後、場合によっては死に至る可能性もあります。また消化器や肺に感染すると、食道炎肺炎などを引き起こすこともあります。

なお、出産時に新生児がかかる新生児ヘルペスは皮膚や脳に感染することがあり、成人の単純ヘルペスウイルス感染症よりも重症度が高い可能性があります。

皮膚粘膜に感染する単純疱疹は体中の至るところに発生する可能性があります。もっともよく見られるのは口唇ヘルペスで、性器ヘルペス、顔面ヘルペスなども比較的頻度が高いといわれます。

よくみられる単純ヘルペスウイルス感染症の種類は以下の通りです。

  • 口唇ヘルペス
  • 性器ヘルペス
  • 顔面ヘルペス
  • カポジ水痘発疹(すいとうようほっしんしょう)
  • 臀部(でんぶ)ヘルペス

など

皮膚粘膜の単純ヘルペスウイルス感染症は、時間の経過とともに症状が治まることもあります。しかし再発を繰り返すことがあるほか、まれに感染が全身に広がる可能性もあるため、気になる症状があれば病院の受診を検討しましょう。

海外では、性器ヘルペスにかかった場合はエイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)への感染リスクを2〜4倍増加させるという報告もあるため、1人で悩まずに気になる症状がある場合は病院を受診し診断・治療を受けることを検討しましょう。

単純ヘルペスウイルス感染症は現段階では完治が難しく、症状が治まったと思ってもウイルスは体内に存在し続けるといわれています。そのため、刺激や免疫の低下が原因で再発することもあり、再発の回数が多い場合には再発抑制療法などを受けることも可能です。抑制療法を受けたい場合は、まず担当医に質問してみましょう。

また、単純ヘルペスウイルスは感染者の体液や病変に触れることで感染する恐れがあるため、周囲の人にうつしてしまう前に気になる症状がある場合には病院の受診を検討しましょう。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「単純ヘルペスウイルス感染症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。