かくまくえん

角膜炎

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

角膜炎とは、角膜に生じた炎症のことです。細菌やウイルスの感染症、外傷、長期間にわたるコンタクトレンズの使用などが原因で発症することがあります。

角膜は、眼球の表面に存在する「黒目」に相当し、適切な視力形成を行うために必要不可欠な部位です。角膜炎を発症すると、目がゴロゴロするような違和感や痛みなどの症状が現れます。症状が進行すると、後遺症として視力障害が残ることや、失明に至ることもあります。目に違和感があるときは、早期の段階で眼科を受診することが重要です。

原因

角膜は「黒目」にあたる部分を指しますが、実際は目の表面を覆っていて光を通す透明な組織です。細かく見ていくと5層に分かれています。その一番外側にある角膜上皮は外界と接しており、常に異物の混入や細菌感染のリスクにさらされています。そのため、角膜上皮は涙で保護されており、この涙が細菌感染等を防ぎます。しかし、何かしらの原因がきっかけで角膜に炎症が起こることがあり、この状態を角膜炎といいます。

角膜炎を引き起こす原因は、感染性・非感染性に分けられます。感染性の角膜炎を引き起こす原因には以下のようなものがあります。

  • 細菌:インフルエンザ桿菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌など
  • ウイルス:アデノウイルス、ヘルペスウイルスなど
  • 真菌
  • アカントアメーバ

など

非感染性の角膜炎を引き起こす原因には以下のようなものがあります。

  • 角膜に対しての外傷:逆さまつげ、木の枝が目に入るなど
  • コンタクトレンズによる物理的な角膜障害

など

アカントアメーバと呼ばれる病原体は、コンタクトレンズの不適切使用に関連して原因となることがあり、失明のリスクとなります。アカントアメーバをはじめとした病原体の付着を防ぐために、コンタクトレンズは適切な使用方法を守ることが重要です。

症状

角膜炎を発症すると、目の痛み、ゴロゴロとした違和感、充血などがみられます。目に対する刺激に関連して涙も多くなります。また、角膜は視力の形成にとって重要な役割を担う器官であり、角膜の炎症に伴って視力障害が現れることがあります。視力障害では、視点があわない、ものがぼやけて見える、視力が低下する、光に対して過敏になるなどの症状を生じます。

検査・診断

角膜炎の検査・診断においては、炎症に関連した角膜障害について詳細に評価することが重要とされています。角膜の状態を観察するためには「細隙灯顕微鏡検査」が行われます。また、「フルオレセイン染色」を同時に行い、角膜障害の状態を調べやすくすることもあります。その他、視力検査、屈折率、眼圧の評価などが行われます。

治療

角膜炎の治療は、原因に応じて対応が異なります。感染性のものが原因である場合、病原体に対する治療薬が利用可能な場合には投与されます。細菌が原因である場合には、抗生物質入りの点眼薬が処方されます。ウイルスが原因である場合には、抗ウイルス薬が使用されることがあります。

アカントアメーバが原因である場合は、アカントアメーバが薬物療法に抵抗性を示すことが多いため、手術的な治療が選択されることがあります。このような根本的な治療に加えて、症状緩和のために点眼薬が使用されます。

非感染性のものが原因である場合は、対症療法に加えて、原因に対する行動面の変化が必要な場合があります。特に、コンタクトレンズの不適切使用に関連して角膜炎を生じることが多いため、コンタクトレンズを使用する際には使用期間を守り、装着したまま就寝しないようにしましょう。

また、コンタクトレンズを洗浄する際に水道水などを用いると、アカントアメーバを代表とする病原体にコンタクトレンズが汚染されるリスクがあります。そのため、指定された洗浄液を使用してコンタクトレンズの清潔を保つことが重要です。

「角膜炎」に関連する他の記事
もっと見る