新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

性器ヘルペスの再発・感染

性器ヘルペスの再発・感染
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

性器ヘルペスとは、ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症です。この性器ヘルペスには、初めて性器に感染する「初感染」と、初感染以降体内に潜伏していたウイルスが、何かしらの理由で皮膚表面上にあらわれる「再発」の2種類があります。今回は、性器ヘルペスの再発と感染についてのお話です。

ヘルペスウイルスが性交渉などをつうじて性器に感染すると、性器周辺の神経から骨盤の中の神経節に移動し、潜伏を開始します。

すでに潜伏しているヘルペスウイルスが何かしらのストレスを引き金として目を覚ますと、再活性化して増殖を開始します。その増殖したウイルスが、骨盤の神経節から神経をつたって性器まで移動し活動することで、ヘルペスの皮膚・粘膜症状を引き起こします。

こうした違いから、ヘルペスの初感染は「神経のウイルス感染症」、再発は「性感染症ではないが、感染源となりうる」と言えるでしょう。一度ヘルペスウイルスに感染するとウイルスは生涯にわたって神経に潜伏しますので、再発を完全に防ぐことはできません。しかし、服薬でウイルスを抑える「再発抑制療法」などで、性器ヘルペスを再発しにくくすることはできます。

性器ヘルペスの再発は、それ自体は性感染症ではありません。しかし、ヘルペスの症状があらわれている状態で性行為を行うことは、パートナーにとって感染の原因となります。

また、症状が出ていないときでも、分泌物・精液・唾液などにウイルスは少なからず排泄されています。ヘルペスの感染では、ヘルペスウイルスを保有している方に性器ヘルペスの自覚がないまま、パートナーへと移してしまうパターンが多いようです。

ヘルペスは日本語では「単純性疱疹」といわれており、単純ヘルペスが原因で身体のどこにでもできます。ヘルペスの種類は多数ありますが、この単純ヘルペスには「Ⅰ型(HSV-1)」「Ⅱ型(HSV-2)」があり、このウイルスに感染して症状が性器やその周辺に発症する場合を性器ヘルペス、発症する部位が口唇やその周辺である場合を口唇ヘルペスといいます。口唇ヘルペスの多くはⅠ型により生じます。口唇ヘルペスは「風邪の華」や「熱の華」などと呼ばれています。症状としては、口の周囲に水疱ができ、痛みや痒みを訴える場合もあります。

多くの方の場合、幼少期にご両親からキスや頬ずりなどで単純ヘルペスウイルスが感染しています。この口唇に感染した単純ヘルペスは、そのまま顔面の三叉神経に潜伏し、体調を崩したときなどに再発します。口腔内の唾液に単純ヘルペスがあるので、口唇ヘルペスの症状が出ている状態でキスやオーラルセックスをするとパートナーに感染してしまいます。

上唇に水疱が生じた例

 

 

受診について相談する
  • プライベートケアクリニック東京 院長

    尾上 泰彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が16件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

「性器ヘルペス」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。