へんぺいたいせん

扁平苔癬

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

扁平苔癬とは、皮膚や粘膜(ねんまく)に対する慢性的な炎症によって引き起こされる病気です。

免疫細胞の異常が原因と考えられており、見た目の変化に加えてかゆみなどの症状が現れることもあります。皮膚の変化は、前腕や手首、足首などに現れることが多いですが、そのほかにも唇や口の中、また性器周辺の粘膜に生じることもあります。

原因

自分自身の免疫細胞が異常を起こしてしまい、皮膚や粘膜が攻撃を受けることを原因として発症すると考えられています。

扁平苔癬が発症するきっかけ・誘因として考えられているものとして以下が挙げられます。

  • C型肝炎ウイルスへの感染
  • インフルエンザワクチン
  • 薬剤(痛み止めや降圧剤など)
  • 歯科金属アレルギー
  • 化学薬品(色素やカラーフィルム現像液)

など

しかし、扁平苔癬を発症するすべての方においてこうした誘因が特定できるわけではなく、きっかけがわからないまま扁平苔癬を発症する方も少なくありません。

症状

皮膚の色が紫色や赤色に変色したり、一部皮膚からの盛り上がりを示したりすることがあります。びらん(ただれ)やかさぶたなどを伴うこともあります。また、見た目の変化に加えて、かゆみを覚えることもあります。

皮膚に対しての変化は、前腕、手首や足首などにみられることが多いです。そのほかにも、頭に生じると毛が抜けてしまったり、爪が変形・脱落してしまったりすることもあります。

また、扁平苔癬による症状は、唇、口の中や性器周辺の粘膜にも現れることがあります。粘膜が白色に変色したり、潰瘍や口内炎が生じたりすることもあります。自覚症状として傷害を受けた部位に痛みを覚えることもあります。性器に関連した痛みは非常に強く、性交渉に支障をきたすこともあります。

検査・診断

扁平苔癬の検査では、正確に病気を診断するために病変部位の一部を採取し、それを顕微鏡で詳しく検査する病理検査が行われます。

また、病気の発生に、C型肝炎ウイルスの感染や金属アレルギーなどが関与していることもあるため、これらを検討するために血液検査やアレルギー検査(金属パッチテストなど)が行われることもあります。

治療

扁平苔癬は免疫細胞が異常を示し、慢性的な炎症を引き起こしている状態です。この状態を是正することを目的として、ステロイドや免疫抑制剤を使用します。局所治療を目的として外用薬を使用することが第一に検討されますが、反応がよくない場合にはステロイドの全身投与(内服薬)も検討されます。

また、痛みやかゆみが生じている場合には、抗ヒスタミン薬が使用されることもあります。

扁平苔癬では、誘因となっている状況を除去することも大切です。たとえば、C型肝炎ウイルスが原因と考えられる場合には、抗ウイルス薬の使用を検討します。金属アレルギーが原因となっている場合には、原因となっている金属除去をすることが大切です。歯の詰め物が原因となっていることもあるため、詰め物の除去も検討します。

薬剤が原因と思われる場合には、原因薬剤の中止や変更を行います。扁平苔癬に口腔内病変がある際には、清潔を心がけることが重要です。

また、扁平苔癬の経過中にがんが発生することもあるため、がんの発生がないかを定期的にチェックすることも必要です。

「扁平苔癬」に関連する他の記事
もっと見る