クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Skin
粉瘤
粉瘤(ふんりゅう)とは、良性の皮膚腫瘍の一種であり、アテローム、表皮嚢腫とも呼ばれます。何らかの理由により、毛穴の一部が内側にめくれて袋状の構造物になると、そのなかに脱落した角質や皮脂がたまり徐...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
皮膚

粉瘤(ふんりゅう)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

粉瘤(ふんりゅう)とは、良性の皮膚腫瘍の一種であり、アテローム、表皮嚢腫とも呼ばれます。何らかの理由により、毛穴の一部が内側にめくれて袋状の構造物になると、そのなかに脱落した角質や皮脂がたまり徐々に成長していく病気です。腫れて赤くなり、痛みを引き起こすこともあります(炎症性粉瘤)。

治療は主に手術による腫瘍の切除です。良性腫瘍なので治療を受けなくても命に関わることはありませんが、早い段階で治療をすれば患者さんにとって負担の少ない治療法を選択できます。

原因

ほとんどの粉瘤の原因はわかっていません。しかし、手のひら、足の裏にできる粉瘤の場合、けがをきっかけに発生することがあります。また、ヒトパピローマウイルスとよばれるウイルスが関連していることがわかっています。しかし、これらも原因の一部で決定的なものがわかっているわけではありません。なお、食事や運動などの生活習慣と粉瘤の発症に直接の関係はないと考えられています。

症状

粉瘤は、全身のどこの皮膚にも発症します。多くの場合、皮膚が盛り上がったやわらかいしこりとして現れます。基本的に自然治癒することはありません。

ふくらんだしこりの中央の開口部が黒い点としてみえることがあり、強く圧迫されて開口部が破れた場合、不快な臭いのする角質が排出されることがあります。内部の角質が増えるにつれて少しずつ大きくなり、ときには5cm以上になることもあります。

通常は痛みや痒みなどの症状はありませんが、腫れて赤くなり、痛みが生じることがあります(炎症性粉瘤)。これは、細菌の繁殖や内部にたまった角質に対する炎症が原因で起こると考えられています。

症状や外見が似た病気には、おでき、にきび、石灰化上皮腫や脂肪腫があります。

検査・診断

通常は診察(視診、触診)で診断されます。多くの場合特別な検査は必要なく、内部に角質が入っていることが確認できれば、粉瘤であると考えます。大きなものや、強い炎症を起こした後の粉瘤の場合は、他の腫瘍と区別するためにCTなどの画像検査が必要になることもあります。

多くの皮膚の良性腫瘍と同じく、経過観察をするか手術で取り除くかを医師と相談します。

治療

炎症を起こしていない粉瘤の場合、手術で腫瘍を取り除きます。一般的な治療では、局所麻酔の注射をして切開し、腫瘍の袋と内容物を取りだして縫合します。小さな粉瘤の場合はへそ抜き法(くり抜き法)など、傷跡の小さな治療を選択することもできます。

炎症性粉瘤の場合は、細菌感染などによる炎症が腫瘍の内部や周囲で起こり膿が内部にたまった状態なので、それを取り除くことが重要です。局所麻酔の注射をして皮膚を一部切開し、たまった膿を洗い流します。洗浄を数日から1週間程度継続し、炎症を鎮めます。必要に応じて抗菌薬・痛み止めの内服を行います。その後、残った腫瘍の範囲および傷の状況に応じて手術や追加の治療を行います。

より詳しい記事を読む

医療チームにご相談ください

病院探しにお悩みですか?

病院探しだけではなく、粉瘤に関連するお悩みはなんでもお待ちしております。

病院や粉瘤について相談する
Img family

粉瘤の記事を読む

粉瘤の記事にご協力いただいている医師