クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Bone
結核性関節炎
結核性関節炎とは、結核菌(Mycobactrium tuberculosis)によって引き起こされる関節炎のことです。インターネット上では「関節結核」と検索されていることも多いようです。 ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
骨・関節
更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

結核性関節炎とは、結核菌(Mycobactrium tuberculosis)によって引き起こされる関節炎のことです。インターネット上では「関節結核」と検索されていることも多いようです。

結核菌に感染すると、肺炎を発症することが多いですが、血液などの流れに乗じて関節へと波及することがあり、結核性関節炎が引き起こされることになります。

結核性関節炎は、股関節や膝関節で発症しやすく、脊椎カリエスやポット病と呼ばれる脊椎炎は、脊椎の間の関節の前面から生じます。また、高齢者や免疫抑制状態において発症リスクが高まります。まれにポンセット病と呼ばれる結核菌に対する免疫反応で反応性関節炎を生じることもあります。

結核性関節炎は必ずしも肺に関連した症状を伴うとは限りませんし、関節炎による症状や検査上の変化からは診断しにくいこともあります。高齢者の罹患率が高いために先進国である日本でも、結核菌感染症自体は遭遇する疾患です。結核を発症しても結核性関節炎を発症することはまれではあるとはいえ、その存在を常に念頭に置きながら対応することが重要となります。

原因

結核性関節炎は、結核菌(Mycobactrium tuberculosis)が関節に入り込むことを原因として発症します。結核菌は感染する部位としては、肺が多いですが、その他にもリンパ節などがあります。こうした部位に存在する結核菌が血液を介して関節に入り込むことから結核性関節炎が惹起されます。また、反応性の菌が直接、関節に感染しないで起きることもあります。

なお、結核性関節炎は、高齢者や免疫抑制状態(エイズを発症した方やステロイドなどの使用中)において発症するリスクが高まることも知られています。結核性関節炎は、股関節や膝関節などが好発部位ですが、どの関節でも起き、手首、肘、指などの関節においても起きることがあります。

症状

結核性関節炎は細菌を原因とする関節炎と比べて、病気が緩やかに進行することが特徴です。炎症を反映して関節の痛みを自覚しますが、その程度は激烈ではなく、かつ皮膚におけるそれとわかる炎症所見(腫れや発赤など)もそれほど強くはありません。これらは、診断が遅れることにつながります。

進行性かつ潜在性に病状が進行する結核性関節炎では、最終的に関節の破壊につながることもあります。また、黄色ブドウ球菌などの細菌が合併感染をすることもあり、その際にも関節破壊の進行は助長されます。こうした関節の破壊に加えて、痛みによる関節可動域の制限などが起こります。そのため、炎症が生じた関節は正常の機能が果たせなくなってしまいます。

結核性関節炎では、結核でみられるような発熱や体重減少、寝汗などの全身症状を伴うこともあれば伴わないこともあります。また、肺結核に関連して発症することもあるため、慢性的な咳や血痰などの呼吸器症状を合併することもあります。

検査・診断

結核性関節炎の診断においては、結核の診断を行うことに加えて関節炎の状況を評価することが重要です。ツベルクリン反応、結核菌インターフェロン‐γ測定検査、喀痰検査、胃液検査、関節液検査などを行い、培養やPCR法で結核菌が存在していることを確認します。

結核性関節炎は関節に病変が拡がる疾患であるため、病変部位の変化を確認するための画像検査も重要です。レントゲン写真では病変の変化が捉えにくいこともあるため、CTやMRIで関節の変化や骨を含めた周囲組織での病変の波及状況などを評価することになります。

治療

結核性関節炎では、抗結核薬の使用を中心として、状況に応じた手術適応が検討されますが、治療は長期に渡ります。ます、イソニアジド、リファンピシン、ピラジナミド、エタンブトールの4剤を中心に2か月ほどの初期治療を行い、感受性に応じて、その後イソニアジドとリファンピシンの併用をさらに継続します。

ただし、薬の副作用が出現することもありますし、年齢や基礎疾患の有無などによっても治療方針は異なるため、病気を発症した患者さんにあわせての治療が必要不可欠です。内服薬による治療が効きにくい場合や関節破壊が強い場合、大量の(うみ)を排泄している場合などにおいては、手術適応が検討されることになります。

なお結核性関節炎は、活動性の肺結核を伴っていない場合には周囲への感染リスクはさほど高くないと考えられています。しかし、痰に結核が排菌されているときには陰圧室で管理する必要性も出てきます。そのため、結核の活動度を評価することは周囲への感染拡大リスク管理上とても重要であるといえます。