新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
はいしんきんしょう

肺真菌症

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

カビの仲間を総称して真菌と呼び、真菌が体内に感染することを真菌症といいます。真菌は、感染する部位から表在性と深在性の2つに分類されます。表在性真菌症の例としては水虫(白癬)、深在性真菌症の例としては、肺や脳で発症するものを指します。肺に発生する真菌症は、真菌を吸入した場合や、血液中に真菌が流れて肺にたどり着いた場合に発症します。

真菌の種類は多数あり、肺真菌症では特にアスペルギルスが多く認められます。その他、クリプトコッカスやムコールなどが肺真菌症を起こすことがあります。

原因

真菌感染症は、持病がない患者さんには発症しにくく、多くの場合は免疫が抑制されるような状況にある方や肺に持病がある方が発症します。免疫が抑制されている患者さんの例としては、ステロイドや免疫抑制剤、その他にはがんや抗がん剤治療を受けられている方です。肺に持病のある患者さんの例としては、肺結核肺気腫気管支拡張症といった肺の構造が破壊された方です。真菌のなかでもクリプトコッカスは、免疫が抑制されていない方でも発症する場合があります。

症状

肺炎やその他の呼吸器感染症とほぼ同様で、発熱や咳、痰、血痰、呼吸困難などが現れます。一般的には、細菌よりも進行は緩徐である場合が多いため、週〜月単位で症状が進行します。

ただし、患者さんの状態によっても病状の進行速度は異なり、免疫を抑制する薬を内服している場合や悪性腫瘍の治療中などで易感染状態にある患者さんでは、比較的早い経過で症状が進行する場合もあります。同様に比較的ゆっくり症状が進行する肺の細菌感染症としては、肺結核があり、診断・鑑別に難渋することもあります。

検査・診断

感染症では原因菌の検出が重要であり、真菌症でも同様に菌の証明が重要です。多くの場合は、喀痰検査や気管支鏡検査を行って真菌を採取します。喀痰検査や気管支鏡検査を行っても真菌が検出できない場合には、手術で組織をとって診断する場合もあります。上記の検査を行った場合にも菌が検出できない場合や呼吸不全が強く検査が十分にできない場合には、画像と血液検査で臨床的に診断する場合もあります。

胸部単純レントゲン検査や胸部CTでは真菌に特徴的な画像を呈する場合もありますが、すでに肺疾患があるような場合には典型的な画像所見にならないことがあるため、診断が難しい場合もあります。

血液検査では、β-Dグルカンと呼ばれる真菌の細胞壁の成分を検出する検査も行われますが、β-Dグルカンでは真菌の種類までは診断することができません。βDグルカンが上昇している場合に真菌感染症の可能性が高ければ治療を開始することもあります。その他の血液検査方法としては、真菌自体を検出する方法や真菌に対する抗体を検出する方法で診断することもできますが、確定的な検査ではないため、画像検査などと総合的に診断します。

治療

抗真菌薬を使用しますが、検出される真菌によっても治療は異なります。治療が待てる場合には検出された真菌に効果的な抗真菌薬を選択しますが、早期治療が必要な場合には、血液検査や画像検査から原因となる真菌を想定し治療を開始します。病変が1か所に留まっており、摘出のみで治療が完了する場合や抗真菌薬のみの治療が成功しない場合には手術で切除することもあります。

「肺真菌症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

肺真菌症を得意な領域としている医師