だっこう

脱肛

お尻・肛門

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

脱肛とは、内痔核(肛門の内側にできるいぼ痔)が肛門の外へ出てしまっている状態を指します。内痔核が飛び出ることで、正常な粘膜も肛門の外に出てしまいます。脱肛では、肛門周囲のデキモノ、出血、痛みなどが現れます。

脱肛の発症には、下痢や便秘などの排便習慣の異常、出産などが関連しています。脱肛を根本的に治療するためには手術が必要です。症状の程度を評価しながら、適切なタイミングで治療を行うことが大切になります。

原因

内痔核が進行して肛門の外に出てしまうことが、脱肛を引き起こす原因となります。内痔核は、肛門周囲への刺激を原因として生じます。

たとえば、便秘などで排便時にいきむ行為を原因として内痔核が発生し、脱肛につながることがあります。また、出産時のいきみや長時間同じ姿勢をとり続けることなども内痔核の原因となり、脱肛につながる行為です。また、加齢に伴い肛門周囲の筋肉が弱くなることも、脱肛に関連するとされています。

症状

脱肛では、肛門外に飛び出た直腸の粘膜がすれてしまい、出血や粘液によって下着が汚れることがあります。また、外に飛び出た内痔核が嵌頓(かんとん)と呼ばれる状態を起こし、とても強い痛みを生じることがあります。脱肛は、肛門周囲の筋肉が弱ってしまうことと関連して発症することもあるため、肛門の締まりが悪くなり便が出てしまいやすくなることもあります。

検査・診断

脱肛の診断では、肛門周囲を詳しく診察することが大切です。どのような大きさ・形状のものが肛門の外へ出てきているのかを確認します。年齢や患者さんの症状などによっては、大腸がんなど、命の危険がある病気と脱肛との見極めも必要になります。そのため、状況に応じて下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行い、肛門周囲よりも奥の消化管内を確認することもあります。

治療

脱肛を根本的に治療するためには、手術を行い、内痔核を切除する必要があります。手術には、ALTA療法と呼ばれる注射治療を併用することもあります。 

実際に治療介入するかどうかは、患者さん個々人が日常生活でどの程度困っているかということを考慮して決定します。脱肛になると、下着が汚れる、常に不快な感覚がある、といったように本人にしかわからない支障が生じます。患者さんの価値観や希望、治療の効果や合併症などを加味しつつ、治療方法を決定することが大切です。