さいじじんしょうこうぐん

鰓耳腎症候群

耳・鼻

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

鰓耳腎症候群とは、耳介の異常や耳や首での瘻孔形成に加えて、聴力障害や腎臓の異常を合わせて呈するようになる病気を指します。常染色体優性遺伝形式をとる疾患であり、親御さんが病気を持つ場合にお子さんも病気を発症する可能性があります。EYA1やSIX1などの遺伝子異常の結果生じる遺伝性疾患です。  日本において、鰓耳腎症候群は難病指定を受けている疾患の一つであり、250ほどの患者さんがいらっしゃると推定されています。鰓耳腎症候群に対する根本的な治療方法は確立されておらず、聴力障害や腎障害に対する支持療法をもとに治療介入を試みることになります。

原因

鰓耳腎症候群は、EYA1、SIX1、SIX5と呼ばれる遺伝子に異常が生じることを原因として発症する病気です。EYA1遺伝子に関連した鰓耳腎症候群が最も多く、SIX1やSIX5に関連した鰓耳腎症候群は頻度としては稀になります。 EYA1、SIX1、SIX5遺伝子は、おもに出生前の発生段階で働く遺伝子です。受精卵から人の身体が形作られる過程において、妊娠4週頃から「鰓弓(さいきゅう)」と呼ばれるものが発生します。鰓弓は1番から6番まで分類されますが、EYA1、SIX1、SIX5遺伝子はこの中でも、第2番目の鰓弓形成に深く関与していると考えられています。第2鰓弓からは首や耳の一部構造物が形成されることになりますが、EYA1、SIX1、SIX5遺伝子の異常が生じると、これらの構造物が正確に形成されなくなってしまい、耳介の形に異常を見たり、「瘻孔(ろうこう)」と呼ばれる孔が耳や首に形成されるようになったりします。  第2番目の鰓弓からは耳の聞こえに重要な構造物も発生するため、EYA1、SIX1、SIX5遺伝子に異常があると、聴力にも影響が及ぶことになります。

さらに腎臓発生にもこれら遺伝子は関与しており、EYA1、SIX1、SIX5遺伝子に異常がある鰓耳腎症候群では腎臓の機能異常も生じます。  鰓耳腎症候群は、「常染色体優性」と呼ばれる遺伝形式をとります。人の細胞には同じ遺伝子が2つ存在していますが、父親および母親からそれぞれ1つずつ受け継ぎます。鰓耳腎症候群を来す原因遺伝子異常を2つのうち1つにおいて認めると、残りの1つが正常な遺伝子であったとしても病気を発生することになります。さらに、両親どちらから鰓耳腎症候群である場合、お子さんも同じ病気を発症する可能性は理論上50%になります。

症状

鰓耳腎症候群では、その名前から推察されるように「鰓(鰓弓に関連した症状です)」、「耳(聴力)」、「腎(腎機能です)」に関連した症状が出現します。発生段階での鰓弓に関連した症状としては、様々な程度の耳介の変形を認めます。外耳道の前に小さな突起物を見ることもあります。耳や首の皮膚外観に「瘻孔」と呼ばれるトンネルの出口を見ることがあります。トンネルの入り口に当たる部位は、耳の中であったりのどであったりします。本来は皮膚外部とこうした内部がつながるトンネルは存在しませんが、鰓弓の発生段階異常に関連して瘻孔形成されることになります。

また、鰓耳腎症候群では聴力に障害が生じます。聴覚障害は神経そのものに異常があることから生じる「感音性」であったり、音の伝播に関わる空間・構造物に異常があることから生じる「伝音性」であったり、両者が混じっていたり、様々です。また聴力障害の程度も様々であり、完全に聞こえが失われていることもあります。 腎臓に関しての症状については、認めることも認めないこともあります。腎臓関連の症状を見る場合であっても、重症度には幅があります。腎臓がまったく形成されていない重症例を見ることもあります。

検査・診断

聴覚障害を確認するために、聴力検査を行うことがあります。日本においては出生後聴力スクリーニングとして「ABR」と呼ばれる検査が行われることもあり、このスクリーニング検査を通して病気が疑われることがあります。  腎臓の機能や形態を評価するために、血液検査(クレアチニン)や尿検査(血尿やタンパク尿など)、超音波・CTなどの画像検査が行われることがあります。腎臓が全く形成されていない場合以外にも、水腎症や膀胱尿管逆流症、多嚢胞性異形成腎などを指摘出来ることもあります。膀胱尿管逆流症をより正確に評価するために、造影剤を用いた排尿時検査を行うこともあります。

鰓耳腎症候群は、EYA1、SIX1、SIX5遺伝子に異常が存在することから発生する病気です。したがって、これら遺伝子に病気の原因となりうる異常が存在しないかどうかを検索するために、遺伝子検査が行われることもあります。ただし、この遺伝子に異常がない場合であっても病気が発生することがありうることが知られているため、そのことを加味した結果の解釈が重要です。

治療

鰓耳腎症候群の治療では、聴力障害と腎機能障害の程度に応じた支持療法が中心になります。聴力障害は、補聴器の使用をしたり人工内耳、人口中耳などを手術的に埋め込むことがなされたりすることもあります。症状の程度や聴覚障害の種類に応じて、適切な治療方法が選択されます。  

腎機能障害については、普段の生活から減塩に励むことが重要です。また高血圧や糖尿病など腎機能障害を促進する要因も排除することも大切です。症状が進行した場合には透析や移植などが検討されることもあります。膀胱尿管逆流症では感染症を繰り返すことがありますので、適宜抗生物質を利用したり、手術的に逆流を補正したりすることになります。

「鰓耳腎症候群」に関連する他の記事
もっと見る