【インタビュー】

関節リウマチの患者さんが日常生活で注意すべきこと

公開日 2016 年 02 月 26 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

関節リウマチの患者さんが日常生活で注意すべきこと
守田 吉孝 先生

川崎医科大学 教授 川崎医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科 部長

守田 吉孝 先生

関節リウマチと付き合っていく上で、日常生活で気をつけておくことがあります。関節リウマチの症状を悪化させないために、また、生物学的製剤を利用する際に気をつけておくべきことは何でしょうか? 関節リウマチの患者さんのご家族が気をつけておくべきことは何でしょうか? 川崎医科大学 リウマチ・膠原病学教授 守田吉孝先生にお話を伺いました。

本人が注意すること

タバコ

関節リウマチは、関節だけでなく肺や血管に悪影響をおよぼすことがあります。

また喫煙も同じく、肺や血管に悪影響をおよぼします。そのため、関節リウマチの患者さんが喫煙を続けると、身体への負担が大きくなります。それだけでなく、喫煙をすると関節リウマチにかかりやすくなるとの報告や、喫煙をすると関節リウマチの症状がひどくなるとの報告もあります。ですから、関節リウマチの患者さんで喫煙をされている方がおられましたら、禁煙をしましょう。

歯周病

歯周病は痛みがないため、多くのケースでは気づかないうちに進行します。歯周病のある患者さんが関節リウマチが発症する可能性は、歯周病のない方に比べて高いと言われています。

そのため、歯周病の予防のために毎日歯を丁寧に磨くことと、定期的に歯科検診を受診し、口の中を清潔に保つことが大切です。

守田先生からのメッセージ

〈関節リウマチの患者さんのご家族へのお願い〉

関節リウマチの患者さんには、ご家族のサポートが必要です。

関節リウマチを患うと、関節の痛みや腫れそのものの辛さに加え、それらによって身体を動かしにくくなり、日常生活を送りにくくなることもあります。

また、治療のことや、仕事を継続できるかどうかなどの将来に対して不安に感じることもあります。また、ご家族に負担をできるだけかけたくないという思いがあるにもかかわらず、負担をかけてしまっていると自分を責めてしまうこともあります。ですから、ご家族のみなさんのサポートが必要不可欠なのです。

具体的には、以下のようなサポートが挙げられます。

・重いものを持つことや高い場所のものをとることのサポート

・医療費の負担を軽減する制度について、ご家族の方も一緒にお話を聞いていただくこと

・生物学的製剤で治療する際、感染症により気をつけていただく必要があります。ですから、手洗い、うがいなどをご家族の方も含め励行していただき、感染症の予防をしましょう。

・生物学的製剤は自宅で自己注射をすることも可能です。その際、患者さん本人だけでなく、ご家族の方が患者さんに注射されることも可能です。

ご家族のみなさんにも、ご協力をお願い致します。

川崎医科大学 リウマチ・膠原病学 ウェブサイト

 

関連記事

「関節リウマチ」
のページへ