【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 2b2c9322 7b0a 418c 98f8 76b649de8e48
膝前十字靭帯の役割―損傷はなぜ起こるの?
膝前十字靭帯は、膝にある靭帯の1つで、骨同士が前後にずれすぎないようストッパーの役割を果たしています。主にスポーツによる急ブレーキや、方向転換の衝撃に耐えきれなくなったときに膝前十字靭帯が切れて...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

膝前十字靭帯の役割―損傷はなぜ起こるの?

公開日 2018 年 02 月 25 日 | 更新日 2018 年 02 月 27 日

膝前十字靭帯の役割―損傷はなぜ起こるの?
黒田 良祐 先生

神戸大学大学院医学研究科外科系講座整形外科学 教授

黒田 良祐 先生

膝前十字靭帯は、膝にある靭帯の1つで、骨同士が前後にずれすぎないようストッパーの役割を果たしています。主にスポーツによる急ブレーキや、方向転換の衝撃に耐えきれなくなったときに膝前十字靭帯が切れてしまいます。

今回は、膝前十字靭帯の役割について神戸大学医学部整形外科の黒田良祐先生に詳しくお話を伺いました。

膝前十字靭帯の役割とは?

膝前十字靭帯とは、どの靭帯?

膝十字靭帯の構造

 

主に、大腿骨という太ももの骨と脛骨というすねの骨をつなげているのが膝の関節です。

その膝の中には、内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯の4本の靭帯があります。そのうち前十字靭帯は、すねの骨の前方から、太ももの骨の後方に向かってつながっています。

膝前十字靭帯の役割

膝前十字靭帯は、骨同士が前にずれすぎないようにストッパーとしての役割を果たしています。そのため、走っていて急に止まるとき、急激に方向転換するときなど、骨が前にずれることなく動くことができます。

膝前十字靭帯の損傷とは?

膝前十字靭帯はどのようなことが原因で損傷する?

サッカー

スポーツによる損傷が圧倒的に多く、なかでも球技が原因として一番多いです。特にサッカー、ラグビー、テニス、バスケットボール、バドミントンなど、相手のいないところを狙い、相手の動きと逆をついて攻めるスポーツの場合、急に方向を変えなければなりません。その際に、膝前十字靭帯が耐えきれないほどの強い力がかかると、ぶちっと切れてしまいます。

スキーも膝前十字靭帯損傷の原因として多いです。スキーは急な方向転換をする場合、片足で踏ん張る必要があります。そのため、それぞれの足に体重がかかり、よく靭帯が切れてしまいます。

靭帯は切れるときは一発で切れるため、スポーツの頻度よりも、スポーツの種類で靭帯への負担は変わります。日常生活で靭帯が切れることは、基本的にありません。

膝前十字靭帯を損傷したらどのような症状が現れる?

膝がすごく痛そうな日本人

膝前十字靭帯が切れた瞬間は、激しい痛みがともないます。膝の中で出血するため、血がたまり腫れます。靭帯が切れて間もない数日間は、強い痛みがあり歩けなくなるため、松葉杖を使います。個人差はありますが、1か月ほどかけて徐々に痛みはひいていきます。

痛み以外の症状では、膝が曲がりにくくなり、不安定な感じがします。足で踏ん張るときには、膝がずれるようなグラグラとした感覚を感じます。

膝前十字靭帯の損傷に男女比や損傷や好発年齢はあるの?

膝前十字靭帯の損傷における男女の違い

統計学的には、女性のほうが膝前十字靭帯を損傷する方が多いです。

女性のほうが男性と比べて筋力が弱いため、筋肉でストップをかける十分な力がなく靭帯に負担がかかり切れてしまうと考えられています。

膝前十字靭帯の損傷を起こしやすい年齢層

部活中の学生

中学・高校での部活動、大学のサークルなど10代〜20代で、スポーツをしている頻度が多いと膝前十字靭帯の損傷を起こす機会が増えます。また、年齢に関わらず球技やスキーをする方のなかでは、靭帯を損傷することが多いです。

痛みがひいても膝前十字靭帯が治ったわけではない

前十字靭帯が切れてから1か月ほどで痛みはひいていき、日常生活の困難はなくなっていきます。

ただし、痛みはひいても、切れた靭帯が治ったわけではなく、1度切れた靭帯は切れっぱなしになっています。スポーツに復帰する場合は、手術による治療が必要です。

膝前十字靭帯損傷の治療についてはこちら『膝前十字靭帯損傷の治療とは?』をご覧ください。

 

膝前十字靭帯損傷(黒田 良祐先生)の連載記事

1990年より整形外科医としてキャリアをはじめる。米国クリーブランド、ピッツバーグでスポーツ整形外科学や再生医療に従事し、2016年には神戸大学整形外科学教授に就任。ヴィッセル神戸、オリックス・バッファローズ、神戸製鋼コベルコスティーラーズなどのチームドクターであり整形外科におけるスポーツ医学、再生医療において日本をリードする。