【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 c8915eab 87a9 41d1 b79b f64e89adade1
腰部脊柱管狭窄症の手術
腰部脊柱管狭窄症とは、背骨内部の神経や脊髄の通り道である脊柱管が狭くなることによって、腰痛や下肢の痛みやしびれなどさまざまな症状が現れる病気です。自然治癒が見込めないため、手術が必要となるケース...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

腰部脊柱管狭窄症の手術

公開日 2018 年 12 月 28 日 | 更新日 2018 年 12 月 28 日

腰部脊柱管狭窄症の手術
中野 恵介 先生

牧整形外科病院 副院長兼脊椎センター長

中野 恵介 先生

目次

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨内部の神経や脊髄の通り道である脊柱管が狭くなることによって、腰痛や下肢の痛みやしびれなどさまざまな症状が現れる病気です。

自然治癒が見込めないため、手術が必要となるケースも多いといわれています。手術方法には、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、牧整形外科病院の中野 恵介先生に、腰部脊柱管狭窄症の手術方法や手術の種類についてお話しいただきました。

腰部脊柱管狭窄症の手術が選択されるのはどんなとき?

しびれなどの神経症状の程度やライフスタイルを考慮する

しびれなどの神経症状が強く現れている場合には、手術の可能性を考慮します。また、近年では、70〜80歳代などの高齢の患者さんであっても、お元気で、旅行やスポーツなどを楽しまれる方もいらっしゃいます。

いつまでも自分の足で歩きたいと望まれる方は多いので、積極的に手術をすることを望まれる方もいます。実際に、70〜80歳代であっても手術するケースも増えてきています。

緊急手術になるケースとは?

脊柱管狭窄症の患者さんの中でも、頻尿などの膀胱直腸障害や麻痺症状が現れている場合には、緊急手術になる場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症の手術の方法

脊柱管狭窄症の手術には、除圧術と固定術があります。除圧術とは、切開をして骨を取り除き脊柱管を広げる方法です。従来法の手術では、後方から部分的に骨を切除したり厚くなった靭帯を切除したりすることで、神経の圧迫を取り除きます。椎間板ヘルニアを合併しているような場合には、併せてヘルニアも取り除ます。

一方、固定術は、脊柱管を広げることに加え、脊椎間の不安定さをなくす目的で金属・ボルトを用いて固定する方法です。どちらの方法であっても、内視鏡を用いたり、顕微鏡を使用したりして、患者さんにとって負担の少ない低侵襲な手術を行う場合があります。

画像ご提供:牧整形外科病院

低侵襲手術

除圧術

当院の手術では、手術用顕微鏡を用いる方法、内視鏡を用いる方法の2種類があります。内視鏡か顕微鏡のどちらを選択するかは、患者さんの状態やご希望などを考慮したうえで選択します。除圧術では筋肉切開は行わず、約2cmの皮膚切開のみで、神経を圧迫している骨の一部と靭帯を切除していきます。なお、3か所以上の病変に対しては顕微鏡による手術の適応となります。

腰椎低侵襲側方固定術(XLIF、OLIF)

近年では、固定術の中でも、骨を削る必要のないXLIF(エックスリフ)やOLIF(オーリフ)と呼ばれる手技も登場しています。側腹部からのわずかな傷で手術を行うことができる負担の少ない手術であることが特徴です。

2018年9月現在、当院ではOLIFを行っています。側腹部に約5cmの皮膚切開を行い、そこからケージと呼ばれるパーツを挿入します。出血量も少ないうえに、大きな矯正も可能であるという特徴があります。当院では、このOLIFを実施するときは、ナビゲーションシステムを使用します。手術中に撮影したCT画像をもとに手術を行うことで、より精度の高い手術になるよう取り組んでいます。

ケージ:痛んだ椎間板の代わりに挿入されるパーツ

 

OLIF(オーリフ)
画像ご提供:牧整形外科病院

脊柱管狭窄症の手術のリスク

腸管や血管の損傷が起こる可能性も

脊柱管狭窄症の手術では、腸管や血管、神経の損傷が起こる可能性があります。特に、固定術は除圧法と比べるとリスクが高くなるといわれています。

腰部脊柱管狭窄症の手術のための入院期間

除圧術は1週間、固定術は2週間程度の入院が必要

脊柱管狭窄症の手術のための入院期間は、除圧術であれば、一般的に約1週間、固定術であれば約2週間になります。

腰部脊柱管狭窄症の手術後の生活

術後に痛みはある?

術後、しびれが残ることもありますが、痛みを感じることは少ないでしょう。また、記事3『腰椎椎間板ヘルニアの手術-手術後の生活で気をつけるべきこととは?』でお話ししように、低侵襲手術であれば、傷が小さいために手術による痛みを感じることも少ないです。

違う病気が生じる可能性があるので受診を

腰部脊柱管狭窄症は、高齢の患者さんが多いために、ほかの病気が見つかることもあります。たとえば、脊柱管狭窄症の手術後に、痛みやしびれが生じて、再発かと思ったらがんの転移だったということもありえます。

同じような症状を現す違う病気の可能性もあるので、当院では、術後少なくても半年に一度は受診していただくようにしています。また、治療後も2〜3年は経過観察を行うようにしています。

中野恵介先生からのメッセージ

治療によって健康寿命を延ばしてほしい

 

腰部脊柱管狭窄症は、高齢で発症することが多いため、患者さんの中には、さまざまな合併症をかかえる方もいらっしゃいます。腰部脊柱管狭窄症は、健康寿命を短くする危険性があります。私は、この病気によって寝たきりになるような方を少しでも減らしたいと願っています。

近年では、お話ししたような、より負担の少ない低侵襲手術も登場しており、負担が少なく早期の社会復帰を期待できるものもあります。下肢のしびれなどの症状が現れた場合には、早期の受診、そして治療によって健康寿命を延ばしていただきたいと思っています。

 

整形外科医として、脊椎・脊髄外科を専門としている。主に脊椎の変性疾患や脊柱変形に対する低侵襲手術を行なっており、なるべく体に負担のかからない手術を行うために研鑽を積んでいる。丁寧な診療と高い技術で患者さんの信頼を集めている。

関連の医療相談が7件あります

関連記事