新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

心不全治療にかかわる多職種のスタッフの重要性、心不全治療の今後の展望

心不全治療にかかわる多職種のスタッフの重要性、心不全治療の今後の展望
安斉 俊久 先生

北海道大学大学院 医学研究院 循環病態内科学 教授 心不全低侵襲先進治療学 教授(兼任) 心不...

安斉 俊久 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

心不全の治療には、医師や看護師以外にも、数多くのスタッフによるチーム医療が欠かせないといわれています。その理由は、心不全という病気が持つ多面性が大きく影響しています。

今回は、心不全治療にかかわる多職種スタッフの重要性について、北海道大学大学院 医学研究院 循環病態内科学 教授の安斉俊久先生に伺いました。

心不全治療にかかわる多職種のスタッフの重要性

心不全治療には、医師や看護師以外にも、数多くのスタッフによるチーム医療が欠かせません。

心不全発症前から、高血圧糖尿病などの生活習慣病をお持ちの方は珍しくはありません。そのため、心不全の治療以外の薬も服用する必要がありますが、飲み合わせがよくない場合もあるため、薬剤師の介入が必要です。さらに、患者さんご自身が行う食生活の見直しや減塩への取り組みには、管理栄養士の介入が欠かせません。心臓リハビリテーションには理学・作業・言語聴覚士が、緩和ケアには臨床心理士、精神科医や医療ソーシャルワーカーなどが関わることもあります。

このように、心不全は多面的な病気であるため、それぞれの知識を有するスタッフによる多面的なアプローチが必要です。

心不全と一口にいっても、心臓の収縮と拡張のどちらの機能がうまくいかないのか、また、心臓の右側と左側のどちらが悪くなっているのかなど、患者さんによって一人ひとり病態が異なります。そのため、治療方法もさまざまです。さらに併存症の組み合わせなどの要素もありますから、一人として同じ病態の患者さんはいらっしゃいません。そのため、それぞれの患者さんに合わせた個別化医療が重要であり、それに対しても多職種のスタッフによる多面的なアプローチが必要になります。

将来的には、遺伝子を解析して行うゲノム医療のような、一人ひとりの患者さんに最適なオーダーメイド治療が実施できるようになることを目指して、研究・調査を進めています。

心不全は、がんなどの他の病気と違い、患者さんご自身が生活習慣を改善したり、心臓リハビリテーションに励んだりすることで、ご自身の状態をご自身でよくすることができる可能性がある病気です。再発のリスクを抱えながら、日常生活のさまざまなことに気を付けるのは大変なことだと思います。困ったときや不安なときは、いつでも相談してください。

心不全という病気は、複雑で多種多様で、そして治療が長く続くことが多いものです。したがって、私たち医師と患者さんとのお付き合いは、深く、長くなることが多いです。患者さんとたくさん話をして、患者さんの希望を叶えるためにはどうしたらよいかを一生懸命悩み抜いて、そうしてその患者さんにあわせた治療に取り組むということは、とてもやりがいのあることだと思っています。

患者さんができるだけ長く健やかに生活できるよう、これからも患者さんと共に心不全の治療に励んでまいります。

受診について相談する
  • 北海道大学大学院 医学研究院 循環病態内科学 教授、心不全低侵襲先進治療学 教授(兼任)、心不全遠隔医療開発学 教授(兼任)、心不全医薬連携開発学 教授(兼任)

    安斉 俊久 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「心不全」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。