Img searchbox
口・のど

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ
に関する情報を集めました

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは乳幼児の間でおもに夏に流行する感染症です。熱がでたり、口の中に口内炎のような小さなプツプツ(赤い発疹、水ほうなど)ができるのが特徴で、口の中が痛くて食欲が落ちてしまうこともあります。同じように夏に流行する手足口病とともに、夏カゼの代表的な疾患です。毎年5月ごろから患者さんが増え始め、7月頃に流行がピークとなりますが、8月頃に患者さんが減り始め、9~10月になるとほとんど流行がなくなるといわれています。国立感染症研究所の報告によれば、5歳以下の患者さんが全体の90%以上です。年齢の内訳としては、1歳代の患者さんが一番多く、続いて2歳代、3歳代、4歳代の順番で患者さんが減っていき、0歳と5歳は同じ程度の人数です。しかし、より大きな子どもや大人もかかる可能性はありますので、子どもだけでなく保護者も感染予防は重要です。

こちらもご参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/160812-007-ZW

症状・治療法など

ヘルパンギーナに関する記事一覧

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る