Img searchbox
口・のど

ヘルパンギーナ

目次

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは乳幼児の間でおもに夏に流行する感染症です。熱がでたり、口の中に口内炎のような小さなプツプツ(赤い発疹、水ほうなど)ができるのが特徴で、口の中が痛くて食欲が落ちてしまうこともあります。同じように夏に流行する手足口病とともに、夏カゼの代表的な疾患です。毎年5月ごろから患者さんが増え始め、7月頃に流行がピークとなりますが、8月頃に患者さんが減り始め、9~10月になるとほとんど流行がなくなるといわれています。国立感染症研究所の報告によれば、5歳以下の患者さんが全体の90%以上です。年齢の内訳としては、1歳代の患者さんが一番多く、続いて2歳代、3歳代、4歳代の順番で患者さんが減っていき、0歳と5歳は同じ程度の人数です。しかし、より大きな子どもや大人もかかる可能性はありますので、子どもだけでなく保護者も感染予防は重要です。

こちらもご参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/160812-007-ZW

原因

ヘルパンギーナの原因の多くが、エンテロウイルスと呼ばれるウイルスです。専門的な話ですが、「エンテロウイルス」というのはピコナウイルス科というグループに含まれるRNAウイルスをまとめて呼んだものです。具体的には、「エンテロウイルス」と呼ばれるものの中には、ポリオウイルス、コクサッキーウイルスA群、コクサッキーウイルスB群、エコーウイルス、エンテロウイルス(68-71型)などたくさんのウイルスが含まれているのです。
ヘルパンギーナの原因の多くは、エンテロウイルスの中でも、主にコクサッキーウイルスA群というものが原因ですが、コクサッキーウイルスB群やエコーウイルスが原因の場合もあります。感染の仕方としては、ヘルパンギーナにかかっている人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫に含まれるウイルスによって感染したり(飛沫感染)、水ほうの中身や便に排出されたウイルスが手などに付着し、口や目などの粘膜に入って感染します(経口・接触感染)。ヘルパンギーナは、急性期が一番周囲への感染力が強いですが、回復した後も便にウイルスが排泄され続ける可能性も知られており、長いと2~4週間も排泄が続くといわれています。


そのほか、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/160812-007-ZW

症状

発熱と、口の中のプツプツが特徴です。多くのケースでは、発熱が突然はじまり、食欲が落ち、喉や口の中の痛みが起こり、だるさを訴えることもあります。発熱から1~2日経つと、口の中の痛みが強くなります。口の中の症状としては、のどの奥がとても赤く腫れ、さらに1~2mm程度の小さな水ぶくれができ、水ほうが潰れて潰瘍になることもあります。すると痛くて食べられなくなります。2~4日程度で熱は下がり、その後口の中のブツブツも消えていきます。全体で1週間程度たつと治癒します。
重症化すると水分もとれず脱水症になることもありますが、ほとんどは予後良好なものです。発熱に伴って熱性けいれんを起こす方もいます。原因となるエンテロウイルスは実は様々な症状を起こすウイルスなので、無菌性髄膜炎(ウイルスが神経系に入り込み、発熱、頭痛、首が痛くて曲げられない、とても重症になると意識障害などを起こす)や急性心筋炎(ウイルスが心臓の筋肉に入り込み心不全などの重篤な症状を起こす)などを合併することもありますが、これらは非常にまれなケースです。
ヘルパンギーナは基本的には軽症で済む感染症なので、不安になりすぎることはありません。しかし、明らかに普段と違う、様子がおかしいなど気になる症状があれば、無理に我慢せずに医療機関に受診したり、小児救急でんわ相談事業などに相談したりしましょう。

検査

ヘルパンギーナは、症状からの診断で十分なことがほとんどです。しかし、重大な合併症を起こした場合などで必要な時には、確定診断としてウイルス分離や、遺伝子診断などの検査が行われます。

治療

口の中が痛くて食べられない・飲めないとなることもあるため、薄味でのどごしの良いものを与えましょう。発熱のつらさや、口の中の痛みなどに対して、解熱鎮痛剤(小児の場合はアセトアミノフェン)を使うこともあります。解熱鎮痛剤は効くまでに少し時間がかかるため、食事の少し前に内服をしておくと、よいかもしれません。(お薬のあげ方、使い方に不安がある場合は、薬をもらったかかりつけ薬局などで教えてもらうとよいでしょう。)また、症状がひどい場合は食事や水分がとれず、脱水になってしまい、点滴や入院などの治療が必要となることもあります。ヘルパンギーナ自体を治療するお薬はありませんが、数日で自然に良くなります。その間、つらい症状をやわらげてあげる工夫をします。
またヘルパンギーナを予防したり、家族内などで感染を広げないためには、感染した方と密接な接触を避けるようにする、うがいや手洗いなどの感染対策をしっかりするなどの感染対策を心がけましょう。他にも具体的に、子どもさんのオムツを交換した際に保護者は手を石鹸と水できちんと洗う、子どもさんのヨダレなどがついたおもちゃなどをこまめに拭く、食事の際に食器を共有しない、などの対策もあります。ちなみに、ヘルパンギーナに対するワクチンはありません。
潜伏期間(感染をしてから発症するまで)は2~4日間です。
集団保育などに行く目安は法律で決まったものはなく、熱が下がり、お子さんの状態の回復をみはからって判断します。

熱に対する対処法などはこちらもご参照ください 。
https://medicalnote.jp/contents/160411-025-IR

ヘルパンギーナに関する記事一覧

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る