S414x320 6b18a2b5 ba79 4777 ba6b 63d96879de98

インタビュー

公開日 : 2017 年 12 月 07 日
更新日 : 2017 年 12 月 07 日

子どもの夏風邪として代表的な疾患のひとつである、記事1『手足口病の症状や対処法、予防-手足や口に発疹が現れたら?』について、前回東京都立小児総合医療センターの相澤 悠太先生にお話しいただきました。今回は、同じく子どもの夏風邪の一つであり、手足口病と症状が似ている「ヘルパンギーナ」の症状や対処法について、前回に引き続き、相澤先生にお話をお伺いしました。

ヘルパンギーナとは

口をあけた子ども

風邪症状と口内に発疹が出る感染症

ヘルパンギーナは、エンテロウイルスが原因となる感染症です。主に5歳以下の乳幼児を中心に夏に流行し、風邪症状と、口の中に発疹が出ます。幼稚園・保育園などの集団生活の場や、家庭内でひろく感染するため、幼いお子さんのいるご家庭では気をつけたい病気のひとつです。

ヘルパンギーナの感染経路

咳やくしゃみ、便などを介し感染

ヘルパンギーナの感染経路は接触感染と飛沫感染が知られています。

接触感染

便に排泄されたウイルスが手などを介して感染する

飛沫感染

咳やくしゃみに含まれるウイルスによって感染する

ヘルパンギーナのページへ

連載記事

関連記事