めねとりえびょう

メネトリエ病

胃・十二指腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

メネトリエ病は、胃の病気の一種です。メネトリエ病では胃の壁がとても分厚くなってしまい、体の中のタンパク質が体外に失われてしまいます。症状として、胃の痛みや嘔吐、下痢、むくみなどが出現します。

原因は完全には明らかになっていませんが、ピロリ菌やサイトメガロウイルスをはじめとした感染症の関与が疑われています。40歳前後の方にみることが多い病気ですが、小児期にも発症します。

治療に関して、メネトリエ病の原因が特定できる場合には、原因に対しての治療介入が行われます。原因が分からない場合は対症療法に留まりますが、ときに胃の切除を行うこともあります。メネトリエ病を放置するとタンパク喪失による不具合を生じることがあり、また、胃がんのリスクが増えるとも疑われています。そのため、診断を受けた際には適切な治療を行うことが必要です。

原因

メネトリエ病の原因は完全にはわかっていませんが、いくつかの原因が推定されています。メネトリエ病は小児期に発症することもありますが、サイトメガロウイルス感染症の関与が疑われています。また、成人期以降ではピロリ菌との関連性も考えられています。ただし、これらは推定であり、正確な発症機序は明らかになっていません。

メネトリエ病は、胃の壁を構成する細胞の一部が過剰に成長してしまっている状態です。こうした過剰成長には、「TGFα」と呼ばれるタンパク質が関与していることが推定されています。メネトリエ病で増える細胞は、粘液を分泌するはたらきを持ちます。粘液中にはタンパク質が多く含まれているため、メネトリエ病では過剰な粘液分泌とともにタンパク質が体外に喪失されることになります。タンパク質が喪失されることで、低タンパク血症と呼ばれる状態に陥り、さまざまな体調不良が引き起こされます。

症状

メネトリエ病の症状は、患者さんによって異なります。無症状のまま経過して、たまたま別の理由で医療機関を受診した際に診断されることもあります。症状を呈する方の場合は、胃の痛みを訴えることが多いです。その他にも消化器症状として吐き気、嘔吐、下痢をみることもあります。

メネトリエ病はタンパク質が体外に喪失する病気です。タンパク質は体にとってとても重要で、さまざまなはたらきを有しているため、さまざまな体調不良が引き起こされます。たとえば、感染症にかかりやすくなる易感染性を示すことがあります。また、低タンパク質血症と関連して、全身のむくみが起こることもあります。さらに貧血を発症して疲れやすさ、動悸、顔色不良、運動時の易疲労感などを自覚することもあります。

また、メネトリエ病は胃がんの発症リスクになるとも疑われています。胃がんを発症することで、生命の危機に瀕することもあるため注意が必要です。

検査・診断

メネトリエ病は、胃の壁に変化が生じる病気です。このことを確認するために、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)やバリウムを用いた透視検査を行います。また、胃の壁に起きている変化を詳細に観察するために、胃の組織を一部採取し(生検と呼びます)顕微鏡で確認する病理検査も検討されます。

メネトリエ病では、低タンパク血症や貧血などの合併症も懸念されます。こうした合併症がないかどうかを確認するために、血液検査(総タンパクやアルブミン、ヘモグロビンなど)も考慮されます。

メネトリエ病がピロリ菌感染によって引き起こされていることもあるため、ピロリ菌感染の有無を評価するための検査も検討されます。具体的には迅速ウレアーゼ検査、鏡検法、培養法、尿素呼気試験、抗体検査などを行います。また、サイトメガロウイルス感染症との関連性も指摘されているため、血液検査でサイトメガロウイルス感染を確認することもあります。

治療

メネトリエ病がピロリ菌の感染によって引き起こされていると想定される場合には、ピロリ菌を除菌するための治療が行われます。具体的には、アモキシシリン、クラリスロマイシン、胃潰瘍の薬を併用することで除菌します。

メネトリエ病は、原因が明らかでないこともあります。その場合であっても、胃潰瘍が生じていることがあるため、胃潰瘍の薬が検討されます。また、メネトリエ病では低タンパク血症や貧血を伴うことがあるため、対症療法的にアルブミン製剤や輸血を検討します。タンパク質の喪失が強い場合や、胃がんの発症が懸念される場合などにおいては、胃の切除術も検討されます。胃の切除は部分的であることもあれば、全摘を行うこともあります。