えんすいかくまく

円錐角膜

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

円錐角膜とは、角膜の中央部分の厚みが薄くなり、角膜が前方へ円錐状に突出する病気です。思春期に発症することが多く、眼鏡をかけても視力回復が充分達成できないため、詳しく検査した結果発覚することが多いです。

円錐角膜は、中期までの段階であればハードコンタクトレンズによる治療が行われます。しかしコンタクトレンズを装着しにくい、円錐角膜が進行している、合併症をおこしている場合には、角膜移植が必要となることもあります。
 

原因

角膜は、眼球の保護や光を目の中にとりいれる機能を持つ器官で、一般的に黒目と呼ばれる部分が該当します。角膜は5層に分かれ、一番外側から順に、角膜上皮細胞・ボーマン膜・角膜実質・デスメ膜・角膜内皮細胞と呼ばれています。これら5層で構成される角膜は、正常であれば0.55mmほどの厚みがあります。

眼の中にはコラゲナーゼという、角膜のコラーゲン(線維)を溶かす酵素があります。何らかの原因でこのコラゲナーゼが活性化し、角膜の線維を溶かしてしまうと、角膜が薄くなります。薄くなった角膜は内側からの眼圧に耐えられず前方に突出してしまい、円錐角膜となります。

円錐角膜の原因は、必ずしも見極めができるものばかりではありません。遺伝性が疑われることもありますが、これは全員に認められるものでなく、アトピー性皮膚炎などを有する方も多いことから、アレルギーとの関連性を指摘されることもあります。なおアレルギー性結膜炎によるかゆみで目をこすってしまうことも、円錐角膜の発症の一端となっている可能性も指摘されています。
 

症状

円錐角膜では角膜の変形による乱視や視力低下が主な症状になります。円錐角膜における乱視は、眼鏡では補正できません。

また角膜の突出が強くなると、角膜を構成する5層の中でもデスメ膜が破裂することがあります。デスメ膜が破裂すると角膜内に水が溜まり、角膜が突然白く濁る急性水腫を発症、著しい視力低下を起こすことがあります。
 

検査・診断

円錐角膜が疑われる場合、角膜形状解析装置と呼ばれる方法で角膜の形状を分析します。また細隙灯顕微鏡検査で形状を評価することもありますが、この検査では軽度の角膜の突出所見を見つけられないことがあります。

治療

円錐角膜は、中等度までであればハードコンタクトレンズにより治療が可能なため、ほとんどの患者さんはコンタクトレンズによる治療が適応されます。治療期間は、一般的に円錐角膜の進行が遅くなる30歳頃が目安になります。

ハードコンタクトレンズによる治療では、円錐形となった角膜にややフラットなハードコンタクトレンズを乗せると、レンズが落ちて眼球から外れてしまい、下に落ちたレンズによって目が染みたり痛んだりするという問題があります。この問題を克服するために、特殊な加工が施されたコンタクトレンズが適応になることもあります。

ハードコンタクトレンズによる治療が普及して以降、角膜移植をしなければならない患者さんは減少しているますが、すべての患者さんがハードコンタクトレンズによる治療で回復するとは限りません。最近、薬剤と紫外線を使って、角膜のコラーゲンを強化する角膜クロスリンキングという治療法も試みられています。しかし、コンタクトレンズをしてもうまく治療できない場合や角膜水腫を合併した場合などにおいては角膜移植を検討します。