ぜんていしんけいえん

前庭神経炎

耳・鼻

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

前庭神経炎とは、風邪などをきっかけとして前庭神経に炎症が生じ、強いめまいや吐き気、嘔吐が生じる疾患です。「聞こえ」の悪化や耳鳴りなどの症状はありません。

原因

前庭神経炎は風邪などでウイルスに感染することが原因ではないかと考えられています。内耳は聴力と平衡感覚に関与します。また内耳から脳に向かって聴力に関係する蝸牛神経と平衡に関係する前庭神経が出ています。前庭神経はさらに上前庭神経と下前庭神経に細かく分かれています。特に障害を受けやすいのは上前庭神経です。前庭神経に炎症が生じる原因は完全には明らかとなっていません。

症状

前庭神経炎は平衡感覚の情報伝達になくてはならない前庭神経に炎症が生じることで突発的にとても強い回転性めまいが生じ、持続します。回転性めまいは「周囲がぐるぐる回る」「自分自身が回転している」「自分自身も周囲もぐるぐる回っている」などと表現されます。激しい回転を感じますから、吐き気や嘔吐も伴います。症状が非常に強いため、救急外来を受診する患者さんも少なくありません。

前庭神経炎の他にめまいを生じる疾患に脳卒中があります。めまいの原因が脳卒中である場合生命に関わるため、特に鑑別が重要です。初めてのめまいで、高齢、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を多く持つ方は脳卒中発症のリスクが高く注意が必要です。その他、頭痛、感覚障害、四肢麻痺、意識障害などは前庭神経炎では生じません。これらを伴うめまいは脳卒中を示唆するため注意が必要です。

ただし、蝸牛神経は正常ですので難聴や耳鳴りなどを伴うことはありません。難聴や耳鳴の有無はメニエール病など類似症状のある病気との鑑別に重要です。

検査・診断

めまいが起きているときは眼球が激しく動いており、これを眼振と呼びます。回転性めまいでは眼振の状況を評価することが重要です。眼振の評価にはフレンツェル眼鏡と呼ばれる厚い凸レンズ付きの眼鏡や、赤外線CCDカメラを使用します。

温度刺激試験(カロリックテスト)や前庭誘発筋電位を行うこともあります。これらの検査により前庭神経に炎症が発症し、機能が低下していることを推察します。

また、近年では「video head impulse test」と呼ばれる検査を行うことで半規管の機能をより詳細に評価できるようになりました。

さらに聞こえに問題がないことを確認するために聴力検査も行います。CTやMRIといった画像検査は脳卒中などの中枢性疾患との鑑別に有用です。

治療

前庭神経炎は安静を保つと1〜3週間の経過で自然回復します。しかし、経過中の回転性めまいの症状が強く、吐き気や嘔吐のため水分摂取すら困難なことも少なくありません。その場合、点滴による補液治療や吐き気止めを投与します。症状によってはステロイドホルモン剤の投与を行うこともあります。回転性めまいが治まったあとも「ふらつき」はしばらく続くことがあります。このような場合はリハビリテーションを行います。