がいじえん

外耳炎

別名:スイマーズイヤー
耳・鼻

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

外耳炎とは、鼓膜より外側の耳介(じかい)や外耳道に炎症が起こっている状態を指します。細菌感染(化膿)が原因となっていることが多いですが、一部ウイルス感染や真菌感染によるものもあります。

外耳炎は、耳たぶを引っぱったり、耳の入り口を押したりすると痛みが強くなるのが特徴です。一般的に聞こえ方は悪くなりませんが、耳だれや、外耳道に腫脹(しゅちょう)(腫れ上がること)がある場合は、耳がふさがったように感じることがあります。

原因

耳介や外耳道に炎症が起こる原因は以下のとおりです。

耳介の炎症

耳介の炎症は、外傷からの細菌感染、昆虫刺傷、ヘルペスウイルス感染(帯状疱疹)、湿疹などが原因となることがあります。

外耳道の炎症

外耳道の炎症は、指や綿棒で触りすぎることによる刺激や傷が誘因となることが多いです。また、夏場は汗をかくことで菌も繁殖しやすいため、耳垢を溜めたまま水泳などをすることで、耳に水が入り、症状が悪化することがあります。

症状

耳の強い痛みが特徴です。特に、耳をひっぱる、押す、咀嚼(そしゃく)や会話などで顎を動かすと痛むことが多いです。帯状疱疹ウイルスによる外耳炎では、耳介や外耳道に発赤・水疱を形成します。

患部の発赤・腫脹がみられることもあり、腫脹により外耳道が閉じてしまうこともあります。また、発熱や耳介周囲のリンパ節の腫脹がみられることもあります。

基本的に聞こえが悪くなることはありませんが、耳だれや、外耳道の腫脹により耳がふさがったように感じる場合はあります。

検査・診断

外耳炎の診断は、症状の確認と視診、触診から行われます。視診では、光源付ペンスコープ型耳鏡を用いて外耳道を観察します。光源付ペンスコープ型耳鏡とは、外耳道や鼓膜を観察する器具のことです。外耳炎では、外耳道の皮膚が赤く腫れ、膿で汚れていることがあります。

また、原因となっている菌を特定する細菌検査も重要です。

治療

外耳炎の治療としては、まず溜まっている耳垢などを除去し、外耳道の消毒をおこないます。その後、必要に応じてステロイド含有・抗生剤含有の塗り薬や点耳薬による治療をおこないます。場合によっては抗生剤などの内服や、痛みが強い場合は鎮痛剤を使用します。

また、自宅では患部を安静に保つことが大切です。具体的には、耳掃除(耳かき)を止め、できるだけ耳を触らないように注意します。

「外耳炎」に関連する他の記事
もっと見る