きょせきがきゅうせいひんけつ

巨赤芽球性貧血

血液

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

巨赤芽球性貧血とは、ビタミンB12や葉酸が欠乏することで発症する貧血です。血液中に存在する赤血球は骨髄の中でつくられます(造血)が、ビタミンB12や葉酸が欠乏すると造血機能に悪影響が及び、貧血を発症します。

貧血症状以外にも、味覚障害や食欲低下、体重減少、白髪などの症状が現れることがあります。さらに、「亜急性連合性脊髄変性症」と呼ばれる神経疾患を合併することもあります。治療には、根本的な原因となっているビタミンB12や葉酸欠乏の改善が求められます。

原因

巨赤芽球性貧血の原因は、ビタミンB12や葉酸が欠乏することです。いずれかが不足すると、造血機能が影響を受け、結果として巨赤芽球性貧血を発症します。ビタミンB12や葉酸が欠乏する原因には、さまざまなものが考えられます。

ビタミンB12の欠乏

ビタミンB12が欠乏することに起因する巨赤芽球性貧血は、胃の切除手術によって現れることが多いです。これは食物中のビタミンB12 を体内に吸収するために必要な、胃から分泌される「内因子」と呼ばれる物質が、胃を取ることによってなくなってしまうことが原因です。

また、胃を切除しなくても胃から内因子が分泌されなくなって、ビタミンB12が体内に吸収されなくなる悪性貧血が起こることがあります。悪性貧血は、自己免疫疾患(自分の免疫システムが、誤って自分の正常な細胞を攻撃してしまう病気)と関連して発症する可能性があります。

葉酸の欠乏

葉酸の欠乏に関連した巨赤芽球性貧血は、ビタミンB12欠乏に比べて頻度が低いです。葉酸が欠乏する原因には、妊娠やアルコール依存症、セリアック病、メトトレキサートなどの薬剤の投与が考えられます。

症状

巨赤芽球性貧血の代表的な症状は、貧血症状です。また、貧血以外には、以下の症状が現れることがあります。

  • 味覚が落ちる
  • 食欲低下
  • 体重減少
  • 白髪が増える
  • 舌乳頭が萎縮する

ビタミンB12の欠乏による巨赤芽球性貧血の場合は、「亜急性連合性脊髄変性症」と呼ばれる神経系の病気を合併することがあります。この病気では、手足にしびれが生じたり、歩行が不安定になったりします。

悪性貧血の場合、

  • 甲状腺機能異常(亢進症もしくは低下症)
  • 原発性副腎機能低下症
  • 胃がん

などを合併する場合があることも知られています。

検査・診断

巨赤芽球性貧血は、血液検査で赤血球の状態を詳しく観察し、診断します。赤血球の形や大きさがいびつになり、また、正常なものと比べて赤血球が大きくなっていることを確認します。

また、ビタミンB12や葉酸が血液中で減少していることを確認することも必要です。どちらの栄養素が原因となっているかをより明確に判断するために、メチルマロン酸やホモシスチンと呼ばれるものの血中濃度を測定することもあります。さらに、巨赤芽球性貧血は自己免疫性疾患として発症することがあるため、その可能性を血液検査で確認することがあります。

治療

巨赤芽球性貧血は、ビタミンB12や葉酸など欠乏している栄養素の補充により治療します。たとえば、ビタミンB12欠乏性貧血の場合、ビタミンB12を注射で補うと、患者さんは数時間で身体の活力の回復を自覚し、貧血、食欲低下、体重減少も数か月で回復します。また、胃から分泌される内因子が欠乏している場合、筋肉注射でビタミンB12を補充し治療することが可能です。