きゅうせいきかんしえん

急性気管支炎

肺

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

急性気管支炎とは、気管支に急性の炎症が生じることから、咳や痰などの呼吸器症状を引き起こす病気です。発症原因としては、ウイルスや細菌などの感染症が多く、その他に大気汚染物質の吸引などがあります。

急性気管支炎の治療方法は、原因に応じて異なります。ウイルス感染による場合には基本的には対症療法が中心になります。自然に治癒することが多い急性気管支炎ですが、ときには非常に重い呼吸障害を引き起こすこともあります。したがって、病状を正確に評価しながら治療を行うことが重要です。

 

原因

鼻や口から肺胞までを結ぶ空気の通り道を気道といいますが、気管支は声帯から下の気道である下気道の一部にあたります。末梢に向かうにつれて、気管支は徐々に枝分かれを繰り返しながら肺胞に至ります。肺胞では酸素と二酸化炭素のガス交換が行われます。

急性気管支炎は、こうした空気の通り道である気管支に急性の炎症が生じた状態です。原因の多くは感染症であり、特にウイルスによるものが大半を占めます。具体的には、アデノウイルス、コロナウイルス、インフルエンザウイルス、RSウイルスなどが挙げられます。細菌感染の場合、肺炎球菌やインフルエンザ桿菌、マイコプラズマ、百日咳などが代表的な起炎菌となります。

化学物質の吸入も急性気管支炎の原因となることがあります。たとえば、お風呂掃除に使用する防カビスプレーなどの揮発性の塩素剤を、締め切った空間で換気をせずに使用することで、気管支炎を引き起こすことがあります。

症状

急性気管炎における症状の主体は、痰を伴う咳です。原因となる病原体によって、発熱、全身倦怠感(けんたいかん)、筋肉痛、咽頭痛(のどの痛み)、鼻水など付随する症状は異なってきます。

たとえばインフルエンザウイルスが原因の場合は、急激な発熱に加えて筋肉痛や倦怠感が前面に出てきます。マイコプラズマは学童期に発症することが多く、頑固な咳が特徴的です。アデノウイルスの場合は腸管にも感染することが知られており、下痢を始めとした消化器症状が現れることがあります。

さらに、小児の場合は気管支が成人に比べて狭く、炎症が起きることで喘鳴(ぜんめい)(ひゅうひゅうという呼吸音)が現れる頻度が高いです。喘鳴は、空気の通り道が狭くなっていることを示唆するサインであるため、重症化が危惧されます。

検査・診断

急性気管支炎の診断には、症状出現までの状況を詳しく調べ、情報を整理することが大切です。感染症が原因となることも多いですが、なかには大気汚染や化学物質を吸入することで発症することもあります。こうした物質に対しての暴露状況を確認することは、原因特定のために重要となります。

急性気管支炎の検査としては胸部レントゲン写真が撮影されることがありますが、基本的には肺炎を合併しない限り影は写ってきません。

その他、原因に応じて、より特別な検査が追加されることがあります。アデノウイルスやインフルエンザウイルス、RSウイルス感染を疑う場合では、咽頭や鼻などから採取された拭い液を利用した迅速検査が行われます。また、細菌が原因の場合は培養検査が行われることがあります。マイコプラズマの場合は、病原体へ反応する抗体の存在を証明するための血液検査が行われることがあります。

治療

急性気管支炎の治療は、原因によって大きく異なります。ウイルスが原因である場合、多くは根治的な治療薬がないため、基本的に対症療法が主体になります。

インフルエンザによる急性気管支炎の場合は、抗インフルエンザ薬が使用されることもあります。呼吸器症状の程度や基礎疾患(もともと持っている疾患)の有無、合併症の併発等を考慮して、抗インフルエンザ薬の使用が検討されます。

肺炎球菌やインフルエンザ桿菌、マイコプラズマ、百日咳等が原因となった場合は、抗生物質を使用することがあります。ただし、原因となる細菌によって効果のある抗生物質は異なるため、病歴や検査所見を参考にして抗生物質が選択されます。