新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
がんきゅうとっしゅつしょう

眼球突出

最終更新日
2018年09月12日
Icon close
2018/09/12
掲載しました。

概要

眼球突出とは、眼球が正常な位置よりも前方に突き出す病態のことです。甲状腺機能が亢進するバセドウ病に特徴的な所見のひとつですが、原因はさまざまです。

両目に生じることもあれば、片目にだけ生じるものもあり、突出の程度によって症状は異なります。軽度な突出であれば症状がない場合もありますが、重度の突出が見られる場合には、物理的にまぶたを閉じることができなくなり、ドライアイや目の痛みを生じます。

また、視力や眼球運動に関与する神経が圧迫を受けることで、視力障害などを起こすこともあります。

原因

眼球突出のもっとも多い原因はバセドウ病です。バセドウ病では、眼球が収まるための頭蓋骨のくぼみである眼窩(がんか)に炎症が生じ、眼球の周りにある筋肉が浮腫んで大きくなることから、眼球が前方に押し出されたように突出します。

また、眼窩に腫瘍ができると物理的に眼球が外に押し出されて突出することがあります。眼窩にできる腫瘍としては、血管腫やリンパ管腫があり、乳がん肺がんの転移が見られることもあります。

さらに、目の炎症や血管の病気が原因となることがあります。

目の炎症

目の周りの筋肉が腱を含めて肥大化する眼窩偽腫瘍や、眼窩の蜂窩織炎(ほうかしきえん)などが挙げられます。

血管の病気

内頚動脈海綿静脈洞瘻(ないけいどうみゃくかいめんじょうみゃくどうろう)が挙げられます。これは、主に頭部外傷によって生じる血管同士の異所的なつながりのことです。眼窩を通る血管の血流量が増すために拍動性のある眼球突出を引き起こします。

症状

症状は突出の程度や原因によって大きく異なります。

眼球が前方に突出することで、白目の露出部が増え、一見すると目が大きくなったように感じられます。しかし、眼球自体のサイズは変わりません。

軽度な突出であれば、特に症状はなく顔の個性として放置されることも少なくありません。しかし、突出が進行すると、眼球の高度な露出によるドライアイや充血、目の痛みなどが生じます。まぶたを閉じることができなくなると、角膜に傷ができやすくなり、そこから細菌感染を併発して眼内炎を引き起こすことがあります。この場合、頭蓋内にまで感染が広がることもあります。

目を動かすための神経や筋肉にダメージが加わると、目の動きが悪くなり、決まった方向に視線を移すことができなくなったり、物が二重に見えるようになったりします。さらに進行すると視神経が過度に圧迫されて、視力の著しい低下から失明に至ることもあります。

原因に応じた症状の特徴

  • 眼窩蜂窩織炎:非常に強い充血を伴う
  • 内頚動脈海綿静脈洞瘻:突出した眼球に拍動性がある、結膜の血管が拡張している
  • バセドウ病:眼球の症状だけでなく、全身に多様な症状が起こる

検査・診断

眼球の突出が重度であれば視診のみで判定することが可能ですが、一般的にはHertel眼球突出計を用いて角膜前面の位置と目の入り口までの距離を計測して突出を評価します。

また、眼窩内の病変の有無や突出の程度を正確に評価するため、CTやMRIによる画像検査を行うこともあります。眼球突出の原因となる病気を調べるために、血液検査で甲状腺ホルモンや炎症反応を調べるのが一般的です。

治療

突出の程度が重度で、まぶたを閉じることができない場合には、角膜を保護するための軟膏や目薬が使用されます。しかし、基本的には眼球の突出に対する治療は行われず、原因疾患の治療が優先的に行われます。

バセドウ病の場合には、ホルモン治療などが行われ、突出が重度である場合にはステロイドの内服治療が行われます。眼窩内の炎症が原因である場合には、適切な抗菌薬の投与や膿瘍を切開して膿の排出を促す切開排膿などの治療が行われます。内頚動脈海綿静脈洞瘻の場合には、カテーテル治療による血管塞栓術が行われるのが一般的です。

「眼球突出」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が6件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。