せきついそくわんしょう

脊椎側弯症

別名:脊柱側弯症
骨・関節

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

脊椎側弯症とは、背骨が曲がる疾患を指します。「脊柱側弯症」と呼称される場合もあります。原因などにより分類されており、小児でも成人でも発症する可能性があります。自覚症状がないまま経過し学校の検診などで初めて指摘されるケースも多いです。

年齢や原因によっても治療方法が異なるため、背骨の変化に気づいたり指摘されたりした場合は早期に医療機関の受診を検討することが大切です。

原因

脊椎側弯症は、年齢や原因に応じて分類されています。小児に生じるものとしては、特発性側弯症、先天性側弯症、症候性側弯症、麻痺性側弯症などがあり、成人に生じるものとしては成人側弯症(ほとんどは小児期の側弯症の名残がさらに悪化したもの)や変性側弯症(加齢性変化により骨が曲がってくる)などを挙げることができます。

  • 特発性側弯症:原因が特定できないタイプの側弯症です。発症年齢により乳幼児期側弯症(3歳以前に発症)、学童期側弯症(4歳から9歳に発症)、思春期側弯症(10歳以降に発症)にわけられますが、大部分は思春期の女子に発症します。
  • 先天性側弯症:生まれつきの骨の形態異常があることを原因として発症します。
  • 症候性側弯症:マルファン症候群やヌーナン症候群などの基礎疾患を原因として発症します。
  • 麻痺性側弯症:麻痺に伴って生じます。

そのほかにも、成人期以降(中高年以降)に椎間板の変性が生じることで側弯症が生じることもあります。

症状

脊椎側弯症では、背骨が左右どちらかに曲がります。自覚症状がないまま経過し、親御さんが、お子さんの肩の高さがちがうことに気付いて初めて発見されたり、学校検診で指摘されたりするケースもあります。また、背中や腰の片側にコブのような出っ張りがあって発見されることもあります。

変形について指摘されることで見た目に不安を抱き、心理的なストレスを抱えることもあります。

側弯の程度が強い場合、胸郭(きょうかく)と呼ばれる空間が著しく狭くなり、心臓や肺が圧迫されることで息苦しさや胸の苦しさなどの症状が現れることもあります。

検査・診断

脊椎側弯症は、前屈した際に背中の高さが左右で異なることから疑われます。前屈によりこうした異常を調べる方法は前屈検査と呼ばれ、学校健診にも取り入れられています。

また、脊椎側弯症ではレントゲン写真により背骨の曲がり具合を評価します。レントゲン写真は診断だけでなく、治療介入の決定や治療効果の判定などにも用いられます。

治療

背骨の曲がりが強くない場合には、悪化していないか定期的に経過観察し、病状の進行に応じて治療介入を行います。

脊椎側弯症で行われる治療としては、装具の着用もしくは手術療法があります。装具を用いることで側弯症の進行を抑制したり、変形の矯正を行ったりします。

特発性側弯症の場合は、骨の成長が終了する時期に病状の進行もおさまるため、その時期までを目安に装具の着用を検討します。

小児の側弯症の場合、主に背骨の曲がり角度をもとにして手術介入を行うか決定します。成人の場合は背骨の曲がりと症状が必ずしも一致するとは限らないため、症状も加味しながら手術を行うか決定します。