新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
こつばんふくまくえん

骨盤腹膜炎

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

骨盤腹膜炎とは、細菌感染により骨盤内の臓器が炎症を起こし、その臓器を覆っている腹膜にまで炎症が及ぶ病気のことです。最初に炎症を起こす臓器は主に子宮頸管であり、次第に子宮内膜、卵管、そして骨盤内の腹膜に広がります。これらの臓器は腟を通して腹腔内と外界とつながっているため、細菌感染を起こしやすいという特徴があります。

原因

骨盤腹膜炎の原因となる細菌はさまざまで、大腸菌などの一般的な細菌によるものもあります。近年では、クラミジアや淋菌など、性感染症を引き起こす微生物や細菌が原因となっているケースが増えています。そのため、性感染症は骨盤腹膜炎の原因として重要です。

症状

激しい下腹部痛や発熱、吐き気などの症状があります。また、臭いを伴うおりものや出血がみられる場合もあります。このため、虫垂炎憩室炎などの消化器疾患との鑑別に困難を要することも多くあります。

重症化すると、卵管内や子宮と直腸の間にあるダグラス窩と呼ばれる隙間に、がたまって膿瘍(のうよう:膿で満たされた病変)を形成することがあります。このような状態に進行すると、敗血症になる可能性があり、場合によっては命を脅かす危険も出てきます。

骨盤腹膜炎はよくなっても、骨盤内の臓器に癒着が残ったり、卵管が閉塞したりする場合があります。この場合、慢性的な下腹部痛や性交痛、排便痛、不妊の原因となりえます。

クラミジア感染症では、骨盤腹膜炎を発症しても下腹部痛などの自覚症状がないことがあり、無治療の状態が続くとフィッツ・ヒュー・カーティス症候群を起こす場合があります。フィッツ・ヒュー・カーティス症候群は肝臓周囲の炎症で、右上腹部痛を引き起こします。慢性炎症が生じており、痛みがよくなったり悪くなったりを繰り返すという特徴があります。

検査・診断

骨盤腹膜炎の可能性がある場合には、次の検査などを迅速に行う必要があります。

内診

医師による経膣的な骨盤内臓器の触診のことです。子宮や卵巣などに圧痛(押したときの痛み)がみられます。ダグラス窩に瘍が形成されている場合、内診で触知することもあり、強い圧痛を引き起こします。痛みがひどい患者さんの場合、内診を行うことは難しく、控えることもあります。

超音波検査

腟から行う場合(経腟超音波検査)とお腹の上から行う場合(経腹超音波検査)があります。卵巣の腫れやダグラス窩膿瘍などを観察することができます。

CT、MRI検査

骨盤腹膜炎の他に、下腹部痛の原因となる疾患がないかを調べる検査です。これらの画像検査では、膿瘍の位置や大きさを調べることもできます。

血液検査

主に炎症反応を調べるために行う検査です。炎症の程度をみることはできますが、骨盤腹膜炎に特異的な所見はありません。

腟分泌物検査

腟分泌液を培養し、骨盤腹膜炎の原因菌を調べることができます。原因菌を特定することで、より効果のある抗生剤治療を行うことが可能になります。

腹腔鏡検査

腹腔鏡という内視鏡を使って、お腹のなかを直接観察する検査です。特にクラミジア感染症があり、発熱や腹痛を繰り返すときには、この検査で腹腔内の癒着などを調べます。フィッツ・ヒュー・カーティス症候群の確定診断は腹腔鏡検査でしか行えません。

治療

最も基本となる治療は、原因菌に応じた抗生剤の投与です。診断がついたら一刻も早く治療を始めることが大切です。診断時に原因菌が分からないときには、クラミジアと淋菌に対する抗生剤が選ばれます。

骨盤腹膜炎の場合、安静を必要とするため、入院治療を要することもあります。瘍を形成している場合には、手術で取り除く必要があります。手術後はドレーンと呼ばれる細いチューブを一定期間ダグラス窩に留置して、溜まった膿を体外へ排出します。

「骨盤腹膜炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が8件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。