新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京大学 医学系研究科皮膚科学 教授、 東京大学医学部附属病院 副院長

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医 日本アレルギー学会 アレルギー専門医・アレルギー指導医

佐藤 伸一 さとう しんいち 先生

膠原病、特に強皮症を専門とし、日本各地から患者が集まっている。強皮症の病因としてB細胞機能異常に注目し、B細胞を軸として、強皮症に対する新規治療法の開発にも力を入れている。

佐藤先生のストーリー記事

強皮症を治せない難病から、治せる病気にしたい
強皮症を治せない難病から、治せる病気にしたい

指定難病の解明に向けて力を尽くす佐藤伸一先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科

資格・学会・役職

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医・アレルギー指導医
  • 東京大学 医学系研究科皮膚科学 教授
  • 東京大学医学部附属病院 副院長
  • 医学博士 取得
  • 日本皮膚科学会 理事
  • 日本研究皮膚科学会 理事長
  • 日本臨床免疫学会 理事
  • 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 理事
  • 日本皮膚悪性腫瘍学会 評議員
  • 日本乾癬学会 評議員

所属病院

東京大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー・リウマチ内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都文京区本郷7丁目3-1
  • 東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」 2番出口  都営地下鉄大江戸線も利用可(5番出口) 徒歩10分 東京メトロ千代田線「湯島駅」 1番出口 徒歩15分
  • 03-3815-5411
東京大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1989年 東京大学医学部医学科卒業
1989年 東京大学医学部皮膚科学教室に入局
1989年 東京大学医学部付属病院 皮膚科 助手
1994年 医学博士(東京大学)
    米国デューク大学 免疫学教室に留学(B細胞の分子細胞免疫学を研究)
1997年 金沢大学医学部付属病院 皮膚科 講師
2002年 金沢大学大学院 医学系研究科 皮膚科学 助教授
2004年 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 皮膚病態学 教授 
2009年 東京大学大学院 医学系研究科 皮膚科学 教授
2014年 東京大学医学部附属病院 病院長補佐
2015年 東京大学医学部附属病院 副院長

論文

1. Sato S, Steeber DA, Tedder TF: The CD19 signal transduction molecule is a response regulator of B-lymphocyte differentiation. Proc Natl Acad Sci USA 92:11558-62, 1995.
2. Sato S, Miller AS, Inaoki M, Bock CB, Jansen PJ, Tang ML, Tedder TF: CD22 is both a positive and negative regulator of B lymphocyte antigen receptor signal transduction. Immunity 5:551-62, 1996.
3. Sato S, Jansen PJ, Tedder TF: CD19 and CD22 expression reciprocally regulates tyrosine phosphorylation of Vav protein during B lymphocyte signaling. Proc Natl Acad Sci USA 94:13158-62, 1997.
4. Tedder TF, Inaoki M, Sato S: The CD19-CD21 complex regulates signal transduction thresholds governing humoral immunity and autoimmunity. Immunity 6:107-18, 1997.
5. Sato S, Hasegawa M, Fujimoto M, Tedder TF, Takehara K: Quantitative genetic variation in CD19 expression correlates with autoimmunity. J Immunol 165:6635-43, 2000.
6. Saito E, Fujimoto M, Hasegawa M, Komura K, Hamaguchi Y, Kaburagi Y, Nagaoka T, Takehara K, Tedder TF, Sato S: CD19-dependent B lymphocyte signaling thresholds influence skin fibrosis and autoimmunity in the tight-skin mouse. J Clin Invest 109:1453-62, 2002.
7. Sato S, Fujimoto M, Hasegawa M, Takehara K: Altered blood B lymphocyte homeostasis in systemic sclerosis. Arthritis Rheum 50:1918-27, 2004.
8. Fujimoto M, Yoshitake S, Watanabe R, Asashima N, Nakashima H, Yoshitake S, Okochi H, Tamaki K, Poe JC, Tedder TF, Sato S: B cell antigen receptor and CD40 differentially regulate CD22 tyrosine phosphorylation. J Immunol 176: 873-879, 2006.
9. Yoshizaki A, Iwata Y, Komura K, Ogawa F, Hara T, Muroi E, Takenaka M, Shimizu K, Hasegawa M, Fujimoto M, Tedder TF, Sato S: CD19 regulates skin and lung fibrosis via Toll-like receptor signaling in a model of bleomycin-induced scleroderma. Am J Pathol 172: 1650-1663, 2008.
10. Yoshizaki A, Yanaba K, Iwata Y, Komura K, Ogawa A, Akiyama Y, Muroi E, Hara T, Ogawa F, Takenaka M, Shimizu K, Hasegawa M, Fujimoto M, Tedder TF, Sato S: Cell adhesion molecules regulate fibrotic process via Th1/Th2/Th17 cell balance in a bleomycin-induced scleroderma model. J Immunol 185: 2502-2515, 2010.
11. Yanaba K, Yoshizaki A, Asano Y, KadonoT, Tedder TF, Sato S: IL-10–Producing regulatory B10 cells inhibit intestinal injury in a mouse model. Am J Pathol 178: 735-743, 2011.
12. Yoshizaki A, Yanaba K, Ogawa A, Asano Y, Kadono T, Sato S: Immunization with DNA topoisomerase I and complete Freund’s adjuvant induces skin and lung fibrosis and autoimmunity via interleukin-6 signaling. Arthritis Rheum 63:357-385, 2011.
13. Morimura S, Sugaya M, Sato S: Interaction between CX3CL1 and CX3CR1 regulates vasculitis induced by immune complex deposition. Am J Pathol 182:1640-7, 2013.
14. Suga H, Sugaya M, Miyagaki T, Ohmatsu H, Okochi H, Sato S: CXCR3 deficiency prolongs Th1-type contact hypersensitivity. J Immunol 190:6059-70, 2013.
15. Noda S, Asano Y, Nishimura S, Taniguchi T, Fujiu K, Manabe I, Nakamura K, Yamashita T, Saigusa R, Akamata K, Takahashi T, Ichimura Y, Toyama T, Tsuruta D, Trojanowska M, Nagai R, Sato S: Simultaneous downregulation of KLF5 and Fli1 is a key feature underlying systemic sclerosis. Nat Commun 12:5797,2014.
16. Saigusa R, Asano Y, Taniguchi T, Yamashita T, Ichimura Y, Takahashi T, Toyama T, Yoshizaki Y, Sugawara K, Tsuruta D, Taniguchi T, Sato S: Multi-facet contribution of the TLR4-activated IRF5 transcription factor in systemic sclerosis. Proc Natl Acad Sci USA, in press.

その他

  • 【受賞】2003年度 第4回 日本研究皮膚科学会 (JSID) 賞

  • 【受賞】2005年度 第16回 リウマチ性疾患臨床医学賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師