東京大学大学院医学系研究科外科学専攻眼科学 教授

日本眼科学会 眼科専門医

相原 一 あいはら まこと 先生

  • 東京都
  • 眼科

東京大学医学部卒業後、University of California San Diego、四谷しらと眼科を経て現在は東京大学眼科学で教授を務める。眼科学一般、特に緑内障を専門としており、この分野における診療ならびに研究のトップランナー。治療においては患者さんの生活の質を少しでも向上できるような手術を目指しており、診断においては少しでもムダな治療をしないようにするための慎重かつ注意深い診断をモットーとしている。

基本情報

診療科

  • 眼科

受診可能な病気と得意な領域

  • 緑内障
    詳細
    相原先生の緑内障に関する得意な領域
    • 薬物療法

資格・所属学会

日本眼科学会 眼科専門医

役職など

  • 日本眼科学会 常任理事
  • 東京大学大学院医学系研究科外科学専攻眼科学 教授

所属病院

東京大学医学部附属病院
東京大学医学部附属病院
  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都文京区本郷7丁目3-1
  • 東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」 2番出口  都営地下鉄大江戸線も利用可(5番出口) 徒歩10分 東京メトロ千代田線「湯島駅」 1番出口 徒歩15分

医療記事

来歴等

略歴

1989年 東京大学医学部医学科 卒業
1989年 東京大学医学部附属病院眼科 研修医
1990年 東京大学医学部附属病院眼科 文部教官助手
1990年 東京逓信病院眼科 郵政技官
1992年 東京大学医学部附属病院眼科 文部教官助手
1994年 東京大学大学院医学系研究科外科学専攻博士課程 入学
1998年 東京大学大学院医学系研究科外科学専攻博士課程 修了
1998年 東京大学医学部附属病院眼科 文部教官助手
2000年 University of California San Diego (UCSD), Dept. of Ophthalmology and Hamilton Glaucoma Center Research fellow and Clinical Instructor 臨床医・州限定免許取得
2002年 University of California San Diego (UCSD), Hamilton Glaucoma Center, Principal Investigator Postgraduate Research Scientist UCSD正式職員
2003年 東京大学医学部眼科学教室 講師
2012年 東京大学大学院医学系研究科外科学専攻眼科学 准教授
2012年 四谷しらと眼科 副院長
2014年 東京医科歯科大学眼科 特命教授
2015年 東京大学大学院医学系研究科外科学専攻眼科学 教授

論文

  • Effect on Diurnal Intraocular Pressure Variation of Eliminating the alpha-2 Adrenergic Receptor Subtypes in the Mouse. Investigative Ophthalmology & Visual Science 49(3):929-933, 2008

    Aihara M, Lindsey JD, Weinreb RN.

  • Imaging Mouse Retinal Ganglion Cells and Their Loss in vivo by a Fundus Camera in the Normal and Ischemia-Reperfusion Model. Investigative Ophthalmology & Visual Science 49:5546-5552, 2008

    Murata H, Aihara M*, Chen YN, Ota T, Numaga J, Araie M.

  • Effects of Prostanoid EP agonists on mouse intraocular pressure. Investigative Ophthalmology & Visual Science 50(5):2201-2208, 2009

    Saeki T, Ota T, Aihara M*, Araie M.

  • Kinesin-1/Hsc70 dependent mechanism of slow axonal transport and its relation to fast axonal transport The EMBO Journal 29(4):843-54, 2010

    Terada S, Kinjo M, Aihara M, Takei Y, Hirokawa N.

  • Brimonidine is neuroprotective against glutamate-induced neurotoxicity, oxidative stress and hypoxia in purified rat retinal ganglion cells Molecular Vision 16:246-51, 2010

    Lee K, Nakayama M, Aihara M*, Chen Y-N, and Araie M.

  • Neuroprotective Effects Of Prostaglandin Analogues On Retinal Ganglion Cell Death Independent Of Intraocular Pressure Reduction Experimental Eye Research 93(3):265-70, 2011

    Yamagishi R, Aihara M*, Chen YN, Araie M.

  • Neuroprotective effects of flavonoids on hypoxia-, glutamate-, and oxidative stress-induced retinal ganglion cell death. Molecular Vision 17:1784-93, 2011

    Nakayama M, Aihara M*, Chen YN, Araie M, Tomita-Yokotani K, Iwashina T.

  • A model for the easy assessment of pressure-dependent damage to retinal ganglion cells using cyan fluorescent protein-expressing transgenic mice. Molecular Vision 18:2468-78, 2012

    Tsuruga H, Murata H, Araie M, Aihara M*.

  • Hyperbaric pressure and increased susceptibility to glutamate toxicity in retinal ganglion cells in vitro. Molecular Vision 20:606-615, 2014

    Aihara M*, Chen YN, Uchida S, Nakayama M, Araie M.

  • Establishment of an experimental ferret ocular hypertension model for the analysis of central visual pathway damage. Scientific Reports in press

    Fujishiro T, Kawasaki H, Aihara M*, Saeki T, Yamagishi R, Atarashi T, Mayama C, Araie M.

  • Reduction of Intraocular Pressure in Mouse Eyes Treated in Latanoprost. Investigative Ophthalmology & Visual Science 43(1):146-150, 2002

    Aihara M, Lindsey JD, Weinreb RN*

  • Ocular hypertension in mice with a targeted type I collagen mutation. Investigative Ophthalmology & Visual Science 44 1581-1585, 2003

    Aihara M, Lindsey JD, Weinreb RN*

  • Experimental Mouse Ocular Hypertension: Establishment of the Model. Investigative Ophthalmology & Visual Science 44(10):4314-20, 2003

    Aihara M, Lindsey JD, Weinreb RN*

  • Aqueous humor dynamics in mouse. Investigative Ophthalmology & Visual Science 44(12):5168-5173, 2003

    Aihara M, Lindsey JD, Weinreb RN*

  • Araie M Prostaglandin Analogues and Mouse Intraocular Pressure: Effects of Tafluprost, Latanoprost, Travoprost, and Unoprostone, Considering 24-Hour Variation Investigative Ophthalmology & Visual Science 46: 2006-2011, 2005

    Ota T, Murata H, Sugimoto E, Aihara M*

  • The effects of prostaglandin analogues on IOP in prostanoid FP-receptor-deficient mice. Investigative Ophthalmology & Visual Science 46: 46(11):4159-63,

    Ota T, Aihara M*, Narumiya S.,Araie M

  • The Effects of Prostaglandin Analogues on Prostanoid EP1, EP2, and EP3 Receptor-Deficient Mice. Investigative Ophthalmology & Visual Science 47: 47(8): 3395-3399, 2006

    Ota T, Aihara M*, Narumiya S.Araie M

  • The IOP-lowering effects and mechanism of action of tafluprost in prostanoid receptor-deficient mice. British Journal Ophthalmology 91(5):673-6, 2007

    Ota T, Aihara M*, Saeki T, Narumiya S, Araie M.

  • Hypoxia-induced retinal ganglion cell death and the neuroprotective effects of beta-adrenergic antagonists Brain Research 1148:28-37, 2007

    Chen YN, Yamada H, Mao W, Matsuyama S, Aihara M*, Araie M

  • The potential role of glutamate transporters in the pathogenesis of normal tension glaucoma. Journal of Clinical Investigation 117(7):1763-1770, 2007

    Harada, T., Harada, C., Nakamura, K., Quah, H-M.A., Okumura, A., Namekata, K., Saeki, T., Aihara, M., Yoshida, H., Mitani, A., and Tanaka, K.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。