中村 清吾 先生のプロフィール

中村 清吾 先生

なかむら せいご

中村 清吾 先生

昭和大学医学部乳腺外科教授・昭和大学病院ブレストセンター長・臨床遺伝医療センター長兼務

専門分野

乳腺外科、遺伝性乳がん卵巣がん症候群

紹介

日本の乳がん治療の第一人者。聖路加国際病院ブレストセンターを立ち上げ、初代センター長として乳がん治療におけるチーム医療の重要性を日本に導入した。日本乳癌学会や国際委員会、日本乳がん情報ネットワークなど様々な場において乳がん治療の発展に力を注いでいる。

略歴

1982年 千葉大学医学部卒業後、聖路加国際病院外科にて研修
1993年 同病院情報システム室長兼任
1997年 M.D.アンダーソンがんセンターほかにて研修
2003年 聖路加国際病院外科管理医長
2005年 同病院ブレストセンター長(初代)・乳腺外科部長
2006年 聖路加看護大学 臨床教授兼務、日本赤十字看護大学 非常勤講師
2008年 千葉大学医学部 臨床准教授兼務
2010年 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科部門 教授、昭和大学病院ブレストセンター長、臨床遺伝医療センター長兼務
2014年 昭和大学薬学部病院薬剤学兼担講師、徳島大学客員教授
2016年 天津医科大学客員教授

所属学会・資格・役職など

日本外科学会指導医、同専門医
日本乳癌学会乳腺指導医・同専門医、がん治療認定機構暫定教育医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医、マンモグラフィ読影認定医
日本乳癌学会理事長
日本外科学会理事
日本癌治療学会代議員
同がん診療ガイドライン委員会評価委員
日本外科系連合学会フェロー
American Society of Clinical Oncology(ASCO)会員
2009年/2010年ASCO Breast Cancer Symposiumプログラム委員
NPO法人日本乳腺甲状腺超音波診断医学会(JABTS)監事
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会副理事長
日本医学会評議員

受賞・著書・論文など

『中村清吾の乳がんが見つかったときにまず読む本』(2010年 主婦の友社)
『「乳がん」と言われたら…』(2009年 保健同人社)
『乳がん : 正しい治療がわかる本』(2008年 法研)
『専門医が答えるQ&A : 乳がん』(2006年 主婦の友社)
『乳がん―あなたにとって一番の治療を』(2005年 双葉社)

中村 清吾先生 の所属する医療機関

昭和大学病院

TEL: 03-3784-8000

昭和大学病院

東京都品川区旗の台1丁目5-8

東京急行電鉄大井町線「旗の台駅」 徒歩3分

- -

受付時間: 8:00~11:00 原則紹介制、一部診療科予約制 診療は8:30~17:00 科により異なる 一部診療科は昭和大学病院附属東病院にて対応(代表TEL共通) 創立記念日(11/15)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

中村 清吾 先生 の記事