新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

昭和大学医学部 外科学講座 消化器・一般外科部門 講師、昭和大学病院 腎移植センター 講師

日本外科学会 指導医・外科専門医・外科認定医 日本移植学会 移植認定医 日本肉腫学会 認定指導医・肉腫専門医

加藤 容二郎 かとう ようじろう 先生

腎移植を中心とした臓器移植(腎、肝、膵)、腎不全外科(内シャント造設・再建、人工血管移植術、経皮的血管形成術など)を専門としているが、特に近年、多臓器合併切除再建を必要とするような腹部骨盤部肉腫に対する手術を数多く行っている。

加藤先生のストーリー記事

最後の砦になりたい
最後の砦になりたい

臓器移植や肉腫という日本有数の難しい症例を経験してきた加藤容二郎先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 外科
  • 移植外科(腎移植、肝移植、膵移植)
  • 肉腫外科(腹部・骨盤部肉腫)
  • 腎不全外科
  • 血管外科
  • 血管内治療
  • 消化器・一般外科

資格・学会・役職

日本外科学会 指導医・外科専門医・外科認定医
日本移植学会 移植認定医
日本肉腫学会 認定指導医・肉腫専門医
  • 昭和大学医学部 外科学講座 消化器・一般外科部門 講師
  • 昭和大学病院 腎移植センター 講師
  • 医学博士 取得
  • 厚生労働省 認定臨床研修指導医
  • 日本臨床腎移植学会 認定医
  • 日本肉腫学会 代議員
  • 日本子宮移植研究会 理事
  • Assistant Professor of Clinical Medical Sciences (in Medicine) - Columbia University

所属病院

昭和大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 病理診断科
  • 東京都品川区旗の台1丁目5-8
  • 東急大井町線 旗の台 徒歩5分
  • 03-3784-8000
公式ウェブサイト
昭和大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1997年 群馬大学医学部卒業
2003年 東京女子医科大学腎臓外科 助手
2007年 東京女子医科大学腎臓外科 助教
2009年 コロンビア大学外科 へ留学
2010年 ハーバード大学移植外科 へ米国内留学
2011年 コロンビア大学外科 講師 Assistant Professor of Clinical Surgery
2015年 国際医療福祉大学三田病院 移植外科 准教授
2016年 コロンビア大学外科 准教授 Associate Clinical Professor of Surgery
2016年 国際医療福祉大学三田病院 移植外科 副部長
2018年 コロンビア大学内科 講師 Assistant Professor of Clinical Medical Sciences (in Medicine)
2020年 昭和大学医学部 外科学講座 消化器・一般外科部門 講師

論文

Chaudhry S#, Kato Y#, Weiner J, Alonso-Guallart P, Baker S, Woodland D, Lefkowitch JH, Duran-Struuck R, Sondermeijer HP, Zitsman JS, Sears ML, Wu A, Karolewski B, Houck PJ, Martinez M, Kato T, Sykes M, Griesemer AD. Transient mixed chimerism with nonmyeloablative conditioning does not induce liver allograft tolerance in nonhuman primates. Transplantation. Accepted on 2019 Dec 31. In press.
#: have equally contributed to the work, listed alphabetically by last name
Wu A, Noël PG, Ri, Wingate R, Kielstein H, Sakurai T, Viranta-Kovanen S, Chien CL, Traxler H, Waschke J, Vielmuth F, Sagoo GM, Kitahara S, Kato Y, Keay KA, Olsen J, Bernd P. An international partnership of 12 anatomy departments – improving global health through internationalization of medical education. Annals of Global Health.2020; 86(1): 27, 1–14
Alonso-Guallart P, Duran-Struuck R, Zitsman JS, Sameroff S, Pereira M, Stern J, Berglund E, Llore N, Pierre G, Lopes E, Kofman SB, Danton M, Sondermeijer HP, Woodland D, Kato Y, Ekanayake-Alper DK, Iuga AC, Wuu CS, Wu A, Lipkin WI, Tokarz R, Sykes M, Griesemer A. Impact of CMV reactivation, treatment approaches and immune reconstitution in a nonmyeloablative tolerance induction protocol in Cynomolgus macaques. Transplantation. 2020 Feb;104(2):270-279.
Tomita Y, Iwadoh K, Ogawa Y, Miki K, Kato Y, Kai K, Sannomiya A, Koyama I, Kitajima K, Nakajima I, Fuchinoue S. Single fixed low-dose rituximab as induction therapy suppresses de novo donor-specific anti-HLA antibody production in ABO compatible living kidney transplant recipients. PLoS One. 2019 Oct 23;14(10):e0224203.
Kisu I, Ishigaki H, Emoto K, Kato Y, Yamada Y, Matsubara K, Obara H, Masugi Y, Matoba Y, Adachi M, Banno K, Saiki Y, Itagaki I, Kawamoto I, Iwatani C, Nakagawa T, Tsuchiya H, Sasamura T, Urano H, Ema M, Ogasawara K, Aoki D, Nakagawa K, Shiina T. Long-Term Outcome and Rejection After Allogeneic Uterus Transplantation in Cynomolgus Macaques. J Clin Med. 2019 Oct 1;8(10).
Kisu I, Kato Y, Obara H, Matsubara K, Matoba Y, Banno K, Aoki D. Emerging problems in uterus transplantation. BJOG. 2018 Oct;125(11):1352-1356.
Kato Y, Griesemer AD, Wu A, Sondermeijer HP, Weiner JI, Duran-Struuck R, Martinez M, Slate A, Romanov A, Lefkowitch JH, Sykes M, Kato T. Novel H-shunt Veno-venous Bypass for Liver Transplantation in Cynomolgus Macaques. Comp Med. 2017; In Press
Duran-Struuck R, Sondermeijer HP, Bühler L, Alonso-Guallart P, Zitsman J, Kato Y, Wu A, McMurchy AN, Woodland D, Griesemer A, Martinez M, Boskovic S, Kawai T, Cosimi AB, Wuu CS, Slate A, Mapara MY, Baker S, Tokarz R, DʼAgati V, Hammer S, Pereira M, Lipkin WI, Wekerle T, Levings MK, Sykes M. Effect of Ex Vivo-Expanded Recipient Regulatory T Cells on Hematopoietic Chimerism and Kidney Allograft Tolerance Across MHC Barriers in Cynomolgus Macaques. Transplantation. 2017; 101(2):274-283.
Obara H, Kisu I, Kato Y, Yamada Y, Matsubara K, Emoto K, Adachi M, Matoba Y, Umene K, Nogami Y, Banno K, Tsuchiya H, Itagaki I, Kawamoto I, Nakagawa T, Ishigaki H, Itoh Y, Ogasawara K, Saiki Y, Sato SI, Nakagawa K, Shiina T, Aoki D, Kitagawa Y. Surgical technique for allogeneic uterus transplantation in macaques. Sci Rep. 2016; 27;6:35989
Kato Y, Tojimbara T, Iwadoh K, Koyama I, Nanmoku K, Kai K, Sannomiya A, Nakajima I, Fuchinoue S, Teraoka S. Early steroid withdrawal protocol with basiliximab, cyclosporine and mycophenolate mofetil in renal-transplant recipients. Int Immunopharmacol. 2006 Dec 20;6(13-14):1984-92.
Bashuda H, Kimikawa M, Seino K, Kato Y, Ono F, Shimizu A, Yagita H, Teraoka S, Okumura K. Renal allograft rejection is prevented by adoptive transfer of anergic T cells in nonhuman primates. J Clin Invest. 2005 Jul;115(7):1896-902.
Tojimbara T, Nakajima I, Kimikawa M, Sato S, Kawase T, Nanmoku K, Kai K, Kato Y, Tsuda S, Fuchinoue S, Teraoka S. Hand-assisted laparoscopic splenectomy in ABO-incompatible kidney transplant recipients: a single skin incision technique. Transplant Proc. 2003 Feb;35(1):321-2
Koyama I, Fuchinoue S, Urashima Y, Kato Y , Tsuji K, Kawase T, Murakami T, Tojimbara T, Nakajima I, Teraoka S. Living related liver transplantation for polycystic liver disease.Transpl Int. 2002 Nov;15(11):578-80. Epub 2002 Sep 27.
Kato Y, Nakazawa H, Nakajima I, Fuchinoue S, Agishi T. A case of kidney transplantation with severe atrophic urinary bladder. Transplant Proc. 2000 Nov;32(7):1852.
加藤容二郎、加藤友朗.多内臓移植.移植.48(4-5): 220-224
加藤容二郎.バスキュラーアクセスに必要な四肢の解剖.透析ケア.15(4):336-337
加藤容二郎.バスキュラーアクセスの種類.透析ケア.15(4):338-339
加藤 容二郎、吉見 富洋、朝戸 裕二、石橋 正二郎、小松崎 徹也、浅倉 信明 . 肝切除術後遷延性低血圧を認めたβ1遮断薬atenolol連用者の1例.外科 . 67(5): 606-610
加藤 容二郎 、 吉見 富洋 、 丸森 健司 、女屋 博昭 、高坂 功 、 塩山 靖和 、 横瀬 智之 、 板橋 正幸 、 仁平 武 . 肝原発とみなされたmalignant spindle cell tumorの1切除例 . Liver Cancer . 9(1): 30-35

その他

  • 【受賞】Certificate of Appreciation : Asian Federation of Laboratory Animal Science Association、2012年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。