S200x200 6a5c508b 29c2 4f8a a91a 144d2d83916d

昭和大学産婦人科学 教授

松本 光司 先生

専門分野

婦人科腫瘍学 内視鏡手術 ロボット手術

紹介

1991年より産婦人科医師としてキャリアをはじめる。2016年に昭和大学 産婦人科学講座 准教授に就任。婦人科悪性腫瘍の診療に従事。我が国の代表的HPV(ヒトパピローマウイルス)研究者の一人としても知られている。

略歴

1990年 東京大学 医学部卒業
1998年 東京大学産婦人科 助手
1999年 東京大学 医学博士取得
2005年 筑波大学産婦人科 講師
2011年 筑波大学産婦人科 准教授
2016年 昭和大学産婦人科 准教授
2017年 昭和大学産婦人科 教授

所属学会・資格・役職など

医学博士・ベストドクターズ2016-2017
日本産科婦人科学会 代議員・指導医・専門医
産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編 作成委員会 副委員長
日本婦人科腫瘍学会 代議員・指導医・専門医
日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本臨床細胞学会 評議員・細胞診専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
臨床研修指導医

受賞・著書・論文など

【受賞】
日本産科婦人科学会学術奨励賞 (婦人科腫瘍部門)、 平成22年度
【著書】
松本光司:「子宮頸がん検診、HPV検査」、監修:小西郁生.今日の臨床サポート (電子教科書).永井良三,福井次矢,木村健二郎,上村直実,桑島巌,今井靖,嶋田元,編.エルゼビア・ジャパン,2013年〜 2016年(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/)
【論文】
1. Matsumoto K, Maeda H, Oki A, Takatsuka N, Yasugi T, Furuta R, Hirata R, Mitsuhashi A, Kawana K, Fujii

【受賞】
日本産科婦人科学会学術奨励賞 (婦人科腫瘍部門)、 平成22年度
【著書】
松本光司:「子宮頸がん検診、HPV検査」、監修:小西郁生.今日の臨床サポート (電子教科書).永井良三,福井次矢,木村健二郎,上村直実,桑島巌,今井靖,嶋田元,編.エルゼビア・ジャパン,2013年〜 2016年(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/)
【論文】
1. Matsumoto K, Maeda H, Oki A, Takatsuka N, Yasugi T, Furuta R, Hirata R, Mitsuhashi A, Kawana K, Fujii T, Iwata T, Hirai Y, Yokoyama M, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, Yoshikawa H. Human leukocyte antigen class II DRB1*1302 allele protects against cervical cancer: at which step of multistage carcinogenesis? Cancer Sci 2015;106:1448-54
2. Nakamura Y, Matsumoto K, Satoh T, Nishide K, Nozue A, Shimabukuro K, Endo S, Nagai K, Oki A, Minaguchi T, Morishita Y, Noguchi M, Yoshikawa H. Optimizing biopsy procedures during colposcopy for women with abnormal cervical cancer screening results: a multicenter prospective study. Int J Clin Oncol. 2015;20:579-85.
3. Matsumoto K, Yaegashi N, Iwata T, Ariyoshi K, Fujiwara K, Shiroyama Y, Usami T, Kawano Y, Horie K, Kawano K, Noda K, Yoshikawa H; for MINT Study Group. Monitoring the Impact of a National HPV Vaccination Program in Japan (MINT Study): Rationale, Design and Methods. Jpn J Clin Oncol. 2014;44:1000-3
4. Matsumoto K, Yoshikawa H. Human Papillomavirus Infection and Risk for Cervical Cancer in Japan. J Obstet Gynecol Res 2013;39:7-17 (Review)
5. Matsumoto K, Oki A, Furuta R, Maeda H, Yasugi T, Takatsuka N, Hirai Y, Mitsuhashi A, Fujii T, Iwasaka T, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, Kitagawa T, Yoshikawa H. Predicting the Progression of Cervical Precursor Lesions by Human Papillomavirus Genotyping: A Prospective Cohort Study. Int J Cancer 2011;128:2898-910.
6. Matsumoto K, Oki A, Furuta R, Maeda H, Yasugi T, Takatsuka N, Hirai Y, Mitsuhashi A, Fujii T, Iwasaka T, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, Kitagawa T, Yoshikawa H. Tobacco Smoking and Regression of Low-Grade Cervical Abnormalities, Cancer Sci 2010:101:2065-73.
7. Matsumoto K, Yasugi T, Oki A, Fujii T, Nagata C, Sekiya S, Hoshiai H, Taketani Y, Kanda K, Kawana T, Yoshikawa H. IgG antibodies to HPV16, 52, 58 and 6 L1-capsids and spontaneous regression of cervical intraepithelial neoplasia. Cancer Lett. 2006;231:309-313.
8. Matsumoto K, Leggatt GR, Zhong J, Liu X, De Kluyver RL, Peters T, Fernando GJP, Liem A, Lambert PF, Frazer IH. Impaired antigen presentation and effectiveness of combined active/passive immunotherapy for epithelial tumors. J Natl Cancer Inst 2004;96:1611-1619.
9. Matsumoto K, Yasugi T, Nakagawa S, Okubo M, Hirata R, Maeda H, Yoshikawa H, Taketani Y. Human papillomavirus type 16 E6 variants and HLA class II alleles among Japanese women with cervical cancer. Int J Cancer 2003;106:919-922.
10. Matsumoto K, Yoshikawa H, Yasugi T, Onda T, Nakagawa S, Yamada M, Kawana K, Minaguchi T, Oda K, Hasumi Y, Taketani Y. Distinct lymphatic spread of endometrial carcinoma in comparison with cervical and ovarian carcinomas. Cancer Lett 2002;180:83-89.

続きを見る

所属している医療機関

昭和大学病院

東京都品川区旗の台1丁目5-8
東京急行電鉄大井町線「旗の台」駅 徒歩3分

診療時間

  • 曜日
  • 診察時間
  • 08:00〜11:00
  • 08:00〜11:00
  • 08:00〜11:00
  • 08:00〜11:00
  • 08:00〜11:00
  • 08:00〜11:00
  • 面会時間

※ 8:00~11:00 原則紹介制、一部診療科予約制 診療は8:30~17:00 科により異なる 一部診療科は昭和大学病院附属東病院にて対応(代表TEL共通) 創立記念日(11/15)休診 臨時休診あり

松本 光司 先生の記事