学校法人慈恵大学 理事長、東京慈恵会医科大学 前学長・名誉教授

栗原 敏 くりはら さとし 先生

発光蛋白イクオリンを骨格筋、心筋細胞に応用して、細胞内Caイオン濃度を経時的に収縮と同時測定し、細胞内Caイオン濃度変化と収縮・弛緩との関係を明らかにした。また、心筋に対する、自律神経系伝達物質の作用機序、スターリング効果の細胞内機序、急速冷却時の細胞内Caイオン動態と収縮との関係などを解明した。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 基礎医学
  • 筋肉生理学、心筋及び骨格筋の興奮収縮連関機構、特に細胞内Caイオンと収縮・弛緩の関係。

資格・学会・役職

  • 自然科学研究機構 元経営協議会委員
  • 日本学術会議連携会員 元連携会員
  • 日本宇宙航空環境医学会 理事(元理事長)
  • 日本生物物理学会 会員
  • 日本適応医学会 理事 ・名誉会員
  • 日本疲労学会 評議員
  • 国際心臓研究学会日本部会 功労会員
  • 日本平滑筋学会 名誉会員
  • 日本私立医科大学協会 副会長(教育・研究部会担当)
  • 社団法人医療系大学間共用試験実施評価機構 理事
  • 医学系大学倫理委員会連絡会議 監事
  • 公益財団法人医学教育振興財団 評議員
  • 公益財団法人日米医学医療交流財団 評議員
  • 公益財団法人上原記念生命科学財団 理事
  • 公益財団法人明治安田厚生事業団 理事
  • 公益財団法人日本心臓血圧振興会 評議員
  • 独立行政法人宇宙航空研究開発機構 有人サポート委員会委員長
  • 学校法人慈恵大学 理事長
  • 東京慈恵会医科大学 前学長・名誉教授
  • 医学博士 取得
  • 東京慈恵会医科大学 元看護学科長
  • 日本体力医学会 理事
  • 元日本学術会議第7部会 体力科学研究連絡委員
  • 日本生理学会 評議員(前理事長)
  • 日本病態生理学会 理事

所属病院

東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

  • 救急科 総合診療科 消化器内科 肝臓内科 脳神経内科 腎臓内科 リウマチ科 膠原病内科 循環器内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 腫瘍内科 血液内科 呼吸器内科 感染症内科 精神神経科 小児科 消化器外科 肝胆膵外科 乳腺外科 呼吸器外科 血管外科 小児外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 心臓血管外科 婦人科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 頭頸部外科 皮膚科 リハビリテーション科 歯科 脊椎脊髄外科 緩和ケア内科 産科 放射線科
  • 東京都港区西新橋3丁目19-18
  • 都営三田線 御成門 A5出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線 神谷町 3出口 徒歩7分 東京メトロ銀座線 虎ノ門 1番出口 徒歩10分
  • 03-3433-1111
公式ウェブサイト
東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

医療記事

来歴等

略歴

1971年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
1971年- 東京慈恵会医科大学第二生理学教室 助手
1976年- 東京慈恵会医科大学第二生理学教室 講師
1978年- 英国University College London生理学教室 留学
1979年- 米国Mayo Clinic薬理学教室 留学
1980年- 東京慈恵会医科大学第二生理学教室 助教授
1986年- 東京慈恵会医科大学第二生理学教室(現、細胞生理学講座) 教授
1992年- 東京慈恵会医科大学医学部看護学科 兼担教授
2001年- 東京慈恵会医科大学 学長(2013年まで)
    東京慈恵会医大学医学部看護学科長(2008年まで)
2001年- 学校法人慈恵大学 理事
2003年- 学校法人慈恵大学 理事長(現在に至る)
2012年- 東京慈恵会医科大学 名誉教授

論文

・Allen D.G., Kurihara S: The effects of muscle length on intracellular calcium transients in mammalian cardiac muscle. J Physiol 327: 79-94, 1982.
・Kurihara S, Konishi M, Miyagishima T, Sakai T: Effects of enflurane on exitation-contraction coupling in frog skeletal muscle fibers. Pflügers Archiv 402(2): 345-352, 1984.
・Konishi M, Kurihara S, Sakai T: The effects of caffeine on tension development and intracellular calcium transients in rat ventricular muscle. J Physiol 355: 605-618, 1984.
・Kurihara S, Sakai T: Effects of rapid cooling on mechanical and electrical responses in ventricular muscle of guinea-pig. J Physiol 361: 361-378, 1985.
・Konishi M, Kurihara S, Sakai T: Change in intracellular calcium ion concentration induced by caffeine and rapid cooling in frog skeletal muscle fibres. J Physiol 365: 131-146, 1985.
・Kurihara S, Konishi M: Effects of β-adrenoceptor stimulation on intracellular Ca transients and tension in rat ventricular muscle. Pflügers Archiv 409: 427-437, 1987.
・Konishi M, Kurihara S: Effects of caffeine on intracellular calcium concentration in frog skeletal muscle fibres. J Physiol 383: 269-283, 1987.
・Kurihara S, Saeki Y, Hongo K, Tanaka E, Suda N: Effects of length change on intracellular Ca2+ transients in ferret ventricular muscle treated with 2,3-butanedione monoxime (BDM). Jpn J Physiol 40: 915-920, 1990.
・Okazaki O, Suda N, Hongo K, Konishi M, Kurihara S: Modulation of Ca2+ transients and contractile properties by β-adrenoceptor stimulation in ferret ventricular muscles. J Physiol 423: 221-240, 1990.
・Hongo K, Tanaka E, Kurihara S: Alterations in contractile properties and Ca2+ transients by β-and muscarinic receptor stimulations in ferret myocardium. J Physiol 461: 167-184, 1993.
・Hongo K, Tanaka E, Kurihara S: Mechanism of the effects of acetylcholine on the contractile properties and Ca2+ transients in ferret ventricular muscles. J Physiol 461: 185-199, 1993.
・Kurihara S: Regulation of cardiac muscle contraction by intracellular Ca2+ . Jpn J Physiol 44: 591-611, 1994.
・Komukai K, Kurihara S: Effects of adenosine on Ca2+ transients and tension in aequorin-injected ferret papillary muscles. Pflügers Archiv 428: 357-363, 1994.
・Kurihara S, Komukai K: Tension-dependent changes of the intracellular Ca2+ transients in ferret ventricular muscles. J Physiol 489: 617-625, 1995.
・Mio Y, Fukuda N, Kusakari Y, Tanifuji Y, Kurihara S: Bupivacaine attenuates contractility by decreasing sensitivity of myofilaments to Ca2+ in rat ventricular muscle. Anesthesiology 97(5): 1168-1177, 2002.
・O-Uchi J, Komukai K, Kusakari Y, Hongo K, Sasaki H, Kurihara S: 1-adrenoceptor stimulation potentiates L-type Ca2+current through Ca2+/calmodulin-dependent PKⅡ(CaMKⅡ)activation in rat ventricular myocytes. PNAS 102(26): 9400-9405,2005.
・Komukai K, O-Uchi J, Morimoto S, Kawai M, Hongo K, Yoshimura M, Kurihara S: Role of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase Ⅱ in the regulation of the cardiac L-type Ca2+ current during endothelin-1 stimulation. Am J Physiol Heart Circ Physiol 298: H1902-H1907, 2010.

著書

リッピンコットシリーズ イラストレイテッド生理学(監訳)、丸善、2014年
医療入門-よりよいコラボレーションのために(監修)、丸善、2006年
学生のための生理学、(中野昭一、白石武昌、栗原 敏著)医学書院、1995年
・Kurihara S, Konishi M, Sakai T: Changes in [Ca2+]i induced by rapid cooling of single skeletal muscle fibres treated with low concentration of caffeine. In”Contractile Mechanisms in Muscle”, Plenum Publishing Corporation, pp.565-568, 1984.
・Kurihara S, Konishi M. Effects of isoproterenol and CO2 acidosis in intracellular Ca transients and tension in rat ventricular muscle. In ”Cardiac function under ischemia and hypoxia”, The University of Nagoya press, pp.287-301, 1986.
・Kurihara K, Tanaka E, Hongo K: Regulation of intracellular calcium transients and contractile properties by autonomic neurotransmitters in mammalian cardiac muscles. In”The Adapted Heart”, Raven Press, Ltd., pp.385-391, 1994.

その他

  • 【受賞】日本宇宙航空環境医学会学会功労賞(2013年)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師