中野 匡 先生のプロフィール

中野 匡 先生

なかの ただし

中野 匡 先生

東京慈恵会医科大学 眼科学講座 主任教授

専門分野

緑内障、視野

紹介

1987年に東京慈恵会医科大学を卒業。2017年に同大学 眼科学講座の教授に就任。緑内障の診断、治療、新たな視機能検査の開発に注力するほか、眼科疾患のスクリーニング、眼科検診の再整備について積極的に取り組んでいる。日本緑内障学会理事、日本視野画像学会理事、日本産業・労働・交通眼科学会理事、2019年からは東京慈恵会医科大学附属病院副院長に就任。

略歴

1987年 東京慈恵会医科大学 医学部卒業
1989年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 助手
1995年 神奈川県立厚木病院 眼科 主任医長
2005年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 講師
2013年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 准教授
2017年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 主任教授
2019年 東京慈恵会医科大学 附属病院 副院長兼任

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本眼科学会
日本眼科手術学会
日本産業衛生学会
日本人間ドック学会 社員
日本緑内障学会   理事・評議員
日本視野画像学会  理事・評議員
日本産業・労働・交通眼科学会 理事

受賞・著書・論文など

【著書】
中野匡.視野検査における特徴.眼科臨床エキスパートAll About 原発閉塞隅角緑内障.東京:医学書院、2014:147-52.
中野匡.よくある視野のアーチファクト.眼科グラフィック.東京:メディア出版、2014:137-41.
中野匡.視神経乳頭の形態による分類と留意点.実践緑内障(眼底所見で診る緑内障乳頭).東京:文光堂、2015:39-46.
中野匡. (編集企画)Monthly Book OCULISTA No55. 東京: 全日本病院出版会, 2017
中野匡. 眼科ドック. 篠原幸人編. 人間ドック健診の実際. 東京: 文光堂, 2017; 205-8.

【論文】
1)Tatemichi M, Nakano T, Tanaka K, Hayashi T, Nawa T, Miyamoto T, et al. Possible association between heavy computer users and glaucomatous visual field abnormalities: a cross sectional study in Japanese workers. J Epidemiol Community Health 2004;58(12):1021-7.
2)Nakano T, Tatemichi M, Miur

【著書】
中野匡.視野検査における特徴.眼科臨床エキスパートAll About 原発閉塞隅角緑内障.東京:医学書院、2014:147-52.
中野匡.よくある視野のアーチファクト.眼科グラフィック.東京:メディア出版、2014:137-41.
中野匡.視神経乳頭の形態による分類と留意点.実践緑内障(眼底所見で診る緑内障乳頭).東京:文光堂、2015:39-46.
中野匡. (編集企画)Monthly Book OCULISTA No55. 東京: 全日本病院出版会, 2017
中野匡. 眼科ドック. 篠原幸人編. 人間ドック健診の実際. 東京: 文光堂, 2017; 205-8.

【論文】
1)Tatemichi M, Nakano T, Tanaka K, Hayashi T, Nawa T, Miyamoto T, et al. Possible association between heavy computer users and glaucomatous visual field abnormalities: a cross sectional study in Japanese workers. J Epidemiol Community Health 2004;58(12):1021-7.
2)Nakano T, Tatemichi M, Miura Y, Sugita M, Kitahara K. Long-term Physiological Changes of Intraocular Pressure: A 10-year Longitudinal Analysis in Young and Middle-aged Healthy Population of Japanese Men. Ophthalmology 2005; 51:43-51.
3)Nakano T, Yoshikawa K, Kimura T, Suzumura H, Nanno M, Noro T. Efficacy and safety of tafluprost in normal-tension glaucoma with an intraocular pressure of 16 mmHg or less. Jpn J Ophthalmol 2011; 55(6):605-13.
4)Nakano T, Mizoue S, Fuse N, Iwase A, Matsumoto S, Yoshikawa K. Fixed Combination of Travoprost and Timolol Maleate Reduces Intraocular Pressure in Japanese Patients with Primary Open-Angle Glaucoma or Ocular Hypertension: A Prospective Multicenter Open-Label Study. Adv Ther. 2015;32(9):823-37.
5)Noro T, Namekata K, Azuchi Y, Kimura A, Guo X, Harada C, Nakano T, Tsuneoka H, Harada T. Spermidine Ameliorates Neurodegeneration in a Mouse Model of Normal Tension Glaucoma. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2015 ;56(8):5012-9.
6)Noro T, Namekata K, Kimura A, Guo X, Azuchi Y, Harada C, Nakano T, Tsuneoka H, Harada T. Spermidine promotes retinal ganglion cell survival and optic nerve regeneration in adult mice following optic nerve injury. Cell Death Dis. 2015 Apr 16;6:e1720. doi: 10.1038/cddis.2015.93.
7)Nakano T, Inoue R, Kimura T, Suzumura H, Tanino T, Yamazaki Y, Yoshikawa K, Tatemichi M. Effects of Brinzolamide, a Topical Carbonic Anhydrase Inhibitor, on Corneal Endothelial Cells. Adv Ther. 2016 Aug;33(8):1452-9.
8)Nakano T, Kodaka F, Tsuneoka H. Differences in Neuroticism Between  Patients with Glaucoma Who Have Discontinued Visits to Ophthalmologists and Those Who Make Regular Visits: Implications for Adherence to Topical Glaucoma Medications. Ophthalmol Ther. 2016 Dec; 5(2): 207-14.
9)Nakano T, Kawashima M, Hiratsuka Y, Tamura H, Ono K, Murakami A, Tsubota K, Yamada M. Assessment of quality of life in patients with visual impairments using a new visual function questionnaire: the VFQ-J11. Clin Ophthalmol. 2016 Oct 7; 10: 1939-44.
10)Nakano T, Hayashi T, Nakagawa T, Honda T, Owada S, Endo H, Tatemichi M. Increased Incidence of Visual Field Abnormalities as Determined by FrequencyDoubling Technology Perimetry in High Computer Users Among Japanese Workers: A Retrospective Cohort Study. J Epidemiol. 2018 Apr 5;28(4):214-9.

続きを見る

中野 匡 先生 の記事