新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京慈恵医科大学 内科学講座神経内科 准教授、東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 神経内科 診療部長、東京大学医科学研究所 非常勤講師、東京都健康長寿医療センターポジトロン研究所 協力研究員

鈴木 正彦 すずき まさひこ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 脳神経核医学(SPECT/PET)

資格・学会・役職

  • 東京慈恵医科大学 内科学講座神経内科 准教授
  • 東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 神経内科 診療部長
  • 東京大学医科学研究所 非常勤講師
  • 東京都健康長寿医療センターポジトロン研究所 協力研究員
  • 日本神経治療学会 理事
  • 日本脳血管・認知症学会 理事
  • 日本神経学会 代議員 関東地方会世話人
  • 日本神経学会 代議員 関東地方会世話人
  • 日本認知症予防学会 評議員
  • 日本自律神経学会 評議員
  • 日本脳卒中学会 評議員
  • 日本核医学会 評議員
  • 日本脳循環代謝学会 評議員
  • 日本脳神経CI学会 世話人
  • 日本脳神経核医学研究会 運営委員
  • 日本適応医学会 評議員
  • 脳機能画像研究会 プログラム委員
  • 【東京慈恵会医科大学関連】 葛飾医療センター病院システム委員長 広報委員長 脳死判定委員長 東京慈恵会医科大学雑誌編集委員
  • 葛飾区医師会 認知症対策委員会副委員長
  • Patient Doctors Network 理事

所属病院

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター

  • 内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都葛飾区青戸6丁目41-2
  • 京成本線「青砥駅」 京成電鉄押上線も利用可 徒歩10分
  • 03-3603-2111
東京慈恵会医科大学葛飾医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1990年 東京慈恵医科大学卒業
1994年 東京大学神経内科 客員研究員
1998年 ミシガン大学内科核医学ニューロサイエンス リサーチフェロー
2007年 東京慈恵医科大学神経内科 講師
2008年 東京慈恵医科大学葛飾医療センター神経内科 診療部長
2014年 東京慈恵医科大学内科学講座神経内科 准教授

論文

【業 績】
1. Suzuki M, Mitoma H, Yoneyama M.Quantitative analysis of motor status in Parkinson's disease using wearabledevices:
From methodological considerations to problems in clinical applications. Parkinsons Dis. 2017;6139716. doi: 10.1155/2017/6139716. Epub 2017 May 18.
2. 鈴木正彦, 川崎敬一. 認知症・パーキンソン症候群 臨床と画像との対応 -MRI・SPECTを中心に-. 金原出版. 東京. 2016;1-181.
3. 鈴木正彦. 認知症とパーキンソン症候群の鑑別診断におけるDAT SPECTの役割. 自律神経. 2016;53:163-67.
4. 鈴木正彦, 中島一郎, 中村治雅. 神経疾患に関する医療ニーズ調査. 神経治療学. 2015;31:723-66.

【論文】
Masahiko Suzuki, Masayuki Yoshioka, Masaya Hashimoto, Maiko Murakami, Miki Noya, Daisuke Takahashi, Mitsuyoshi Urashima :Randomized,double-blind,placebo-controlled trial of vitamin D supplementation in Parkinson disease. Am J Clin Nutr 2013;97:1004-13
Masahiko Suzuki, Masayuki Yoshioka, Masaya Hashimoto, Maiko Murakami, Keiichi Kawasaki, Miki Noya, Daisuke Takahashi, Mitsuyoshi Urashima :25-Hydroxyvitamin D, Vitamin D Receptor Gene Polymorphisms, and Severity of Parkinson’s Disease. Movement Disorders Vol.27, No.2, 2012
Satoshi Orimo, Masahiko Suzuki, Akira Inaba, Hidehiro Mizusawa :123I-MIBG myocardial scintigraphy for differentiating Parkinson’s disease from other neurodegenerative parkinsonism :A systematic review and meta-analysis. Parkinsonism and Related Disorders 18(2012)494-500
Masahiko Suzuki, Masaya Hashimoto, Masayuki Yoshioka, Maiko Murakami, Keiichi Kawasaki, Mitsuyoshi Urashima :The odor stick identification test for Japanese differentiates Parkinson’s disease from multiple system atrophy and progressive supra nuclear palsy. BMC Neurology 2011,11:157
Masahiko Suzuki, Akira Kurita, Masaya Hashimoto, Nobuyoshi Fukumitsu, Masahiro Abo, Yasuhiko Ito, Mitsuyoshi Urashima, Kiyoharu, Inoue :Impaired myocardial 123I-metaiodobenzylguanidine uptake in Lewy body disease:Comparison between dementia with Lewy bodies and Parkinson’s disease.Journal of the Neurologoical Sciences 240(2006)15-19

鈴木正彦,井上聖啓,北村伸,三品雅洋,三谷和子,山之内博,織田圭一,木村裕一,石渡喜一,石井賢二:Parkinson病の線条体における節前・節後dopamine機能の相関的解析 −A Novel Voxel Based Analysis−.CI研究25 (4):237-244,2003
鈴木正彦:パーキンソン病の治療.綜合臨牀 2006.12/Vol.55/No.12
鈴木正彦:3D-SSPを用いたSPECTによるパーキンソン症候群の鑑別診断.MB Med Reha No.132:169-175,2011
鈴木正彦:パーキンソン病治療 認知症.Clinical Neuroscience別冊 Vol.29 No.5 2011
鈴木正彦:プラミペキソールとL-ドーパ併用時に亜急性に発症する可逆性antecollisについて.Frontiers in Parkinson Disease Vol.3 No.2 2010
鈴木正彦:3D-SSPを用いた123I-IMP SPECTによる各種パーキンソン症候群のtwo tail viewパターン.脳循環代謝 23 (2):175-180, 2012

その他

  • 【受賞】 日本核医学会賞

  • 【受賞】東京都医師会医学研究賞

  • 【受賞】慈恵医師会研究奨励賞

  • 【受賞】博慈会老人病研究所優秀論文賞

  • 【受賞】Parkinson’s Disease Forum ベストポスター賞

  • 【研究テーマ】脳核医学による認知症・パーキンソン症候群の病態解明

  • 【研究テーマ】神経変性疾患におけるビタミンD受容体遺伝子多型解析と進行抑制研究

  • 【研究テーマ】Portable gait rhythmogramによるパーキンソン病の歩行解析

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。