東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科 主任教授

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医 日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医 日本肝臓学会 肝臓専門医 日本医師会 認定産業医

猿田 雅之 さるた まさゆき 先生

東京慈恵会医科大学医学部および大学院博士課程を卒業する。その後アメリカへの留学などを経て当時最年少で、東京慈恵会医科大学内科学講座消化器・肝臓内科の主任教授となる。臨床と研究の両立をしながら、日々患者さんのために全力を尽くしている。

猿田先生のストーリー記事

医師とは患者さんのために全力を尽くす仕事
医師とは患者さんのために全力を尽くす仕事

精力的に新しいことへ挑戦する猿田雅之先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 炎症性腸疾患および消化管疾患全般

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医
日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本医師会 認定産業医
  • 東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科 主任教授
  • 日本内科学会 評議員
  • 日本消化器病学会 認定医/学会評議員/ガイドライン委員会(炎症性腸疾患)/卒後教育委員会委員/肥満・栄養と消化器疾患委員会委員/専門医試験実施判定委員会(下部:内科)委員
  • 日本消化器内視鏡学会 学術評議員
  • 日本カプセル内視鏡学会 認定医/指導医
  • 日本消化器免疫学会 評議員
  • 日本小腸学会 理事
  • 厚生労働省 科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班 研究分担者
  • 東京薬科大学 薬学部 客員教授

所属病院

東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

  • 救急科 総合診療科 消化器内科 肝臓内科 脳神経内科 腎臓内科 リウマチ科 膠原病内科 循環器内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 腫瘍内科 血液内科 呼吸器内科 感染症内科 精神神経科 小児科 消化器外科 肝胆膵外科 乳腺外科 呼吸器外科 血管外科 小児外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 心臓血管外科 婦人科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 頭頸部外科 皮膚科 リハビリテーション科 歯科 脊椎脊髄外科 緩和ケア内科 産科 放射線科
  • 東京都港区西新橋3丁目19-18
  • 都営三田線 御成門 A5出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線 神谷町 3出口 徒歩7分 東京メトロ銀座線 虎ノ門 1番出口 徒歩10分
  • 03-3433-1111
公式ウェブサイト
東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

来歴等

略歴

1997年 東京慈恵会医科大学医学部医学科 卒業
1999年 同大学医学部内科学、消化器・肝臓内科 医員 
2002年 同大学医学部 大学助手
2002年 同大学大学院 医学研究科 臨床系内科学専攻 博士課程 入学
2002年 - 2004年 東北大学大学院 医学系研究科 医科学専攻 病理学講座 病理診断学分野 国内留学
2005年 東京慈恵会医科大学大学院 医学研究科 臨床系内科学専攻 博士課程 修了
2005年 米国ロサンゼルス、Cedars-Sinai Medical Center, Inflammatory Bowel Disease Centerへ留学 (Researcher Post Doctor 博士研究員)
2007年 東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科 診療医員
2012年 東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科 診療医長
2012年 東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科 講師
2013年 東京慈恵会医科大学 (学校法人 慈恵大学) 大学評議員 
2016年 東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科 主任教授 
現在に至る

論文

1. Ito K, Mitsunaga M, Nishimura T, Saruta M, Iwamoto T, Kobayashi H, Tajiri H. Near-Infrared Photochemoimmunotherapy by Photoactivatable Bifunctional Antibody-Drug Conjugates Targeting Human Epidermal Growth Factor Receptor 2 Positive Cancer. Bioconjug Chem. 2017 May 17;28(5):1458-1469. PLoS One. 2017 Apr 4;12(4):e0174985. Bioconjug Chem. 2017 May 17;28(5):1458-1469.

2. Mitsuishi T, Hamatani S, Hirooka S, Fukasawa N, Aizawa D, Hara Y, Dobashi A, Goda K, Fukuda T, Saruta M, Urashima M, Ikegami M. Clinicopathological characteristics of duodenal epithelial neoplasms: Focus on tumors with a gastric mucin phenotype (pyloric gland-type tumors). PLoS One. 2017 Apr 4;12(4):e0174985.

3. Nakagawa R, Muroyama R, Saeki C, Goto K, Kaise Y, Koike K, Nakano M, Matsubara Y, Takano K, Ito S, Saruta M, Kato N, Zeniya M. miR-425 regulates inflammatory cytokine production in CD4+ T cells via N-Ras upregulation in primary biliary cholangitis. J Hepatol. 2017 Jun;66(6):1223-1230.

4. Torisu Y, Nakano M, Takano K, Nakagawa R, Saeki C, Hokari A, Ishikawa T, Saruta M, Zeniya M. Clinical usefulness of ursodeoxycholic acid for Japanese patients with autoimmune hepatitis. World J Hepatol. 2017 Jan 8;9(1):57-63.

5. Miyazaki R, Arihiro S, Hayashi E, Kitahara T, Oki S, Kamba S, Ide D, Komoike N, Satoh K, Kato T, Saruta M, Tajiri H, Aoki H, Omura N, Mitsumori N, Mitsuishi T, Yanagisawa H, Takahashi H. A Giant Gastrointestinal Stromal Tumor of the Stomach with Extramural Growth. Case Rep Gastroenterol. 2016 Jun 27;10(2):344-351.

6. Ito K, Mitsunaga M, Arihiro S, Saruta M, Matsuoka M, Kobayashi H, Tajiri H. Molecular targeted photoimmunotherapy for HER2-positive human gastric cancer in combination with chemotherapy results in improved treatment outcomes through different cytotoxic mechanisms. BMC Cancer. 2016 Jan 25;16:37.

7. Yamaguchi S, Takeuchi Y, Arai K, Fukuda K, Kuroki Y, Asonuma K, Takahashi H, Saruta M, Yoshida H. Fecal calprotectin is a clinically relevant biomarker of mucosal healing in patients with quiescent ulcerative colitis. J Gastroenterol Hepatol. 2015 Jul 25. doi: 10.1111/jgh.13061.

8. Lymphocyte Homing Antagonists in the Treatment of Inflammatory Bowel Diseases.
Saruta M, Papadakis KA.Gastroenterol Clin North Am. 2014 Sep;43(3):581-601.

9. Arai Y, Arihiro S, Matsuura T, Kato T, Matsuoka M, Saruta M, et al. Prostaglandin E-major urinary metabolite as a reliable surrogate marker for mucosal inflammation in ulcerative colitis. Inflamm Bowel Dis. 2014 ; 20 :1208-16.

10. Efficacy of zinc-carnosine chelate compound, Polaprezinc, enemas in patients with ulcerative colitis.
Itagaki M, Saruta M, Saijo H, Mitobe J, Arihiro S, Matsuoka M, Kato T, Ikegami M, Tajiri H.
Scand J Gastroenterol. 2014 Feb;49(2):164-72.

11. TLR8-mediated activation of human monocytes inhibits TL1A expression.
Saruta M, Michelsen KS, Thomas LS, Yu QT, Landers CJ, Targan SR.
Eur J Immunol. 2009 Aug;39(8):2195-202.

12. Capsule endoscopy in the evaluation and management of inflammatory bowel disease: a future perspective.
Saruta M, Papadakis KA.
Expert Rev Mol Diagn. 2009 Jan;9(1):31-6. Review.

13. High-frequency haplotypes in the X chromosome locus TLR8 are associated with both CD and UC in females.
Saruta M, Targan SR, Mei L, Ippoliti AF, Taylor KD, Rotter JI.
Inflamm Bowel Dis. 2009 Mar;15(3):321-7.

14. Why are cytokines targeted for biological therapy in IBD?
Saruta M, Papadakis KA.
Inflamm Bowel Dis. 2008 Oct;14 Suppl 2:S121-2. No abstract available. Erratum in: Inflamm Bowel Dis. 2009 Sep;15(9):1438-47.

15. Expression of peptide YY in human brain and pituitary tissues.
Morimoto R, Satoh F, Murakami O, Totsune K, Saruta M, Suzuki T, Sasano H, Ito S, Takahashi K.
Nutrition. 2008 Sep;24(9):878-84.

16. Visilizumab induces apoptosis of mucosal T lymphocytes in ulcerative colitis through activation of caspase 3 and 8 dependent pathways.
Yu QT, Saruta M, Papadakis KA.
Clin Immunol. 2008 Jun;127(3):322-9.

17. Characterization of FOXP3+CD4+ regulatory T cells in Crohn's disease.
Saruta M, Yu QT, Fleshner PR, Mantel PY, Schmidt-Weber CB, Banham AH, Papadakis KA.
Clin Immunol. 2007 Dec;125(3):281-90.

18. Phenotype and effector function of CC chemokine receptor 9-expressing lymphocytes in small intestinal Crohn's disease.
Saruta M, Yu QT, Avanesyan A, Fleshner PR, Targan SR, Papadakis KA.
J Immunol. 2007 Mar 1;178(5):3293-300.
19. Expression and functional characterization of FOXP3+ CD4+ regulatory T cells in ulcerative colitis.
Yu QT, Saruta M, Avanesyan A, Fleshner PR, Banham AH, Papadakis KA.
Inflamm Bowel Dis. 2007 Feb;13(2):191-9.

20. Expression of urocortin 3/stresscopin in human adrenal glands and adrenal tumors.
Takahashi K, Totsune K, Saruta M, Fukuda T, Suzuki T, Hirose T, Imai Y, Sasano H, Murakami O.
Peptides. 2006 Jan;27(1):178-82.

21. Urocortin 3/stresscopin in human colon: possible modulators of gastrointestinal function during stressful conditions.
Saruta M, Takahashi K, Suzuki T, Fukuda T, Torii A, Sasano H.
Peptides. 2005 Jul;26(7):1196-206.

22. Urocortin 1, urocortin 3/stresscopin, and corticotropin-releasing factor receptors in human adrenal and its disorders.
Fukuda T, Takahashi K, Suzuki T, Saruta M, Watanabe M, Nakata T, Sasano H.
J Clin Endocrinol Metab. 2005 Aug;90(8):4671-8.

23. E4F1, a novel estrogen-responsive gene in possible atheroprotection, revealed by microarray analysis.
Nakamura Y, Igarashi K, Suzuki T, Kanno J, Inoue T, Tazawa C, Saruta M, Ando T, Moriyama N, Furukawa T, Ono M, Moriya T, Ito K, Saito H, Ishibashi T, Takahashi S, Yamada S, Sasano H.
Am J Pathol. 2004 Dec;165(6):2019-31.

24. Urocortin 1 in colonic mucosa in patients with ulcerative colitis.
Saruta M, Takahashi K, Suzuki T, Torii A, Kawakami M, Sasano H.
J Clin Endocrinol Metab. 2004 Nov;89(11):5352-61.

25. Expression of urocortin III/stresscopin in human heart and kidney.
Takahashi K, Totsune K, Murakami O, Saruta M, Nakabayashi M, Suzuki T, Sasano H, Shibahara S.
J Clin Endocrinol Metab. 2004 Apr;89(4):1897-903.

その他

  • 【受賞】 2008年 武田科学振興財団 一般研究奨励賞 受賞

  • 【受賞】2008年 Digestive Disease Week 2008 and the 109th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association優秀演題賞 受賞

  • 【受賞】2008年 慈恵医師会研究奨励賞 受賞

  • 【受賞】2008年 Japan & US Collaboration Conference in Gastroenterology: Award for JUCC Young Researchers 受賞

  • 【受賞】2014年 APAGE Clinical Forum On Inflammatory Bowel Disease 2014 : Certificate of appreciation 受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師