新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京慈恵会医科大学附属病院 病院長、東京慈恵会医科大学 小児科 主任教授

日本小児科学会 小児科専門医

井田 博幸 いだ ひろゆき 先生

小児科医として先天代謝異常症の研究・臨床に長く携わっており、世界的に知られる専門家である。希少な疾患であるライソゾーム病の啓蒙に努めるとともに、患者さんへの情報提供や悩みを聞く活動を行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 先天代謝異常症

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医
  • 東京慈恵会医科大学附属病院 病院長
  • 東京慈恵会医科大学 小児科 主任教授
  • 東京都医師会 代議員
  • 日本小児科学会 代議員
  • 日本遺伝子診療学会 評議員
  • 日本先天代謝異常学会 監事

所属病院

東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

  • 救急科 総合診療科 消化器内科 肝臓内科 脳神経内科 腎臓内科 リウマチ科 膠原病内科 循環器内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 腫瘍内科 血液内科 呼吸器内科 感染症内科 精神神経科 小児科 消化器外科 肝胆膵外科 乳腺外科 呼吸器外科 血管外科 小児外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 心臓血管外科 婦人科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 頭頸部外科 皮膚科 リハビリテーション科 歯科 脊椎脊髄外科 緩和ケア内科 産科 放射線科 麻酔科 
  • 東京都港区西新橋3丁目19-18
  • 都営三田線「御成門駅」 A5出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」 3出口 徒歩7分 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」 1番出口 徒歩10分
  • 03-3433-1111
東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

医療記事

来歴等

略歴

1981年 東京慈恵会医科大学卒業
1984年 東京慈恵会医科大学小児科学講座助手
1989年 米国ジョージタウン大学小児科へ留学 Visiting Assistant Professorとして
1996年 東京慈恵会医科大学小児科学講座講師
2002年 東京慈恵会医科大学小児科学講座助教授
2008年 東京慈恵会医科大学小児科学講座主任教授
2013年 東京慈恵会医科大学附属病院 副院長
2019年 東京慈恵会医科大学附属病院 病院長

論文

1)H Ida, F Umezawa, E Kasai, Y Eto and K Maekawa. Accumulation of galactocerebroside in kidney from mouse globoid cell leukodystrophy (twitcher). Biochem Biophys Res Commun 1982; 109: 634-8.
2) H Ida, K Kusano, H Suzuki, T Tokoro and Y Eto. Galactosylceramide and galactosylsphingosine loading studies in cultured skin fibroblasts in human and murine globoid cell leukodystrophy. Biochem Biophys Res Commun 1990; 166: 1053-60.
3) H Ida, F Kawame, SU Kim and Y Eto. Abnormality in cultured oligodendrocytes and Schwann cells isolated from twitcher mouse. Molecular and Chemical Neuropathology 1991; 13: 195-204.
4) H Ida, K Iwasawa, H Kawame, OM Rennert, K Maekawa and Y Eto. Characteristics of gene mutations among 32 unrelated Japanese Gaucher disease patients: absence of the common Jewish 84GG and 1226G mutations. Hum Genet 1995; 95: 717-20.
5) H Ida, OM Rennert, H Kawame, T Ito, K Maekawa and Y Eto. Mutation screening of 17 Japanese patients with neuropathic Gaucher disease. Hum Genet 1996; 98: 167-71.
6) H Ida, OM Rennert, H Kawame, K Maekawa and Y Eto. Mutation prevalence among 47 unrelated Japanese patients with Gaucher disease: identification of four novel mutations. J Inher Metab Dis 1997; 20: 67-73.
7) H Ida, OM Rennert, T Ito, K Maekawa and Y Eto. Type 1 Gaucher disease: phenotypic expression and natural history. Blood Cells, Molecules, and Diseases 1998; 24: 73-81.
8) H Ida, OM Rennert, S Kato, T Ueda, K Oishi, K Maekawa et al. Severe skeletal complications in Japanese patients with type 1 Gaucher disease. J Inher Metab Dis 1999; 22: 63-73.
9) H Ida, OM Rennert, K Iwasawa, M Kobayashi and Y Eto. Clinicaland genetic studies of Japanese homozygotes for the Gaucher disease L444P mutation. Hum Genet1999; 105: 120-6.
10) H Ida, OM Rennert, M Kobayashi and Y Eto. Effects of enzyme replacement therapy in 13 Japanese pediatric patients with Gaucher disease. Eur J Pediatr 2001; 160: 21-5.

その他

  • 【受賞】2000年 3 月 東京都医師会 東京都医師会医学研究賞受賞

  • 【受賞】2001年11月 日本先天代謝異常学会 日本先天代謝異常学会研究奨励賞受賞

  • 【受賞】2007年12月 米国小児科学会 米国小児科学会名誉会員

  • 【受賞】2015年11月 日本先天代謝異常学会 日本先天代謝異常学会学会賞受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師