新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

社会保険診療報酬支払基金東京支部 医療顧問、東京慈恵会医科大学 客員教授、東京慈恵会医科大学附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 客員診療医長

日本糖尿病学会 糖尿病専門医 日本内科学会 認定内科医 日本医師会 認定産業医

横田 邦信 よこた くにのぶ 先生

東京慈恵会医科大学・同大学大学院卒業後、富士市立中央病院内科医長、横須賀北部共済病院内科部長、東京慈恵医科大学准教授、同附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科診療医長、同大学医療保険指導室長、同大学教授(大学直属)を経て2017年定年退職し現在東京慈恵会医科大学客員教授、糖尿病・代謝・内分泌内科客員診療医長。糖尿病や生活習慣病にはマグネシウムが深く関係しているという観点から、医学的に糖尿病やメタボリックシンドローム発症のメカニズムや治療法を説く。日本社会全体に貢献している医師の一人。(横田先生が共同設立してマグネシウムに関する新しい情報を提供している(MAG21研究会):http://mag21.jp/ )

横田先生のストーリー記事

日々の積み重ねが結果につながる
日々の積み重ねが結果につながる

マグネシウムの啓発活動に人生を注いだ横田邦信先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 糖尿病内科
  • 内科

資格・学会・役職

日本糖尿病学会 糖尿病専門医
日本内科学会 認定内科医
日本医師会 認定産業医
  • 社会保険診療報酬支払基金東京支部 医療顧問
  • 東京慈恵会医科大学 客員教授
  • 東京慈恵会医科大学附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 客員診療医長
  • 日本糖尿病学会 学会功労学術評議員
  • 厚生労働省関東信越厚生局東京事務所保険指導医
  • 日本生活習慣病予防協会 参事
  • 日本健康予防医学会 理事
  • 慈恵医師会 理事

所属病院

東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

  • 救急科 総合診療科 消化器内科 肝臓内科 脳神経内科 腎臓内科 リウマチ科 膠原病内科 循環器内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 腫瘍内科 血液内科 呼吸器内科 感染症内科 精神神経科 小児科 消化器外科 肝胆膵外科 乳腺外科 呼吸器外科 血管外科 小児外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 心臓血管外科 婦人科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 頭頸部外科 皮膚科 リハビリテーション科 歯科 脊椎脊髄外科 緩和ケア内科 産科 放射線科 麻酔科 
  • 東京都港区西新橋3丁目19-18
  • 都営三田線「御成門駅」 A5出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」 3出口 徒歩7分 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」 1番出口 徒歩10分
  • 03-3433-1111
東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

医療記事

来歴等

略歴

1978年 東京慈恵会医科大学 卒業
1978年  国立東京第二病院(現 国立東京医療センター)研修医
1980年 東京慈恵会医科大学大学院修了 医学博士取得
1985年 東京慈恵会医科大学第三内科学教室助手
〃   富士市市立中央病院内科医長
1989年 横須賀北部共済病院内科部長(派遣中講師)
1993年~日本糖尿病学会認定糖尿病専門医
1994~2019年 日本循環器学会認定循環器専門医
1996~2010年 東京都社会保険診療報酬支払基金非常勤専任審査委員
2000~2019年 日本糖尿病学会学術評議員
2004~2016年 日本マグネシウム学会評議員
2005~2010年 東京慈恵会医科大学准教授
 〃~2019年  社会保険診療報酬支払基金東京支部審査委員会再審査部会長
2006~2017年 東京慈恵会医科大学医療保険指導室長
2009年 厚生労働省医薬食品局安全対策課調査会参考人
2009年~関東信越厚生局保険指導医
2009~2016年 日本マグネシウム学会理事
2010~2017年 東京慈恵会医科大学教授(大学直属) 社会保険診療報酬支払基金東京支部審査委員会主任審査委員
2010年~日本生活習慣病予防協会参事
2013年~東京都医師会予備代議員
2015年~日本健康予防医学会理事 
  〃  慈恵医師会理事
2017年~東京慈恵会医科大学(定年退職) 客員教授
 〃   社会保険診療報酬支払基金東京支部 医療顧問
2019年~日本糖尿病学会功労学術評議員

論文

主な論文(原著・総説)
横田邦信:活習慣病発症要因としてのマグネシウムの重要性 The Journal of Japan Mibyou System Association 2019;25:22-30.
Magnesium intake and incidence of pancreatic cancer: the VITamins and Lifestyle study. British Journal of Cancer 2015;113:1615-21.
Dibaba D, Xun P, Yokota K, White E, He K.
Dietary magnesium intake and risk of metabolic syndrome: a meta-analysis. Diabetic Medicine 2014;31:1301–9.
Dibaba DT, Xun P, Fly AD, Yokota K, He K.
Magnesium Intake in Relation to Systemic Inflammation, Insulin Resistance, and the Incidence of Diabetes Care 2010;33:2604-10.
Kim DJ, Xun P, Liu K, Loria C, Yokota K, Jacobs DR Jr, He K.
Effects of magnesium on postprandial serum lipid responses in healthy human subjects. British Journal of Nutrition 2010;103(4):469-72. 
Kishimoto Y, Tani M, Uto-Kondo H, Saita E, Iizuka M, Sone H, Yokota K, Kondo K.
横田邦信、恩田威一: 生活習慣病に対するミネラル栄養の重要性 Mg(マグネシウム).機能性食品と薬理栄養(J・JSMUFF)2009;5:393-401. 
横田邦信:生体内でのマグネシウムの重要性.治療学2008;42:41-6.
横田邦信:日本人2型糖尿病発症へのマグネシウム(Mg)の関与 日本臨床栄養学会誌 2007;28(3・4):301-6.
横田邦信: 特集 マグネシウムと動脈硬化,マグネシウムとインスリン抵抗性. JJSMgR 2006 ;25(1):18-30.
横田邦信:2型糖尿病発症―インスリン分泌とインスリン抵抗性へのマグネシウムの関与. In:門脇 孝ほか, 編. 分子糖尿病学の進歩2006-基礎から臨床まで-. p108-16, 金原出版, 東京 ,2006
 
横田邦信: 特集 マグネシウムと循環器疾患・  Seminar, 糖尿病とマグネシウム. CLINICAL CALCIUM 2005;15(2):59-68.
横田邦信: 特集 マグネシウムと栄養補給 第一部, マグネシウムの補足が糖代謝に及ぼす影響.JJSMgR 2004;23(1):25-32.
Clinical Efficacy of Magnesium Supplementation in Patients with Type 2 Diabetes. Journal of the American College of Nutrition 2004; 23:506S-509S.
Yokota K, Kato M, Lister F, Ii H, Hayakawa, Kikuta T, Kageyama S, Tajima N. 
横田邦信:糖尿病とマグネシウム代謝.JJSMgR 2001;19(1,2):11-24.
Electrocardiographic abnormalities in patients receiving hemodialysis. American Heart Journal 1996;131:1137-44.
Abe S, Yoshizawa M, Nakanishi N, Yazawa T,Yokota K, Honda M.
Three-dimensional observation on the human coronary microvascular structure of the left ventricular wall by casting method. Microcirculation annual 1993;9:207-8.
Yokota K, Furusato M, Isogai Y.
The abnormalities of microvascular structure of the human diabetic heart (Diabetic microangiopathy in the human heart). Nagano M and Dhalla NS eds. The Diabetic Heart New York: Raven Press, Ltd., 1991;103-13.
Yokota K, Furusato M.
永野 允, 河上牧夫, 横田邦信. 糖尿病性心臓障害. 現代医療 1991;23:177-83.
横田邦信, 須藤正道, 山田治男. 運動を安全に行うための心機能メディカルチェックに関する研究-インピーダンス法による非侵襲的心機能測定-. 体力研究 1989;72:153-61.
横田邦信: 心筋内微小血管構築と糖尿病にみられる異常 糖尿病学1985.小坂樹徳, 赤沼安夫 編, p391-411, 診断と治療社, 東京, 1985
A study of cardiac capillary casts in diabetics and non-diabetics by means of scanning electron microscope with correlation to morphometrical analysis.  Jikeikai Medical Journal 1984; 31:211-8.
Yokota K.
Juxtaglomerular cell tumor, with special reference to the tubular component in regards to its histogenesis.  Acta Pathologica Japonica 1983;33:609-18.
Furusato M, Hayashi H, Kawaguchi N, Yokota K, Saito K, Aizawas.
主な学会発表(プロシィーディング): 
健常者における血清総マグネシウム(Mg)基準値の妥当性に関する検討. JJSMgR 2007;26:pp100-1.
横田邦信、白石正孝、恩田威一ほか
Chronic dietary magnesium deficiency is strongly associated with incidence of type 2 diabetes among the Japanese (The Mg hypothesis). Proceedings of 11th international magnesium symposium. JJSMg R 2006; 25:pp102.
Yokota K, Kato M, Kato N. et al.
Abnormalities of serum ionized magnesium in the patients with type 2 diabetes. Advances in magnesium research: Nutrition and Health. John Libbey & Co Ltd.London 2001;381-3.
Yokota K, Kato M,Shiraishi M,Kageyama S,Sakurai T,Ishibashi K Isogai Y.
Three-dimensional observation on the human coronary micro-vascular structure of the left ventricular wall by casting method. Microcirculation annual  9:207-8,1993.
Yokota K, Furusato M, Isogai Y.
Assessment of cardiac function in diabetic patients by impedance cardiography. Nagano M, Mochizuki S and Dhalla NS eds.Cardiovascular disease in diabetes. Dordrecht: Kluwer Academic Publishers 1992;3-8.
Sasaki H, Yokota K, Mizokami T, Shimizu M, Yamada H, Isogai Y.
Relations between cardiac function and body angle. Proceedings of The Seventeenth International Symposium on Space Technology and Science 1990;2047-52.
Sudoh M, Ikawa S, Kawakami K, Shiota M, Yokota K, Honda Y.
糖尿病者の心機能と運動負荷に関する研究.糖尿病治療研究会々報 1987;8:29-31.
横田邦信, 谷口郁夫, 清水光行, 池田義雄, 磯貝行秀, 山田治男 ほか.
Scanning electron microscopic observation of diabetic micro-angiopathy in human diabetic heart. Micro-circulation annual 1985;309-18.
Yokota K, Saito N, Isogai Y, Abe M, FurusatoM, Ishikawa E.
報告書;
酸化マグネシウム副作用報告の取扱い問題に関する日本マグネシム学会見解・要望書 舛添厚生労働大臣 2009年3月25日提出 (副作用検証ワーキンググループ実務担当責任者)

著書

マグネシウム健康読本、現代書林、2006年
糖尿病なら「これ」を食べなさい!、主婦の友社、2016年
糖尿病なら「これ」を食べなさい!レシピ(監修)、主婦の友社、2016年
マグネシウムがこの一冊でよくわかる、現代書林、2017年
マグネシウムを上手にとって糖尿病を予防しよう!(監修)、現代書林、2017年
医師が教える!マグネシウムのすごい力、主婦の友社(監修)、2019年
糖尿病に勝つ 「マグネシウム食」革命、主婦の友社、2019年 

その他

  • 【受賞】2007年 厚生労働大臣賞表彰

  • 【テレビ出演】2004年 TBS スパスパ人間学(TBS)

  • 【テレビ出演】2006年 午後はおもいっきりテレビ(日本テレビ)

  • 【テレビ出演】2012年 「健康カプセル!ゲンキの時間」(TBS)

  • 【テレビ出演】2019年 美と若さの新常識(NHKBS)、林 修の今でしょ!講座(テレビ朝日)

  • 【ラジオ出演】2019年 The Dave Fromm Show嘉衛門Presents「The Road」!!(InterFM897)

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師