S414x320 9722201f 7990 475b b870 0939512f75f0

インタビュー

公開日 : 2015 年 05 月 17 日
更新日 : 2017 年 05 月 07 日

小阪憲司先生は「レビー小体型認知症」という、精神医学の歴史を塗り替える病気を発見された、日本が世界に誇る精神科医です。

小阪先生は、レビー小体型認知症以外にも「石灰沈着を伴うびまん性神経原線維変化病」(小阪・柴山病)「辺縁系神経原線維変化型認知症」という病気を発見されています。レビー小体型認知症は、当初欧米では理解されず、広く知られるまでには二十年以上の時間を要しました。小阪先生がレビー小体型認知症を発見されてから、それをどのように世界中に広められたのか、お聞きしました。

ヨーロッパでの地道な宣伝活動

1976年に初めて「大脳にも多数のレビー小体が出現して認知症とパーキンソン症状を示す」という報告をした時には、最初の発見から7年の時が経過していました。

その後、1978年からマックスプランク精神医学研究所に客員研究員として留学しました。それはアルツハイマー病の発見者であるアルツハイマーも過去に所属した、ミュンヘン大学精神医学研究所を前身とする研究所です。そこで、ドイツ人の認知症患者さんにも同様の変化が認められる症例を発見し、報告しました。これがヨーロッパで初めての「レビー小体型認知症」の報告となりました。

その後も大脳皮質にレビー小体の出る症例は欧米ではなかなか報告されなかったのですが、「大脳皮質のレビー小体はどれだ?」と言ってくる医師に、一緒に顕微鏡を見て分かってもらうなどの地道な活動を通して、次第にレビー小体型認知症が認められるようになりました。

次々と新しい概念を提唱

1980年にはレビー小体病(LBD:Lewy Body Disease)という概念を提唱しました。これは、パーキンソン病より上位の概念でレビー小体病があるという考え方、つまりパーキンソン病はレビー小体病の一つに含まれるという考え方です。パーキンソン病という、あまりに有名な病気の概念を覆す報告であったため、この時には世界中から「レビー小体病」という概念はなかなか認められませんでした。

それにも負けず1984年には、びまん性レビー小体病(DLBD:Diffuse Lewy Body Disease)という概念を提唱し、この病気は欧米で見逃されているという報告を出しました。その頃から次第に世界中からこの病気が注目を浴び始めました。1990年には、日本におけるびまん性レビー小体病という論文を報告しました。