新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

低侵襲心臓手術のいろいろ―どこでも受けられるの? 費用は?

低侵襲心臓手術のいろいろ―どこでも受けられるの? 費用は?
中村 喜次 先生

千葉西総合病院心臓血管外科主任部長、低侵襲心臓手術センター長

中村 喜次 先生

心臓は生まれてからずっと動き続けている臓器であり、それを手術するということは非常に大変なことです。しかし、近年は技術が進歩しており、以前と比べてかなり安全に心臓の手術を受けられるようになりました。心臓の手術の中でも体への負担が少ない「低侵襲心臓手術(MICS)」については、別記事で説明しました。この記事では、この低侵襲心臓手術の費用などについて、引き続き千葉西総合病院の中村喜次先生にお話を聞きました。

まだ全ての施設で行われているわけではありませんが、少しずつ普及してきています。弁膜症の手術について言えば、4分の1くらいの施設で行われているのではないかと言われています。いずれにせよ、受診した病院で必ずこの方法を行っているわけではないので、心臓の手術が必要となり低侵襲心臓手術を希望する人は、まず実施している施設にセカンドオピニオンを聞きに行くのがよいでしょう。

普通の方法で行う心臓手術と費用は全く変わらず、医療保険で行います。低侵襲心臓手術を選んだことによる追加の費用などはありません。

心臓以外に大きな問題がなく、早く回復して社会復帰したい方などには低侵襲心臓手術が向いていると思います。また、逆に全身の状態が悪い方で、従来の手術方法で耐えられるか悩むような場合でも、この方法がうまく行くことがあります。

治療する部位が複数にわたる場合(冠状動脈と弁など)や治療の作業に時間がかかる(弁の修復など)ような場合では、視野が狭いこの方法は不向きであり、従来の方法で行うことを勧めます。また、呼吸機能が悪い方や以前に肺の手術をしたことがある方などは、この方法を受けられません。

患者さんの条件も病院側の条件も、低侵襲心臓手術でも従来の心臓手術でもどちらも安心して受けられる状態ならば、体への負担が少なく回復も早い低侵襲心臓手術をすすめます。

※「カテーテル治療」とは、カテーテルと呼ばれる医療用チューブを足の付け根にある太い血管から通して、血管の中を進めて心臓まで到達し、心臓の治療を行う方法です。

最近、カテーテルの治療で弁膜症(大動脈弁のみ)を治療する方法が普及し始めています。確かに、この治療は心臓を止めたりせず、いわゆるメスで心臓を切るような治療は行わないので、体への負担という点では最も軽いです。ただし、この治療は現在のところ大動脈弁の病気にしか行えません。また、今の医療保険制度では、従来の心臓手術を行うことができないほどに体の状態の悪い方など、手術のリスクが高い方に限られます。

そして、専門家の共通認識では「手術ができる人であれば、現段階ではカテーテルによる弁膜症治療ではなく、手術を行う方が良い」とされています。

カテーテルによる弁膜症治療は受けている患者さんが限られており、治療成績も手術と単純に比較することはできません。いずれにせよ、患者さんによって身体の状態も異なるので、それぞれの治療のメリット・デメリットをよく聞いて、主治医の先生と相談してください。

記事1:心臓の手術―どのような種類があるの?手術時間は?
記事2:低侵襲心臓手術ってなに?―メリットとデメリット
記事3:低侵襲心臓手術のいろいろ―どこでも受けられるの? 費用は?

受診について相談する
  • 千葉西総合病院 心臓血管外科主任部長/低侵襲心臓手術センター長

    中村 喜次 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。