新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

前置胎盤における性器出血の症状ー帝王切開が必要な場合も

前置胎盤における性器出血の症状ー帝王切開が必要な場合も
種元 智洋 先生

東千葉メディカルセンター 産婦人科副部長

種元 智洋 先生

「ハイリスク妊娠」という言葉をご存知ですか。これは、母児のいずれかまたは両者に重大な予後不良が予想される妊娠のことを指し、妊娠・分娩時には考えられるリスクに備えた適切な管理や対応が必要とされます。今回はハイリスク妊娠の一つであり、大量出血を伴うこともある「前置胎盤(ぜんちたいばん)」の症状・診断・帝王切開について、東千葉メディカルセンター 産婦人科副部長の種元智洋先生にお話を伺いました。

通常、胎盤は子宮底部と呼ばれる子宮の天井側に形成されます。これとは異なり、胎盤が子宮の出口部分である内子宮口を覆っていたり、一部が内子宮口にかかっている状態のことを「前置胎盤」と言います。前置胎盤の発生頻度は全分娩の0.3~0.6%と決して高くはありません。しかし、前置胎盤になってしまった場合は、妊娠後期や分娩時に大出血を伴う可能性が高く、入院や輸血を要することもあるため、その症状やリスクを知り、理解していただく必要があります。

胎盤の形成される位置が通常と異なるという点で、しばしば混同されがちな「前置胎盤」と「低置胎盤」ですが、明確な違いがあります。低置胎盤の場合、胎盤の位置は通常より低く、その端(胎盤辺縁)は内子宮口から2㎝以内のところにありますが、内子宮口には全くかかっていません。そのため、低置胎盤は経膣分娩が可能なケースもしばしばあります。

これに対し、胎盤辺縁がわずか数㎜でも内子宮口にかかっていれば前置胎盤と診断され、ほぼ100%帝王切開による分娩となります。

前置胎盤は、胎盤がどの程度内子宮口にかかっているかにより、次の3種類に分けられます。

  1. 全前置胎盤:胎盤が完全に内子宮口を覆っている。
  2. 部分前置胎盤(一部前置胎盤):胎盤の一部(※2cm未満)が内子宮口にかかっている。
  3. 辺縁前置胎盤:胎盤の端がほんの少し(※ほぼ0cm)内子宮口にかかっている。

前置胎盤の種類と危険性

最も危険性が高いのは1の全前置胎盤であり、辺縁前置胎盤は、前置胎盤の中では比較的軽い症状と言えます。

前置胎盤の典型的な症状は、痛みを伴わない突発的な性器出血ですが、症状の程度は妊娠週数によって大きく変わります。妊娠20週頃ならばほとんど出血もなく、一般的には無症状です。前置胎盤が原因の出血は、子宮口が広がる妊娠後期に起こりやすく、出血量も週数が進むにつれ増加していきます。少量の出血の場合は「警告出血」と呼ばれますが、その後大出血を起こすこともありえます。さらに、一度大出血を起こした場合は、再度出血する可能性も高まります。

症状が認められた場合は、必ず産婦人科の緊急受診・入院が必要になり、場合によってはそのままお産まで、長期間にわたっての入院となるケースもあります。

そのため、前置胎盤または前置胎盤の疑いがあると診断された場合には、帝王切開の必要性を理解しておくだけでなく、出血や緊急かつ長期的な入院の可能性があることも理解し、周囲の人に周知しておいた方が良いでしょう。

このほか、胎盤が内子宮口側にあり、胎児の頭部が骨盤に入り込めないため、逆子になりやすいといった特徴もあります。

子宮体下部がギュっと閉じている妊娠初期や中期の早い段階では、低い位置に形成された胎盤が内子宮口にかかっているように見える(※前置胎盤のように見える)ことが多々あります。しかしながら、これは文字通り前置胎盤のように見えるだけであり、そのほとんどは前置胎盤ではありません。そのため、診断は分娩時まで前置胎盤の可能性が高くなる妊娠30週前後に行います。

日本産婦人科学会の資料にも、前置胎盤で他院に管理を依頼する場合は31週までに紹介し、32週までに受診を完了するようにとありますので、30週前後に診断するのはスタンダードであると言えるでしょう。

前置胎盤の疑いがある場合、内診は禁忌ですので、診断には経腟超音波検査を用います。

受診について相談する
  • 東千葉メディカルセンター 産婦人科副部長

    種元 智洋 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が2件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「前置胎盤」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。