インタビュー

エピペン®とは?アナフィラキシー時の補助治療剤

エピペン®とは?アナフィラキシー時の補助治療剤
今井 孝成 先生

昭和大学医学部小児科学講座 講師

今井 孝成 先生

アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)に接触・摂取した後、短時間で全身に複数のアレルギー症状が出現して血圧低下や意識障害に陥る状態を「アナフィラキシーショック」と呼びます。アナフィラキシーショックが起きた際、医師の治療を受けるまでの間にアナフィラキシーの症状を緩和する「エピペン®」という医薬品があります。ここでは、昭和大学医学部小児科学講座今井孝成先生に、アナフィラキシーショックが生じた場合の対応とエピペン®について解説していただきます。

アナフィラキシー症状が疑われる際の対応

アナフィラキシーが疑われたら、まずはお子さんの重症度を評価します。心肺停止やアナフィラキシーショック状態にあるのであれば、救急蘇生やエピペン®投与を速やかに行います。

中等症以下の症状の場合は安静な体位をとらせます。その上で、事前に収集したお子さんのアレルギーの情報を把握するようにします。また、口腔内に食物が残っている場合は口をゆすいだり、体に付いていたら拭いたりしてアレルゲンとなる物質を取り除きます。加えて、主治医から誤食時に服用する薬が処方されている場合は内服させるようにします。

経過観察中に短時間で悪化してショックに至ることは珍しくありません。症状が進行した場合は、エピペン®の注射を考慮します。注射後はすみやかに医療機関を受診するようにします。

アナフィラキシーは最低1時間は注意深く状態を見守るようにします。症状がいったんおさまったように見えても、再度症状が出ることもあるからです。

アナフィラキシーショックのガイドライン

日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会では、以下の3つの分類のうち1つにあてはまり、意識低下や血圧低下を伴う場合をアナフィラキシーショックと定義しています。食物アレルギーでアナフィラキシー症状が発症した場合に、エピペン®投与を検討する判断材料になるといえます。

日本小児アレルギー学会『食物アレルギー診療ガイドライン2012』より引用 http://www.jspaci.jp/jpgfa2012/chap06.html

1.皮膚症状(全身の発疹、瘙痒または紅斑)、または粘膜症状(口唇・舌・口蓋垂の腫瘍など)のいずれか、または両方を伴い、急速に(数分~数時間)発症する症状で、かつ、下記の少なくとも1つを伴う
a.呼吸器症状(呼吸困難、気道狭窄、喘鳴、低酸素血症)
b.循環器症状(血圧低下、意識障害)

2.その患者にとってアレルゲンと考えられるものへの曝露の後、急速に(数分~数時間)発症する以下の症状のうち、2つ以上を伴う
a.皮膚・粘膜症状(全身の発疹、瘙痒、紅斑、浮腫)
b.呼吸器症状(呼吸困難、気道狭窄、喘鳴、低酸素血症)
c.循環器症状(血圧低下、意識障害)
d.持続する消化器症状(腹部疝痛、嘔吐)

3.アレルゲン曝露後(数分~数時間)の血圧低下、収縮期血圧低下の定義
1か月~11ヶ月 <70㎜Hg
1~10歳 70㎜Hg + (2×年齢)
11~17歳 <90㎜Hg

エピペン®とは

エピペン®とは、医師の治療を受けるまでに症状を緩和させるために使用するアナフィラキシー補助治療剤です。エピペン®の使用は、医師の診察を受けるまでの時間を確保することが期待できます。患者さん個人でも注射しやすいように工夫がされているものの、幼稚園児や小学校低学年のお子さんは、親御さんや保育士、教員の方が投与をサポートすることが求められます。

ただし、エピペン®はあくまでも「アナフィラキシー症状の緩和を期待する」医薬品です。アナフィラキシーを根本的に治療するものではありませんから、エピペン®注射後はただちに医療機関を受診させる必要があります。

エピペン®注射液0.3㎎ 体重30キログラム以上の患者に使用される。注射剤だが、使用前も使用後も注射針が露出しない構造になっており、患者自身が使用する場合でも安全に使用できる。
エピペン®注射液0.15㎎ 体重15キログラム以上30キログラム未満の患者に使用される。同じく注射針は露出しない。

エピペン®は、アドレナリンという交感神経を活発にさせる作用を持つホルモンで、副腎髄質から分泌される物質です。この物質がアナフィラキシーショック症状を緩和するメカニズムについては、少し説明を重ねる必要があります。

私たちの身体は、病原体に感染したり怪我をしたりすると組織に炎症が起こります。炎症は、身体を病原体などから保護している白血球などの免疫細胞の作用です。炎症は、病原体から身体を防衛するために必要な反応なのですが、アレルギー反応においては免疫細胞が急激で過剰な炎症を起こし、血管が拡張したり血管内から血液成分が外に漏れ出たりしてしまいます。すると、血圧が低下して正常に血液を循環できなくなり、意識障害や多臓器障害を発生させてしまうのです。

この状態から回復を図るために、アドレナリンが持つ作用を利用します。アドレナリンは、交感神経を活性化させることによって血管を収縮させ、心臓から血液を送り出す機能を高める作用があります。この作用によって血圧と血流を安定させます。

エピペン®投与のガイドライン

日本アレルギー学会『アナフィラキシーガイドライン』より図版引用
http://www.jsaweb.jp/modules/journal/index.php?content_id=4

 

この表のうち、グレード3の症状が見られる場合は、アナフィラキシーショックを起こしていると判断します。また、グレード2の症状が見られ、かつ、循環器症状や神経症状が見られる場合は、同様に、アナフィラキシーショックを起こしていると判断します。エピペン®を投与し、できるだけ早急に医療機関を受診させるようにします。

保育園や小学校の教職員のためのエピペン®投与マニュアル

エピペン®は、アナフィラキシー症状を緩和するために患者さんが自分で注射することができる医薬品です。しかしながら、アナフィラキシーショックが想定される強いアレルギー反応は、自宅にいる時にだけ起きるとは限りません。乳幼児は保育園や幼稚園、学校で発症する可能性があります。そのため、文部科学省と厚生労働省は、アナフィラキシーショックに対する教職員の対応についてマニュアルを用意しています。また、東京都においては、教職員一人につき一冊のマニュアルが配布されており、児童がアナフィラキシーショックを起こした場合に最善の対処ができるように周知されています。

東京都健康安全研究センター『食物アレルギー緊急時対応マニュアル』より
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/07/DATA/20n7o400.pdf