新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

抗リン脂質抗体症候群の女性が妊娠中に流産、死産をしないためには

抗リン脂質抗体症候群の女性が妊娠中に流産、死産をしないためには
杉浦 真弓 先生

名古屋市立大学 医学研究科産科婦人科学分野

杉浦 真弓 先生

抗リン脂質抗体症候群による不育症の症状と治療について、記事1『抗リン脂質抗体症候群が原因の不育症は正しい検査・診断のもとで治療を受けることが大事』でご紹介しました。今回は、抗リン脂質抗体症候群で妊娠中の女性の多くが疑問に思っている、流産、死産をしないための注意点について、引き続き名古屋市立大学大学院産婦人科教授の杉浦真弓先生にお答えいただきました。

運動している女性

運動は好きなだけして構いません。運動や、重いものを持ったことが原因で流産をしたというエビデンスはありません。ドラマなどで、階段から落ちて流産したというシーンがよくありますが、それは間違った情報です。

バランスの良い食事

食べたほうがよいもの・食べてはいけないものとして明確になっている食品はあまりありません。食事はバランスよく摂取することが大切です。また、カフェインは危険だとよくいわれていますが、大量に摂らなければ危険性はないので、ゼロにする必要はありません。

妊娠中のお腹

二人目以降だと流産のリスクが高くなるとは言いきれません。むしろ、続発性のほうが上手くいくという考えもあるからです。一方、第1子を出産後間隔をあけた結果、年齢が高くなるから流産しやすくなるという解釈もあります。

経口薬

薬の種類によって異なります。医師に相談してから飲むようにしてください。

体にクリームやローションを塗っている女性

体に何かを塗って異常がでたという検証結果はないので、そこまで神経質になる必要はありません。しかし以前、鎮痛剤の湿布を大量に貼っていた患者さんの羊水が減るという異常がみられ、貼付をやめたら羊水量が元に戻ったという事例がありました。皮膚からの吸収も無視できません。そのため、特定のものを大量に使うことは避けたほうがよいでしょう。

体重計日本にはBMI25(BMIは身長からみた体重の割合を表す指数で、25以上が肥満とされている)以上の女性が少ないため、これに関する研究はできていません。しかし欧米では、明らかな肥満体形の妊婦さんは、流産、死産のリスクを高めるとされています。体重に問題のある方は無理のない範囲でダイエットをしたほうがよいでしょう。

 

受診について相談する
  • 名古屋市立大学  医学研究科産科婦人科学分野

    杉浦 真弓 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

「不育症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。