新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

胸膜中皮腫の手術-それぞれの特徴を解説

胸膜中皮腫の手術-それぞれの特徴を解説
岡部 和倫 先生

国立病院機構山口宇部医療センター 外科系診療部長

岡部 和倫 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

胸膜中皮腫とは、主にアスベストの吸入によって胸膜に発生する腫瘍(中皮腫)を指します。手術が可能な状態であれば、「胸膜外肺全摘術(EPP)」もしくは「胸膜切除剝皮術(P/D)」という方法が勧められます。治療の際は主治医とよく相談して、経験豊富な外科医のもとで手術を受けるようにしてください。

今回は、胸膜中皮腫の手術について、山口宇部医療センター 岡部和倫先生にご解説いただきました。

手術

胸膜外肺全摘術(EPP)は、胸膜、肺、心膜、横隔膜をすべて取る手術です。手術のあとには放射線をあて、さらに抗がん剤を行うことで、がん細胞の取り残しによる再発を防ぎます。難しい手術とされており、術者には技術と豊富な経験が必要です。

胸膜切除剝皮術(P/D)と比べて腫瘍減量効果が高いことが特徴です。胸膜外肺全摘術(EPP)は肺を摘出しますが、胸膜切除剝皮術(P/D)は肺を摘出しないためです。

胸膜外肺全摘術(EPP)は、以下のような患者さんには実施することができません。

など

実施可能な患者さんは、心臓・肺の機能が維持されていて、大きな合併症のない人です。

合併症…ある病気や、手術や検査が原因となって起こる別の症状。

山口宇部医療センターでは、胸膜外肺全摘術(EPP)を受けられた患者さんには、手術の翌日はベッドに座ってもらうようにします。そして、術後2日目から、食事を始めたり立ったりしてもらい、一週間もすれば自分でトイレに行くなどの日常生活を送れる方がほとんどです。

ただし、片方の肺を摘出することから、呼吸機能の低下などの症状が現れることがあります。早期に再発するよりも良い、または長期生存の可能性が胸膜切除剝皮術(P/D)よりも高いと考えて、腫瘍減量効果の高い胸膜外肺全摘術(EPP)を第一選択にしています。

世界肺癌学会(IASLC)のMPMデータベースによると、ステージⅠの胸膜中皮腫について、胸膜外肺全摘術(EPP)を受けた患者さんの生存期間中央値は40か月、胸膜切除剝皮術(P/D)を受けた患者さんの生存期間中央値は23か月でした。[注1]このことから、手術が可能な胸膜中皮腫に対して胸膜外肺全摘術(EPP)を第一選択とする方針は妥当であると考えられます。

[注1]…Rusch VW,et al. J Thorac Oncol 7:1631-9,2012

入院患者

胸膜切除剝皮術(P/D)は、胸膜のみを剥ぐように切除する術式です。肺を残すので患者さんの体力的な負担が少ないことが特徴です。胸膜外肺全摘術(EPP)が不適応の患者さんでも実施することができます。ただし、胸膜外肺全摘術(EPP)よりも時間を要し、出血量も多い術式です。

腫瘍減量効果は、胸膜外肺全摘術(EPP)よりも低いとされます。また、術後に放射線を照射できないため、再発リスクは胸膜外肺全摘術(EPP)よりも高くなります。

医師

胸膜外肺全摘術(EPP)と胸膜切除剝皮術(P/D)のどちらを選択するのか、その見解は医師によって異なります。胸膜外肺全摘術(EPP)で良い成績が出ている外科医の場合は、腫瘍減量効果が高い胸膜外肺全摘術(EPP)を選択するでしょう。一方、胸膜切除剝皮術(P/D)を第一選択とする医師もいます。

手術方法は、術者や施設、患者さんの状態など、さまざまな要素を考慮しながら選択されるものであり、胸膜外肺全摘術(EPP)と胸膜切除剝皮術(P/D)の単純比較をすることはできません。

山口宇部医療センターでは、可能であれば胸膜外肺全摘術(EPP)を選択します。また、2018年5月にオタワで開催された第14回国際中皮腫会議では、胸膜外肺全摘術(EPP)に関する良好な成績を口演で発表しました。

診察

中皮腫の手術について、その効果ははっきり証明されていません。未確立である理由としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 症例数が少なく、手術の質が病院により異なるため、比較して検討することができない
  • 術者の技術と知識に基づいて実施されている
  • 病理診断が難しい
  • 病院や外科医によって、治療対象の中皮腫が異なる

など

難しい手術や、患者さんの数が少ない手術ほど、実績のある病院で受けたほうがよいと考えられます。経験豊富な術者が担当すれば、手術時間を短く済ませるなど、患者さんの負担を減らすよう調整することもできます。

中皮腫は特に治療が難しい病気です。患者さんのなかには、患者・家族会で情報を交換して、経験豊富な病院を受診される方もいるでしょう。手術の経験が少ない医師は別の病院に患者さんを紹介することもあります。主治医とよく相談して、経験豊富な外科の医師のもとで手術を受けるようにしてください。

中皮腫は、病気の性質上、再発したり転移したりする恐れがあります。そこで、治療成績のさらなる向上が望まれています。新しい治療薬が開発されれば治療成績が改善する可能性があります。中皮腫の治療薬の開発が期待されます。

先生

中皮腫の手術を受けた方は、残った肺を大事にしましょう。たとえば、寝たまま飲んだり食べたりしないよう気を付けてください。ベッドに寝たままでは「誤嚥」が起きて、残った肺に肺炎が起こる恐れがあります。

その他、可能であれば散歩などで体を動かすこと、横隔膜を再建した手術直後には便秘に注意することが大切です。

気になることがあるときは、早い段階で、経験豊富な専門医にかかるようにしてください。痛みを我慢しないことも大切です。治療中は主治医がついているものですが、治療後も気兼ねなく専門医に相談するようにしましょう。

受診について相談する
  • 国立病院機構山口宇部医療センター 外科系診療部長

    岡部 和倫 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が2件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「胸膜中皮腫」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。