院長インタビュー

富山県の医療のハブとして活躍する富山西総合病院と富山西リハビリテーション病院

富山県の医療のハブとして活躍する富山西総合病院と富山西リハビリテーション病院
藤井 久丈 先生

医療法人社団藤聖会・親和会 理事長

藤井 久丈 先生

医療社団法人藤聖会・親和会(以降、藤聖会グループ)では、富山医療圏における地域医療円滑化と「治し支える医療」を実現するため、八尾総合病院・山田温泉病院が持つ病院機能をもとに、富山西総合病院と富山西リハビリテーション病院を新たに開設しました。

藤聖会グループが地域に果たす役割、富山西総合病院と富山西リハビリテーション病院の概要などについて、理事長の藤井久丈先生にお話を伺いました。

富山西総合病院外観(藤聖会よりご提供)
富山西リハビリテーション病院外観(藤聖会よりご提供)

藤聖会グループの理念と富山西総合病院・富山西リハビリテーション病院開設の経緯

病院開設の経緯

藤聖会グループは1984年の開設以来、総合病院、老人保健施設、専門クリニックなどの開設・運営をつうじて、地域や時代のニーズに応え続けてきました。

日本全体で人口減少と超高齢化が著しく進行しています。医療政策もそれに対応するために機能分化が進められています。県内にお住まいのみなさんが医療で困らず、地域で安心して暮らし続けるためにできることを、グループ全体で考えました。

その結果誕生したのが、富山西総合病院と富山西リハビリテーション病院です。

患者さんにフィットした医療をシームレスに提供するために

富山西総合病院・富山西リハビリテーション病院外観(藤聖会よりご提供)

たとえば一言で「患者さん」といっても、疾患やその進行度、症状、家庭環境、病気に対する考え方などは人それぞれです。そのため、必要な対応は患者さんごとに異なり、また治療の進行により最適な療養場所も変化し続けます。

手術風景(藤聖会よりご提供)

富山西総合病院と富山西リハビリテーション病院では、機能の異なる病院が連携してひとつの病院のように活動することで、疾病予防、急性期治療、回復期医療、在宅医療、介護など、さまざまな医療サービスをワンストップで提供可能です。同じグループの病院同士であるため、転院などの手続きもスムーズに進みやすいです。

また地域医療の中継基地として、長期入院や介護が必要な方には関連病院・施設や地域の連携先で、それぞれ適したケアがうけられるよう、当院がハブとなってコーディネートしています。

富山西総合病院にある地域サポートセンター(藤聖会よりご提供)

このように、ひとつのグループで急性期から慢性期・介護にわたる機能を有していることは、大きな特徴のひとつであり強みでもあるのです。

また最近では、大学病院をはじめとする県内各所の高度急性期病院から、急性期治療直後の患者さんをご紹介いただき、その後の退院支援やリハビリテーション、在宅医療の提供などをトータルに調整しています。

富山西総合病院

病院の方針

富山西総合病院外観(藤聖会よりご提供)

富山西総合病院は、八尾総合病院から主な急性期診療機能を引き継ぎました。

キャプション320列CT(藤聖会よりご提供)
アンギオ(藤聖会よりご提供)

各診療科による専門的な診療、CTやMRIなどの検査設備、手術室などに加え、循環器専門医3名を擁する心臓血管造影室や人工透析の設備を導入しました。150床程度の小規模な病院ながら、急性期医療に幅広く対応しています。

特徴的な診療科

女性外来の内観(藤聖会よりご提供)

乳腺外科では、乳がんや各種乳腺疾患に対する診療や相談を行っています。特に乳がん診療に注力しており、検診の重要性について情報発信するほか、形成外科と連携した乳房再建、乳がん患者さんとそのご家族が抱える病気の悩みや不安などを解消してもらうため、患者会の運営などにも積極的に取り組んでいます。

手術風景(藤聖会よりご提供)

形成外科ではリンパ浮腫外来を行っており、むくみの原因となるリンパの滞りを診療しています。乳がんや子宮がんなどの手術の後遺症として出現することから、外科的な治療やリンパドレナージ、生活指導等をつうじて症状の緩和を目指します。

富山西リハビリテーション病院

病院の方針

富山西リハビリテーション病院外観(藤聖会よりご提供)

富山西リハビリテーション病院では、医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がチームとなり、患者さんの状態に合わせたリハビリテーションを行っています。

リハビリテーションの重要性と内容

レッドコードを使用したリハビリテーション(藤聖会よりご提供)

当院では、外来の患者さんや回復期リハビリテーション病棟に入院されている患者さんが、在宅復帰や職場復帰などの目標を達成できるよう支援しています。電気刺激治療や歩行訓練ロボットなどによるリハビリのほか、シミュレーターを使用した自動車運転練習なども行っています。

歩行用ロボットを使用したリハビリテーション(藤聖会よりご提供)

リハビリテーションには、病気によって低下した身体機能を回復するだけでなく、加齢に伴い喪失しがちな生きがいを回復・維持する力もあります。当院では併設の介護サービスセンターの通所リハビリ・デイサービス・ショートステイと連携することでいきいきとした生活をサポートし、QOL(生活の質)維持に取り組んでいます。

サービス付き高齢者向け住宅「THE WEST(ザ・ウェスト)」

THE WEST(ザ・ウェスト)のラウンジ(藤聖会よりご提供)

富山西総合病院では、サービス付き高齢者向け住宅「THE WEST(ザ・ウェスト)」を併設しています。ザ・ウェストでは、食事サービス、ゆとりの居住空間、コンシェルジュサービスといった生活面のサポート、そして病院上層階という利点をいかした医療が身近にある安心感の提供をつうじて、自分の価値観を大切にしながら生活する元気なシニア層の生活を応援します。

THE WEST(ザ・ウェスト)の居室(藤聖会よりご提供)

藤井久丈先生からのメッセージ

地域が変われば、必要とされる医療の内容も変化します。超高齢化社会や人口減少などの社会的要因も相まって、日本の医療はまさに大きな転換期を迎えています。

藤聖会グループは、患者さん一人ひとり、地域の声に耳を傾け、地域のみなさんが住み慣れた環境で自分らしい生活を続けられるよう医療面から支え続けます。