疾患啓発(スポンサード)

NTT東日本関東病院 乳腺外科における乳がん治療の特徴

NTT東日本関東病院 乳腺外科における乳がん治療の特徴
沢田 晃暢 先生

NTT東日本関東病院 乳腺外科 部長

沢田 晃暢 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

NTT東日本関東病院の乳腺外科では、乳腺疾患に対する診断から手術、治療まで一貫した治療を提供しています。

患者さんの数が増加傾向にある乳がん*。当記事では、同院で行われている乳がんに対する治療内容と乳腺外科の特色について、NTT東日本関東病院の沢田 晃暢先生にお話を伺いました。

*日本乳癌学会

NTT東日本関東病院で行われている乳がん治療

当院では、乳がんに対して手術療法、薬物療法、放射線療法を行っています。また、患者さんの全身状態やがんの性質によって、患者さんに適した治療の選択に努めています。

手術療法

当院では、乳がんにおける手術療法として、乳房部分切除(乳房温存術)、乳房切除(全摘術)、乳頭乳輪温存乳房切除、再建手術を行っています。

手術風景
手術風景

乳房部分切除術(乳房温存術)

乳房部分切除術は、乳房の中に存在する乳がんを部分的に切除する術式で、手術後に乳房の形を保つことができる(整容性が保たれる)場合に推奨されています。日本人の場合には、乳がんの大きさがおよそ3cm以内の患者さんにすすめることが多いです。再発率を高めることがないようにがんをしっかりと切除する必要がありますが、切除する部分が比較的小さい範囲で行うことが可能なため、乳房切除術(全摘術)と比較して美容的な面で優れています。ただし、乳房部分切除術は、残存乳房への放射線照射とセットになっております。

乳房切除術(全摘術)

当院では乳房切除術の中でも、希望する患者さんには乳頭乳輪温存乳房切除術を行っています。乳頭乳輪温存乳房切除術は、乳房の皮膚に加えて乳頭と乳輪を残す術式で、乳房再建術を同時に行うことで、乳房の形を比較的自然な形に保つことができるというメリットがあります。そのため、手術後の見た目の不安から手術を躊躇している方がいましたら、ご相談していただきたいです。

乳房再建手術

乳房再建手術は、乳房切除術によって失われた乳房を、患者さん自身のお腹や背中から採取した自家組織(お腹や背中などの患者さんご自身の体の一部)、あるいはシリコンなどの人工乳房を使用して再建する手術です。形成外科の技術を駆使して乳房を再建することで、患者さんの精神的、かつ身体的な問題が改善できることを期待しています。

当院では、乳房切除術によって乳房が失われ、精神的に悩まれている方に少しでも自信を持って生活してほしいという思いから、再建手術を取り入れています。

薬物療法

薬物療法で使用する薬剤は、がんのタイプで決められています。また、がんの広がりや性質などをもとに、複数の薬剤を組み合わせる治療法を選択することもあるため、当院では適切な治療を提供するためにスタッフ間でカンファレンスを行い、治療の方針を決めています。

内分泌(ホルモン)療法

内分泌療法は、ホルモン受容体が陽性である患者さんが対象で、女性ホルモンの分泌やはたらきを抑制することで乳がんの増殖を抑える治療法です。

化学療法(抗がん剤)

化学療法は、がん細胞の分裂を阻害したりすることで、がん細胞の増殖を抑える治療法です。化学療法には抗がん剤が用いられており、再発や転移を防ぐ目的で術後化学療法を行ったり、がんを小さくしてから手術を行うために術前化学療法を行ったりします。

化学療法(分子標的治療)

分子標的治療とは、がん細胞を増殖させる特有の因子を標的にして、その因子のはたらきを阻害する治療法です。

放射線療法

乳がんにおける放射線治療は、基本的に温存した乳房への再発や転移の防止、臓器や骨に転移したことに伴う症状の改善などのために行われています。放射線治療は、がんを小さくする効果があることから、必要に応じてほかの治療と組み合わせて行われることがあります。

NTT東日本関東病院における乳がん治療の特徴

NTT東日本関東病院のスタッフ
NTT東日本関東病院のスタッフ

女性の乳がんだけでなく、男性の乳がんにも対応

当院では、女性の乳がんの患者さんにとどまらず、男性の乳がんの患者さんにも対応しています。男性の中には乳房に変異を感じたとしても、乳がんは女性特有の病気であるとの先入観などから、乳腺外科を受診することに抵抗がある方もいらっしゃることでしょう。当診療科では、カウンセリングを積極的に行ったり、内装の面からも環境の整備を行ったりするなど、男性の患者さんでも受診しやすい環境を提供できるように努めています。

患者さんを精神的な面から治療する体制づくり

乳がんは、治療内容によっては容姿に変化が起こってしまうこともあります。特に、女性の患者さんにとって、見た目の変化は精神的な苦痛や悩みを抱える要因になってしまうこともあるでしょう。そのため、当院のがん相談支援センターでは、患者さんの不安や心配事に対する相談を受け付けています。また、乳がんに対する診察時に、精神科の医師によるカウンセリングが必要であると判断した場合には、当院の精神神経科への受診を提案することも可能です。

院内の診療科とスタッフ同士が協力し合える環境

当院には、放射線科や腫瘍内科、整形外科などの診療科をそろえており、そのほか看護師、日本認定遺伝カウンセラー協会認定遺伝カウンセラー、理学療法士などが在籍しています(2019年11月現在*)。また、治療方針においてもカンファレンスを行い、患者さんに適した医療の提供に努めています。さらに、乳がんの治療においては、診療科の枠にとどまらず、チーム体制でキャンサーボード**を定期的に行っています。

*スタッフの在籍状況は、現在の実態とは異なる場合があります

**キャンサーボード:治療に関わるスタッフが集合し、がん患者の症状、状態および治療方針などについて意見交換、共有、検討、確認するためのカンファレンス

沢田先生からのメッセージ

私がなにより伝えたいことは、「年に1回乳がんの検診を受けてほしい」ということです。そして、少しでも変化や疑問を感じたら、性別に関係なく、早めに病院やクリニックを受診していただきたいのです。乳がんは、ほかのがんと比較して薬物療法や放射線療法の効果を期待しやすいことや、数々の治療薬が開発されたことにより患者さんに適した医療が提供できることから、早期の段階で適切な治療を受ければ、比較的予後が良好であるとされています。

そのため、1人で悩まずに、ぜひ病院やクリニックに相談してください。