新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

医師に聞いた乳がん検診への考え方とは〜どのくらいの頻度で受けるとよいの?対象者ではなければ受けなくてよいの?〜

医師に聞いた乳がん検診への考え方とは〜どのくらいの頻度で受けるとよいの?対象者ではなければ受けなくてよいの?〜
沢田 晃暢 先生

NTT東日本関東病院 乳腺外科 部長

沢田 晃暢 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

乳がんは乳房にできるがんで、主に乳腺組織(母乳を作ったり運んだりするための組織)から発生します。好発年齢は40~60歳代の女性だといわれており、乳がんは日本人女性がかかるがんの中でもっとも多いがんです。乳がんは早期発見・治療ができれば治療時の負担や根治につながるため、国では40歳以上の女性を対象に検診を推奨しています。乳がん検診には対策型(住民全体を対象にしているもの)と、任意型(個人で受けるもの)がありますが、本記事では主に対策型乳がん検診について詳しく解説します。

乳がん検診は国が推奨する5種類のがん検診のうちの1つです。これは“対策型乳がん検診”と呼ばれ、国全体の乳がん死亡リスクを下げる目的で行われています。

検診では、まず問診と乳房X線(マンモグラフィ)を用いた検査が行われます。マンモグラフィ検査とは乳房を2枚の板で挟み薄く引き伸ばして、乳房全体のレントゲン撮影を行うものです。この検査によって腫瘤(しこり)になる前の石灰化した小さな乳がんを発見することを目的としています。

検診で異常が見つかった場合、追加のマンモグラフィ検査や、超音波検査、細胞診・組織診(疑わしい部位の一部を針などで採取して顕微鏡で調べるもの)などの精密検査を行い、がんの有無を調べます。精密検査で異常がなかった場合は2年後にまた検診を受けることが推奨されますが、この検査でがんが見つかった場合は基本的に治療を開始します。

早期発見のために、がん検診は非常に重要な役割を持つとされています。国で推奨する乳がん検診の対象者は40歳以上の女性で、2年に1回の受診をすすめています。では、40歳未満は検診をしなくてもよいのでしょうか。また、40歳以上はどのような考え方で検診を受診するとよいでしょうか。以下では、日本の対策型検診では乳がん検診の考え方についてNTT東日本関東病院 乳腺外科 部長 沢田 晃暢(さわだ てるまさ)先生に伺いました。

※以下内容は2020年8月28日時点の医師個人の知見に基づくものです。

海外では50~55歳以上の方を対象に乳がん検診が推奨されていることが多いのですが、日本では40歳以上という比較的若い段階から検診の受診がすすめられています。この理由は、日本では乳がんの好発年齢のピークが45~55歳といわれているからです。

海外では閉経後に乳がんにかかる方が多い一方、日本では閉経前の比較的若い方が乳がんにかかることも多いです。閉経前の女性には乳腺の濃度が高い高濃度乳房の方も多く、マンモグラフィ検査では乳がんが見つけにくいという特徴があります。そこで、任意型の乳がん検診では必要に応じて超音波(エコー)検査が併用されることもあります。

20~30歳代の女性が乳がんにかかる確率、乳がんで亡くなる確率は40歳代以降の女性と比較すると低いためです。ただし、遺伝によって乳がんにかかりやすい方の場合には、20歳から毎年1回のMRI検査を受けることがすすめられています。

基本的には過度に心配をする必要はないでしょう。ただし、気になるしこりがあったときなどには医療機関の受診を検討しましょう。

また、血のつながった親族に乳がんにかかった方がいる場合や遺伝子異常を持っている方がいる場合には、検診を受けることを検討しましょう。40歳代未満の方の場合は、自費で受ける“任意型乳がん検診”を受診することになります。

国の方針では2年に1回の受診がすすめられていますが、私の意見としては早期発見を目指すためにも毎年1回の受診を推奨します。対策型乳がん検診は2年に1回しか受診できないため、対策型乳がん検診を受けられない年は任意型乳がん検診を受診し、マンモグラフィ検査だけでなく超音波検査も受けるとよいでしょう。

対策型乳がん検診は、公共の医療サービスとして住民検診で実施されます。費用の一部が税金で賄われているため通常数千円程度で受診できるほか、一定の年齢の対象者には“がん検診無料クーポン”が配布されている場合もあります。自治体によって異なるので、各市区町村の担当窓口で確認するとよいでしょう。

会社員の女性の場合は、職域検診(企業で行われる検診)で乳がん検診を受診できることもあります。自治体と企業の両方で乳がん検診の実施があり、どちらかを選ぶことができる場合は受診の条件や検査の内容、費用などを事前に調べ、どちらを受けるかを判断するとよいでしょう。

乳がんは患者数の多いがんですが、診断されてから5年以上生きられる確率は90%以上と高く、早期に発見できれば予後(病気の経過)の比較的よいがんであることも知られています。早期発見のためには、定期的な乳がん検診が有効です。実際に乳がん検診によって死亡率を減らすことができることは科学的に検証されており、日本でも40歳以上の女性には乳がん検診が推奨されています。乳房を自分で見たり触ったりするセルフチェックも有効ですが、しこりの位置や大きさによっては触れないこともあります。しかし、検診では自分では自覚できない小さながんを発見できる可能性があるため、乳がんの早期発見には検診の内容やリスクを正しく知って適切に受けることが大切です。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    「乳がん」に関連する病院の紹介記事

    特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。

    関連の医療相談が43件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「乳がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。