S414x320 b43e1ba5 5a4e 4d62 a6ef e58bd94458cc

インタビュー

公開日 : 2015 年 10 月 10 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科部長の佐武利彦准教授は「穿通枝皮弁(せんつうしひべん)」による乳房再建術において、日本でトップクラスの技術と実績を持つパイオニアです。佐武先生が現在もっとも注目している遊離脂肪移植による乳房再建の最新事情についてうかがいました。

脂肪注入による豊胸術の歴史

1980年代に米国で脂肪注入による豊胸術が流行しましたが、当時の未成熟な技術のもとで脂肪壊死などがひんぱんに起こっていました。このため、米国形成外科学会では「脂肪注入による豊胸術を行うべきでない」という立場をとり、1987年~2005年までは乳房への脂肪注入は事実上封印されていました。

しかしその後2009年以降、コールマンテクニックという、より洗練された脂肪注入技術での実績が評価され、2012年には米国形成外科学会・米国美容外科学会が脂肪注入を「慎重に施行してもよい」との見解を公式に表明しました。

遊離脂肪移植における2つの技術革新

現在の遊離脂肪移植は、従来の脂肪注入から進歩した安全なものです。太ももの内側などから脂肪組織を吸引し、遠心分離で不純物を取り除いてから乳房に注入します。注入に際しては脂肪細胞のひとつひとつが毛細血管から血流を得られるよう、細心の注意を払って行います。そしてこの再建術がより現実的なものとなった要因として、2つのイノベーション―革新的な技術の導入がありました。

乳がんのページへ

関連記事