新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

乳がんの原因は?

乳がんの原因は?
高野 利実 先生

がん研有明病院 乳腺内科 部長

高野 利実 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

乳がんは、何が原因となって起こるのでしょうか。また、遺伝子や食生活とは関連しているのでしょうか。この分野のスペシャリストである虎の門病院臨床腫瘍科部長の高野利実先生に、お話をうかがいました。

乳がんの発生には、「エストロゲン」という女性ホルモンが関係していると考えられています。
乳がんのリスクファクター(危険因子、乳がんが起こりやすい原因や環境)としては、以下が挙げられます。

  • 未婚であること
  • 出産未経験であること
  • 出産回数が少ないこと
  • 高齢出産であること
  • 授乳未経験であること
  • 初経年齢(生理の始まり)が早いこと
  • 閉経年齢(生理の終わり)が遅いこと

その他、高脂肪食の摂取や、飲酒や喫煙、遺伝的要因も乳がんのリスクファクターと言われています。これらについては、以下に詳しく説明します。

一部の乳がん患者には、遺伝的要因が関わっていると言われていて、家族性乳がんと呼ばれることがあります。乳がんに非常に強く関わっている遺伝子に、BRCA1やBRCA2という遺伝子があります。

乳がんであると診断されたときは、家族歴(家族や近親者の病歴などの記録)を確認することが重要で、家族性乳がんの可能性がある場合には、遺伝子の検査を行うことも検討します。家族性乳がんの場合には、がんが発生していない乳房や卵巣にも将来がんができる可能性が高いと考えられるため、予防的な切除なども検討されます。遺伝子検査の結果は、家族や親戚にも影響を及ぼすため、検査の前に、遺伝カウンセリングを受け、検査の意味をきちんと理解し、受けるかどうかを慎重に検討する必要があります。

前に述べたように、乳がんは「エストロゲン」という女性ホルモンによって発症すると言われていますが、このエストロゲンの構造とそっくりな物質が存在します。それが「イソフラボン」です。イソフラボンは、大豆に多く含まれる成分です。大豆を適度に摂取することにより、エストロゲンの作用が軽減し、乳がんのリスクが減る可能性が示唆されていますが、イソフラボンを過剰に摂取すると、乳がんのリスクを高める可能性もあると言われています。

その他、乳がんのリスクとして高脂肪食が挙げられます。

記事1:乳がんとは?―どこを受診すればいいのか
記事2:乳がんの原因は?
記事3:乳がん検診―何歳になったら受けるべき?
記事4:乳がんの治療―薬物療法はどんなもの?

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    「乳がん」に関連する病院の紹介記事

    特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。

    関連の医療相談が41件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「乳がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。