S414x320 09335a4b 1246 4aaf a6ad eaecd5e6bc5b

インタビュー

公開日 : 2015 年 05 月 15 日
更新日 : 2017 年 05 月 07 日

乳がんは、何が原因となって起こるのでしょうか。また、遺伝子や食生活とは関連しているのでしょうか。この分野のスペシャリストである虎の門病院臨床腫瘍科部長の高野利実先生に、お話をうかがいました。

乳がんの原因は?

乳がんの発生には、「エストロゲン」という女性ホルモンが関係していると考えられています。
乳がんのリスクファクター(危険因子、乳がんが起こりやすい原因や環境)としては、以下が挙げられます。

  • 未婚であること
  • 出産未経験であること
  • 出産回数が少ないこと
  • 高齢出産であること
  • 授乳未経験であること
  • 初経年齢(生理の始まり)が早いこと
  • 閉経年齢(生理の終わり)が遅いこと

その他、高脂肪食の摂取や、飲酒や喫煙、遺伝的要因も乳がんのリスクファクターと言われています。これらについては、以下に詳しく説明します。

乳がんと遺伝子は関係あるの?

一部の乳がん患者には、遺伝的要因が関わっていると言われていて、家族性乳がんと呼ばれることがあります。乳がんに非常に強く関わっている遺伝子に、BRCA1やBRCA2という遺伝子があります。

乳がんであると診断されたときは、家族歴(家族や近親者の病歴などの記録)を確認することが重要で、家族性乳がんの可能性がある場合には、遺伝子の検査を行うことも検討します。家族性乳がんの場合には、がんが発生していない乳房や卵巣にも将来がんができる可能性が高いと考えられるため、予防的な切除なども検討されます。遺伝子検査の結果は、家族や親戚にも影響を及ぼすため、検査の前に、遺伝カウンセリングを受け、検査の意味をきちんと理解し、受けるかどうかを慎重に検討する必要があります。

乳がんのページへ

関連記事