S414x320 1e90b4c5 ea26 4a80 adb8 9ef5da2c2cbb

インタビュー

公開日 : 2015 年 10 月 05 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

乳房再建とは―費用は場合に応じて変わる

公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科 部長 准教授
佐武 利彦先生

乳がんの手術で乳房を失った患者さんだけにしか分からない喪失感と向き合い、再び前向きな気持ちで生活を送れるようになっていただくこと―患者さんの個性に合わせたテーラーメイドの乳房再建術を可能にする最新技術とはどんなものなのでしょうか。

横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科部長の佐武利彦准教授は「穿通枝皮弁(せんつうしひべん)」による乳房再建術において、日本でトップクラスの技術と実績を持つパイオニアです。この記事では数回に分けて乳房再建術の最前線についてお話をうかがいました。

乳房再建とは

乳房再建とは、乳がん手術によって切除した乳房を形成外科手術によって新しくよみがえらせることをいいます。手術方法によって自家組織(患者さん自身のからだの組織の一部)を使う方法と、インプラント(人工物)を使う方法の2種類に大別されます。

乳房再建の対象になるのは

乳がんの診断結果によって、患者さんと医師が話し合い、治療方針を決定します。選択した手術方法によって切除の程度や乳房再建の方法も異なります。

乳房温存手術+同時(一次)再建術

健常な乳房の組織を残しますが、広めに切除して変形が残る場合、失われた部分を同時再建で補います。

乳房切除術(全摘)+同時(一次)再建術

がんとともに乳房をすべて切除しますが、同時に再建します。

乳房二次再建術

がんとともに乳房をすべて切除し、一定の期間をおいてからあらためて人工物または自家組織で再建します。

ちなみに、抗がん剤による化学療法を受けているときには乳房再建はできません。傷が治りにくく、免疫力が低下しているため創感染もおこしやすくなっているからです。また、転移や再発がないか注意深く経過観察を行ってから再来することもあります。乳腺外科の主治医の許可が出てから再建を行うのがよいでしょう。

乳がんのページへ

S150x150 0ca97f10 7e82 405a 979f 3bdca51fce9e

公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科 部長 准教授

佐武 利彦先生

横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科 准教授。「穿通枝皮弁」による乳房再建では国内でも数多くの手術症例数を有し、高い成功率を誇っている。「あたたかく、やわらかく、美しい」乳房再建をめざしており、多くの患者さんに信頼されている。近年では遊離脂肪移植による乳房再建の手術手技、術前後ケア法の確立に尽力している。

関連記事